記事翻訳

ヒラリーがトランプ・ロシア偽情報のメディアへの拡散を直接許可、と元陣営マネージャー証言

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2022.5.20

ヒラリー・クリントンの元陣営マネージャーは20日、トランプ・オーガニゼーションがロシアの銀行と秘密の連絡ルートを持っていたと主張する題材をメディアに広めることを、当時の民主党大統領候補が直接許可したと証言した。

クリントンの元陣営マネージャーのロビー・ムックは20日、元クリントン陣営弁護士のマイケル・サスマンに対するジョン・ダーラム特別検察官による裁判で証言した。ある時点でムックは、トランプ・オーガニゼーションがアルファ銀行と秘密のつながりを持っていたとする疑惑に関して、陣営内部での理解の程度について追及を受けた。

FOXニュースによるとムックは、陣営が報道関係者にそうした疑惑を広めようとしていたかについても追及を受けた。

ムックは、元陣営法律顧問のマーク・エリアスが最初にアルファ銀行について自身に知らせたことを認め、クリントン陣営はデータが本物であるかどうか確信がなかったとも述べた。

元陣営マネージャーはさらに、記者に情報を流すことについての協議は、複数の陣営幹部―中でも注目すべきこととして当時の民主党大統領候補自身も―の間で実施されたと述べた。

FOXニュースによるとムックはこう話した。「私はそれをヒラリーとも話し合いました。会話の内容は覚えていませんが、観念的にはその会話は『ほら、我々にはこれがあるのだから記者に伝えたいと思う』というものでした」

またムックは、情報をメディアに広めることに「彼女(ヒラリー・クリントン)が同意した」ことを認めた。彼はクリントンがそのアイディアについて正確にいつ説明を受けたかについては確かでないとしたが、「その判断に同意した」ことは覚えていると述べた、とFOXニュースは報じた。

ヒラリー・クリントンの大統領陣営とつながりを持つ民主党弁護士のサスマンは昨年、2016年にFBIに対して虚偽の供述をしたことでダーラムに起訴された。20日の証言は、米国地方判事のクリストファー・クーパーが被告側の審理無効の申し立てを退けた翌日に行われた。

-記事翻訳
-,

関連記事

ヒラリーメール事件でFBI捜査不正の新たな事実が発覚

ザ・ヒルの報道によると、ヒラリー・クリントン元国務長官の私設メールサーバーをめぐるFBIの捜査に、新たな問題点が発見されている。

連邦判事がクリントンのメール使用について開示手続きを命令:ジューディシャル・ウォッチ

<引用元:ジューディシャル・ウォッチ 2018.12.6> (ワシントンDC)ジューディシャル・ウォッチは本日次のことを発表した。米国連邦地方裁判所のロイス・ランバース判事は、判決の中で米国国務省と司 …

米連邦地裁、ヒラリーにメール問題のさらなる疑問への回答を求める判決

<引用元:ジューディシャル・ウォッチ 2018.11.15> YouTubeより (ワシントンDC)ジューディシャル・ウォッチは、米国連邦地方裁判所のエメット・G・サリバン判事が、ヒラリー・クリントン …

クリントン陣営とそのIT協力者、そして政治スパイ

<引用者:デイリー・シグナル 2022.2.15>ハンス・フォン・スパコフスキー氏による解説 ジョン・ダーラム特別検察官が最新の申し立てを行い、ほとんどの主流報道機関は軽視しているものの、身も凍るよう …

ストラック証言=クリントン、司法省は私設サーバー上のクリントン財団のメールへのアクセスを阻止する取り決めをしていた

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.3.14> FBIを解雇されたピーター・ストラック元捜査官は昨年、「司法省の検察官とクリントンの弁護士との間で結ばれた」双方の同意による協定のために、FB …

アーカイブ

@JpWelovetrump