記事翻訳

トランプ:バイデンのアフガン撤退は「我が国の歴史上でたった1つの最も恥ずべき瞬間」

投稿日:

<引用元:FOXニュース 2021.11.21

ドナルド・トランプ前大統領は、21日の「Life, Liberty & Levin」で、バイデン大統領のアフガニスタン撤退の不手際を「我が国の歴史上でたった1つの最も恥ずべき瞬間」と呼んだ。

「我が国の歴史上で最も恥ずべきで屈辱的な期間だと思う」とトランプは司会のマーク・レビンに話した。

トランプはインタビューの初めにこう述べた。「威厳と大きな力を持ったまま撤退するために、私は全ての準備ができていた。誰も殺害されるはずはなかったし、850億ドルを置き去りにしようとはしていなかったし、10セントも残そうとはしていなかった。『ボルト、ねじ、釘もすべて残さない』と私はいっていた」

トランプは「あれほどひどいことはなかった」し、「誰も」カブールの爆破で兵士が負傷することを議論してしていなかったと思うと付け加えた。

またトランプはガソリン価格の高騰についてバイデンを非難し、「インフレが人々を生きたまま飲み込んでいる」と述べた。南部国境の危機については、「世界で最も辺ぴな場所」でさえ、「国境がこのような状態になったことはなかった」と述べた。

トランプは「何百万人もの人々・・・それが検査なしに入ってきていること」に言及し、「国々は刑務所を空にして米国に入国させている。まるでごみ廃棄場であるかのように」と主張した。

それとは対照的に、トランプは自身の大統領時代を「素晴らしい時代で・・・過去10カ月に起きた大惨事によってもっと素晴らしいものになった」と見なした。

そうした事件は「決して起こるべきではなかった」とトランプは付け加えた。

前大統領は、自分に対していずれも不首尾に終わった2回の「弾劾でっち上げ」を行った「異常者」と民主党にレッテルを貼りながらも、自分の政権を懐かしんだ。

トランプの大統領退任後初の本、「Our Journey Together」は、コーヒーテーブル・ブック形式の写真集として来月出版される。本の献辞には次のように書かれている。「偉大な両親・メアリーとフレッド、素晴らしい妻・メラニア、我が国の素晴らしい愛国者たち、目を見張らせるほどの私の家族全員、そして重要なこととして、私をここまで導いた『嘆かわしい人たち』に!」

-記事翻訳
-

関連記事

トランプ、国境の判断で「国を破壊している」とバイデンを非難

<引用元:デイリー・コーラー 2021.5.30> ドナルド・トランプ前大統領は、中国、中東、そして南部国境での危機に対する取り組みについてバイデン大統領を非難し、後任大統領は「国を破壊している」と述 …

ミレニアルの黒人保守派、トランプ政策が黒人にとって望ましい理由を説明

<引用元:デイリー・シグナル 2018.3.22> キャンダス・オーウェンス氏 ターニングポイントUSAのキャンダス・オーウェンス氏は、アフリカ系米国人コミュニティにとって保守的な政策が望ましい理由に …

トランプ大統領の仮想タウンホールでのトップ10

<引用元:1600 Daily 2020.5.4> ※FOXニュース仮想タウンホールでのトランプ大統領の発言から、ホワイトハウスメールマガジンがまとめたもの リンカーン記念堂を背景に、トランプ大統領は …

共和党は2022年の議会奪還を望むなら「MAGA」政策への集中必要:トランプがハニティに

<引用元:FOXニュース 2021.4.19> トランプは特にテキサス州南部でのヒスパニック有権者の支持拡大を指摘した FOXニュースとの1時間の独占インタビューで、ドナルド・トランプ前大統領は「ハニ …

トランプ=モラーのロシア疑惑捜査が米国の立場を悪くした

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2017.12.28> トランプ大統領は、ロシアによる2016年大統領選挙へに干渉に対するロバート・モラー特別顧問の捜査が、米国の印象を「非常に悪くしている」と述べ …

アーカイブ

@JpWelovetrump