記事翻訳

郊外居住者がトランプに乗換、2024年の仮想対決ではトランプが45%対42%でバイデンをリード

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2022.3.22>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説

米国の郊外居住者は、2020年にはジョー・バイデン大統領に当時のドナルド・トランプ大統領に対する勝利をもたらしたものの、バイデンを見捨てつつあり支持基盤に打撃を与えている。

エマーソン大学による最新の2022年と2024年の選挙世論調査で、郊外の有権者の間でトランプがバイデンを47パーセント対38パーセントでリードしていることがわかった。

この転換は民主党とバイデンの再選活動にとって顕著で懸念すべきことだ。2020年の選挙後、リベラルのブルッキングス研究所は、郊外居住者がバイデンに勝利をもたらしたのであり、彼らが党の柱となると予測した。

「あらゆる点で2020年の選挙は、郊外居住者が―都心居住者の中心的な支持継続と合わせて―まだ制圧されていないサンベルト地帯の州だけでなく、おなじみの『青い壁(民主党の大統領候補者に投票することの多い地域)』の州でも優位にさせた可能性があるという意味で、民主党の躍進となった可能性がある」とブルッキングスのあるレポートは述べた。

だがわずか17カ月の経済的・国際的混乱後、エマーソン大学世論調査の最高責任者であるスペンサー・キンボールによると、バイデンは郊外有権者を失った。

結果として、エマーソン大学世論調査は、2024年の仮定上の対戦でトランプがバイデンより優位に立つことを示す最新のものとなった。

キンボールとエマーソン大学世論調査による選挙戦についての分析の2つの重要な段落は以下の通り。

「トランプ前大統領はバイデンに対して、支持率において約12ポイント優位に立っている。バイデンをある程度またはとても支持するとするのが有権者の47パーセントであるのに対して、59パーセントがある程度またはとてもトランプを支持するとしている。仮定上の2024年大統領選で、バイデンはトランプ前大統領に対して45パーセント対42パーセントで負けている。」

「地域と教育でも顕著な人口動態の差がある。トランプは郊外有権者でも47パーセント対38パーセント、地方有権者でも59パーセント対35パーセントでバイデンをリードしているが、バイデンは都市部の有権者の中で54パーセント対30パーセントの支持を維持している。教育に関して、トランプは大学の学位を持たない人の中で51パーセント対33パーセントでリードしているが、バイデンは大卒者の中では52パーセント対37パーセントでリードしている。」

-記事翻訳
-,

関連記事

「沼地」:両党のトランプ批判者ばかりの討論委員会

<引用元:デイリー・コーラー 2020.10.9> 大統領討論委員会はドナルド・トランプ大統領に対する両党の批判者であふれている 委員会メンバーの大多数と委員長らも、トランプ批判者か元民主党献金者 ボ …

トランプの国境の壁がバイデンの稀な成功につながる

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2023.10.12>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 ジョー・バイデン大統領が壁の文字を読めたことを評価しよう。 オープン・ボーダー政策が全米 …

トランプの宗教的助言者、「悪魔のような放送局」が手を結んで大統領に反対していると祈祷

<引用元:ザ・ヒル 2019.6.18> トランプ大統領の宗教的助言者であるポーラ・ホワイトは18日、フロリダ州オーランドの選挙運動出発集会での開幕の祈りの中で、「悪魔のような放送局」が手を結んで大統 …

3分の1がバイデンが勝ったのは「不正投票のおかげ」と回答、80%は有権者IDを希望

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.6.21>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 2020年大統領選挙の不正の主張つまり「大きな嘘」を嘲るメディアの最善の努力にもかかわらず …

トランプ、再選されたら特に子供の慢性疾患増加を調査する委員会を設立すると約束

<引用元:JustTheNews 2023.6.6> ドナルド・トランプ前大統領は6日、もし2024年に再選されたら、特に子供の間で増加する慢性疾患などの健康問題を調査する委員会を設立すると約束した。

アーカイブ

@JpWelovetrump