記事翻訳

トランプが明かした、再び大領領になったら最初にやること

投稿日:

<引用元:タウンホール 2022.2.7

先週のインタビューでドナルド・トランプ前大統領は、もし再度大統領になった場合に最初に実行することは南部国境の壁を完成することだと述べた。

エポック・タイムズの報道によると、前大統領はエポックTVの「カッシュのコーナー」で1月31日にそう発言した。インタビューは今週全てが放送される予定。再度就任したら何をするかと質問されると、トランプは国境の壁の完成を最後までやり遂げると答え、理由としてそれが国の安全を高め、中国の習近平のような世界の他の指導者に強さのイメージを送ることになるからだと述べた。

「第1に、壁は彼(習近平)のためでもある。なぜかわかりますか?それは彼が何百万人もの人が我々の国に流れ込むのを見れば、この国に対する尊敬を失うからだ」とトランプは答えた。

「彼とプーチンと金正恩とイランの指導者が、我が国に何百万人もの人が入り込むのを見れば・・・尊敬を失う」とトランプは続けた。

エポック・タイムズは6日の報道で、壁の建設はバイデンが大統領に就任した際に破棄された「トランプの代表的な公約」だったと指摘した。

(略)

「(国境を)塞がなければならない。それによって大きなメッセージを示すことになる。本当に大きなメッセージだ」とトランプはさらに述べた。

「彼らから再び尊敬を得なければならない。この国がここにあって、しっかりと定着しており、ばかげた話に耳を傾けるつもりがないことをはっきりとわからせることで、それが実現できる」とトランプは続けた。

インタビューの完全版は米国東部標準時で2月7日の午後8時に放送される。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

トランプのインド外交は先見の明があり、必要なもの(社説)

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.2.27>社説 トランプ大統領が今週インド訪問を成功させたことで重要な同盟関係が進展する見込みとなった。トランプは民主主義的価値観や同盟国のことをあまり大 …

トランプインタビュー:バイデンは失敗、米国は「過去に戻る」ことを願っている

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2022.1.19>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 ドナルド・トランプ前大統領は、人々は国境、経済、そして国が自身の残した状態に戻ることを切望 …

討論会を潰したトランプのタッカー・カールソンとのインタビュー6つのポイント

<引用元:デイリー・シグナル 2023.8.23> ドナルド・トランプ前大統領は、23日夜に公開されたFOXニュースの元司会者タッカー・カールソンとの幅広いインタビューで、論争の的となった2020年大 …

トランプは米国の力を経済戦争で証明している

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2018.8.18>マイケル・ウォルシュ氏による論説 約20年間中東で戦略的に明確な目的を欠く軍事行動が行われてから、トランプ政権はもっと賢い新たな戦い方を取ることに決 …

1月6日以前に州兵を許可したがペロシが「断った」とトランプ

<引用元:JustTheNews 2022.1.20> ドナルド・トランプ前大統領は、首都での2021年1月6日「ストップ・ザ・スティール」集会に至るまでに大規模な群衆を予想して州兵派遣を許可したが、 …

アーカイブ

@JpWelovetrump