記事翻訳

「プーチンは注視していた」:プーチン、習は「もう我々の国を尊敬していない」とトランプ

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2022.3.10

ドナルド・トランプ前大統領は10日の「ハニティ」で、アフガニスタン撤退後、ロシアのウラジミール・プーチン大統領は米国に対する尊敬の念を失ったと述べた。

司会のショーン・ハニティは前大統領に、ウクライナでのマリウポリの産院への爆撃、地域社会の破壊と何千名もの死者に対する前大統領の反応を尋ねた。

「これは非常に悪いことだというのが私の反応だ。なぜならこれは決して起こらなかったであろうからだ。もしトランプ政権であったならこれは決して起こらなかったし、私は彼(プーチン)のことをよく知っているが、これはまったく起こりそうにないことだった・・・アフガニスタンでこの悲惨な状況が起きた時、これがどれほど重要であるか信じることもできなかった。呼び方は何であれ、撤退あるいは降伏のやり方のことだ。我々の国にとって悪いことが起こり始めた」

「アフガニスタン撤退のやり方だが、完全な降伏のようだった。そして実に、プーチンは注視していたし、習首席は見ていたし、イランの指導者も金正恩も注視していた。全員が注視していた。そして悪いことが起こり始め、彼らはもはや我々の国を尊敬しておらず、そうやってこのことが起きたのだ」

バイデン政権は、8月の米軍のアフガニスタン完全撤退とタリバンによる掌握をめぐり、特にカブール空港での自爆攻撃により13人の軍人が死亡してから、相次ぐ非難を受けた。

政権は8日、ロシアの石油・天然ガスの輸入を完全に禁止することでロシアに対抗措置を取り、銀行と輸出についても複数の制裁を科した。トランプは2月22日の声明で、制裁を「弱い」とし、プーチンは高騰する石油・天然ガスによってますます裕福になるだけだと述べた。

前大統領は9日、米国人は核戦争について「心配すべき」であり、その可能性は「深刻」だと警告した。

-記事翻訳
-, , ,

関連記事

ウクライナ検察から米司法省へ=なぜ米民主党の不正の証拠を受け取ろうとしないのか?

<引用元:ザ・ヒル 2019.4.7>ジョン・ソロモン氏による寄稿 ウクライナの法執行機関当局は、2016年の選挙干渉から犯罪捜査の妨害に及ぶ米国民主党とキエフの協力者による不正の証拠があると考えてい …

異例の「政府に対する詐取の共謀」罪の適用でモラーにはめられていくターゲットたち

<引用元:ワシントン・タイムズ 2018.3.12> ロバート・モラー特別顧問と検察チームは、ロシアのサイバー・ネットワークを陥れるために異例の「政府に対する詐取の共謀」の罪を適用した。共謀が犯罪行為 …

トランプがエプスタインをマーアーラゴから追い出した理由をベストセラー作家が明らかに

<引用元:デイリーワイヤ 2019.7.9> ベストセラー作家のジェイムズ・パタースン――「Filthy Rich: The Billionaire’s Sex Scandal&#8211 …

NSA委託業者がロシアのハッキングに関する極秘情報のリークで告訴される

<引用元:FOXニュース 2017.6.5> 連邦の委託業者が、2016年大統領選挙でのロシアのハッキングに関する「極秘レベルの」情報を含む機密報告書をリークしたとして、先週末逮捕され告訴された。

トランプ政権を支えるマティス長官の「見えざる手」とは?

海兵隊大将として輝かしい経歴を持つジム(ジェームズ)・マティス国防長官。メディアへの露出がほとんどなく、目立たない印象さえ覚えるマティス長官について、ワシントンエグザミナーの1月9日の記事でその一端を …

アーカイブ

@JpWelovetrump