記事翻訳

WSJ論説委員会が辛辣な一節でダーラムによるクリントン・ロシア事件の新事実を要約

投稿日:2022年5月25日

<引用元:デイリー・コーラー 2022.5.22

ウォールストリート・ジャーナル論説員会は20日、驚くほど正確な一節でダーラム・クリントン捜査を完璧に要約した。

クリントン自身があやふやな証拠にもかかわらず、ドナルド・トランプ前大統領をロシアに結びつける資料を陣営が広めることにゴーサインを出したと、クリントンの元選挙陣営マネージャーのロビー・ムックが証言した後、同紙論説委員会は「Hillary Clinton Did It(ヒラリー・クリントンがやった)」と題した社説で、ロシア・トランプ共謀の主張を「長期にわたる不正工作」とこき下ろした。

ムックは、ジョン・ダーラム特別検察官による元クリントン陣営弁護士のマイケル・サスマンに対する裁判で、陣営はトランプ・オーガニゼーションがアルファ銀行との秘密のつながりを持っていたという内容がどれだけ信頼できる情報であるか、はっきり分かっていなかったと証言した。クリントン自身を含め陣営は、不完全な情報をジャーナリストに広めるかどうかについて話し合っており、他の陣営スタッフが躊躇したにもかかわらず、クリントンは情報をメディアに広めることに「賛成した」とムックは主張した。

論説委員会はこう続けた。「要するに、クリントン陣営はトランプ・アルファ銀行疑惑を作り出し、だまされやすい報道機関に提供したが報道機関は疑惑を確かめることなくとにかく推し進め、あたかもまっとうなニュースであるかのようにその話を推進した。また陣営はその主張をFBIに伝え、ジャーナリストが告発を真剣でもしかすると本当のことであるかのように描く口実を与えた」

「報道機関のほとんどはこのニュースを無視するだろうが、クリントン氏が認可したロシア・トランプ疑惑は米国に多大な損害を与えた。FBIの面目を潰し、報道機関に恥をかかせ、国の3年間の捜査は無駄に終わった。ウラジミール・プーチンでもそれほどの偽情報の損害を与えることはなかった」と論説委員会は書いた。

-記事翻訳
-,

関連記事

フェイク・ニュース!トランプよりオバマの参加者が多かったという背景を無視したニューヨーク・タイムズの写真をペイトリオッツが指摘

<引用元:ブライトバート・ニュース  2017.4.20> NFLのフットボールチームのツイッターアカウントによる衝撃的な事実確認の話を聞いたら、そろそろ新聞を消去してしまうことを考えるかもしれない。

ヒラリーのメール問題に対するFBI捜査に新たな複数の疑問符

ヒラリー・クリントン元国務長官が個人のメールサーバーを使用していた問題に対するFBIの捜査に、複数の新たな疑問点が浮上している。捜査当局幹部の政治的中立性に関わる重大な問題だ。

タッカー・カールソン:議事堂暴動についてまだ分かっていないこと

<引用元:FOXニュース 2021.2.10-11> 必要な安全策はどこに?暴動はどうやって始まった?ブライアン・シックニック巡査はなぜ死んだ? 変化が起こる様は奇妙だ。選挙の日に現職大統領が敗れて大 …

リポーターがトランプはメディアに公正に報道されていないとコンウェイに語る

<引用元:ワシントン・フリー・ビーコン 2017.4.12> ハリウッド・リポーター(Hollywood Reporter)のマイケル・ウォルフは、ホワイトハウスのカウンセラーであるケリーアン・コンウ …

ヒラリー・クリントンのメール捜査が再開、司法取引の申し出を受けたとの噂(報道)

<引用元: The Blaze 2017.8.9> 保守系WebサイトのNewsmaxは8日にある記事を発表したが、ヒラリー・クリントンに対する主張とメールサーバーの捜査が再開されたという記事に対して …

アーカイブ

@JpWelovetrump