記事翻訳

トランプがヒラリー・クリントンとDNCを提訴、2016大統領選の「想像を絶する」ロシア「陰謀」で

投稿日:

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2022.3.24

ドナルド・トランプ前大統領は24日、ヒラリー・クリントンと民主党全国委員会が、自身と自身の選挙陣営がロシア当局者と共謀しているとして中傷するために2016年に広範囲な「想像を絶する陰謀」に着手したとして、連邦裁判所へ2400万ドルの訴訟を起こした

フロリダ州南部地区連邦地方裁判所に提出された訴状で、トランプはその目的が自身の大統領への道を「損なおう」としてスキャンダルをでっち上げることだったと主張している。

「2016年大統領選挙に先駆けて、ヒラリー・クリントンとその仲間は想像を絶する陰謀を画策した―それは道義に背き国の民主主義に対する侮辱となるものだ」とトランプは108ページの訴状の中で述べている。

「協調して被告人は、共和党の対立候補者であるドナルド・J・トランプが敵対する外国の主権と共謀しているという虚偽の話を作り上げるために、悪意を持って共謀した」

第45代大統領は、民主党大統領候補クリントンらが企てた策略は、証拠を改ざんし、法執行機関を騙し、「非常に機密なデータ源へのアクセス権」を悪用したのであり、「比較するとウォーターゲート事件が色あせるほど非常に言語道断で、破壊的で扇動的」だったと主張している。

訴状によると、クリントンら民主党は、対立候補者の調査とデータ分析―非常に物議を醸すクリストファー・スティールの文書を明白に肯定―を偽装して、「国民の信頼を揺さぶろうと」した。

「彼らが協力し合ったのはたった1つの利己的な目的のためだった。すなわち、ドナルド・J・トランプを中傷することだ。実に彼らの広範囲に及ぶ共謀は、スキャンダルを捏造して根拠のない連邦捜査につなげ、メディアの狂乱を引き起こすことで、トランプの大統領への道を損なうことを意図したものだった」と、クリントンを破った選挙から約6年後に起こされた訴訟で主張している。

(以下略)

-記事翻訳
-, ,

関連記事

オレグ・デリパスカ論説:絶えず変化する「ロシアの話」は民衆を惑わす操作

ロシア新興財閥創業者、デリパスカ氏によると、ファインスタイン上院議員の元スタッフであったフュージョンGPS社員は、同社のことを「シリコンバレーの億万長者とジョージソロス」の支援を受けた、「政府を陰で支 …

リークしたメール:クリントン陣営はビルのモスクワでの50万ドルの演説をロシアに友好的な姿勢として結び付けたブルームバーグの記事を「葬った」

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.7.12> テルアビブ - 以前ウィキリークスが公開したヒラリー・クリントンの2016年大統領選挙のリーク電子メールが、新たな重要性を持つようになるかもし …

クリントンの私的メールの調査は国務省に妨げられたとチェイフェッツ氏語る

<引用元: FOXニュース 2017.3.16> ヒラリー・クリントンが私的メールサーバーで機密情報を扱っていた事を調査している議会委員長は、水曜日に、国務省が要求された文書を提供せずに調査を妨げてい …

DNCとヒラリーが資金提供した文書を利用してトランプ陣営への盗聴許可取得か?

ジャーナリストのサラ・カーター氏は、FBIが、トランプ大統領のロシア疑惑の根拠の1つとされている信憑性の確認できない文書を利用して、トランプチームのメンバーを監視、盗聴するために裁判所から許可を受けて …

クリントン陣営とそのIT協力者、そして政治スパイ

<引用者:デイリー・シグナル 2022.2.15>ハンス・フォン・スパコフスキー氏による解説 ジョン・ダーラム特別検察官が最新の申し立てを行い、ほとんどの主流報道機関は軽視しているものの、身も凍るよう …

アーカイブ

@JpWelovetrump