記事翻訳

世論調査:バイデン下で国が「良い」状態だと答えたのは米国人の10人に3人のみ

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2021.11.22

21日に発表されたCBSニュース・YouGov世論調査によると、米国人10人のうちわずか3人が、ジョー・バイデン大統領の下で国が「やや良い」状態だと考えている。

2,058人の成人米国人の間で11月15日から19日までに実施された世論調査では、状況が「やや良い」と考えているのはわずか26パーセントで、「とても良い」と考えているのはわずか4パーセントだった。調査の誤差の範囲は3ポイントだった。

一方、調査対象の37パーセントは状況が「やや悪い」と答え、33パーセントは状況が「とても悪い」と答えた。

回答者の18パーセントがバイデンの大統領としての職務遂行を「強く支持」すると答えたが、26パーセントは「やや支持する」と答えた。調査対象のうち、56パーセントは「やや不支持」または「強く不支持」と答えた。

世論調査によると、特定の分野でのバイデンの対応について調査した場合、バイデンは経済、移民、人種関係、外交、そしてインフレにおいては不支持率が高く、コロナウイルスのワクチン配布に関してのみ高い支持率を受けた。

バイデンの支持率は7月以降着実に低下しており、最近のワシントン・ポスト・ABCニュース世論調査では、米国人の約半分が、バイデンが大統領に就任してから、全くではなくてもあまり多くのことを達成していないと考えていることが分かった。調査を受けた1,001人のうち、63パーセントはバイデンが「あまり」または「ほとんど何も」達成していないと考えていた。

同じ世論調査で、回答者の51パーセントは自分の区域で民主党よりも共和党の下院議員候補を選ぼうと考えていることがわかった。

-記事翻訳
-,

関連記事

共和党からトランプへ:戦い続けよ!

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.12.15>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 共和党の大部分は、不正選挙を証明しようというトランプ大統領の戦いを支持している。 ピュー …

バイデン外交政策に関する世論調査で中国問題が最低に

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2021.3.4> 米国人の89%は北京を「競争相手または敵」と見なしている ピュー研究所の最新世論調査によると、外交政策問題の中で米国人はジョー・バイデン大統領 …

独メルケル、仏マクロン、英メイいずれの支持率もトランプを下回る

ワシントン・エグザミナーの11月19日付の記事によると、トランプ大統領の支持率が、ヨーロッパの主要3カ国首脳の最新の支持率と比較すれば極めて良好だということが分かる。

トランプ・クリントン捜査でFBIに偏向あり=米国人過半数の意見(世論調査)

<引用元:ザ・ヒル 2018.8.1> 米国人の過半数は、トランプ大統領と、2016年に民主党の候補者としてトランプ氏と大統領の座を争ったヒラリー・クリントン氏の双方に対する話題を集めた捜査の対応で、 …

世論調査:有権者は米国が貿易で中国に立ち向かうことを望んでいる

<引用元:ザ・ヒル 2019.9.3> 米国人有権者の3分の2以上は、中国よりも関税による痛手が大きいと感じながらも、米国が貿易政策について中国政府に立ち向かうことを望んでいることが、ザ・ヒルが独占入 …

アーカイブ

@JpWelovetrump