記事翻訳

トランプ、バイデン政権は中国に間違ったアプローチ取っていると警告:「大きな弱み見せている」

投稿日:

<引用元:FOXニュース 2021.11.9

(独自)トランプ前大統領はFOXニュースとの独占インタビューで、バイデン政権は中国に対して間違ったアプローチを取っていると述べ、北京に対する現在のメッセージは「大きな弱み」を示していると警告した。

バイデン大統領は9月に中国の習近平主席と2度目の電話会談を行った。ホワイトハウスは、会談が「米国と中国の間の競争を責任を持って管理するために米国が継続している取り組みの一環」であることを、大統領は「明確にした」と述べた。

電話の後、ホワイトハウスは「2人の首脳は競争が紛争へと転換することがないようにするための両国の責任について話し合った」と述べた。またその後、ホワイトハウス高官は、米中間の「激しい競争を歓迎する」と述べている。

だが前大統領は、バイデン政権の戦略は効果がないと思うと述べた。

「中国にそう表明するのは良い方法ではないと思う。大きな弱みを見せることになる。我々は大きな弱みを見せてしまった」とトランプはFOXニュースに述べた。

「私が大統領の時中国はこの国に敬意を払っていた。中国はもはや我が国に敬意を払っていない。とても残念だ」とトランプは続けた。

トランプはこう付け加えた。「またそのメッセージも―それは良いメッセージではない。適切なメッセージではない」

トランプは自政権の間に、2020年1月に中国との第1段階の貿易協定を結び、北京が為替操作を行い米国企業から産業機密を盗んでいると数十年訴えていた中で、世界の2大経済大国間の対立を緩和した。

協定には、知的財産の窃取を止め、為替操作を控え、金融業務で協力し、2020年から2021年の間に2千億ドル分の米国製品を追加で購入するという北京の約束が含まれていた。

協定にもかかわらず、情報機関高官はトランプ政権終盤にかけて、中国が米国に対して深刻な安全保障上の脅威をもたらしていると警告した。

バイデン政権は、北京との「競争」に取り組む中で、中国が「急速に強引さを増して」おり、「安定して開かれた国際システムに対する長期的な挑戦を始めるための経済、外交、軍事、そして技術面の力を融合させる」能力を持っているという「現実」について警告した。

また高官は、中国は国際システムに対して「挑戦」する潜在的な能力を持つ「唯一の競争相手」であるとも警告した。

CIAは先月、中国に対抗するための中国ミッションセンターの設立を発表した。

CIAのウィリアム・バーンズ長官は、中国ミッションセンターは中国がもたらす挑戦に取り組むと述べ、「脅威は中国政府からのものであり、中国国民からのものではない」と強調した。

(以下略)

-記事翻訳
-

関連記事

「透明性」「秘密主義」コロナ大流行の中、トランプが中国に矛盾したメッセージ

<引用元:デイリー・コーラー 2020.3.21> ドナルド・トランプ大統領は21日、中国のコロナウイルス対応に関して、中国が病気を米軍のせいにしたことを非難した数日後に中国の「透明性」を称賛し、矛盾 …

中国を懲らしめ、雇用と製造を米国に戻す:民主党・共和党が賛成

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.4.27>ワシントン・シークレット論説 中国が、コロナウイルス感染拡大が始まる中でそれを世界に隠したことで、民主党と共和党は今一致して共産主義国を懲らしめ …

独占記事:トランプ政権ペンタゴンは南シナ海での中国の主張に挑む計画

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.7.20> トランプ大統領は、中国の南シナ海における過剰な主張に対して定期的に異議を示す必要があるとする今年のペンタゴンの計画を承認した。 米国当局者によ …

米国が中国を最悪の人身売買国家の一つとして宣言

<引用元:ワシントン・フリー・ビーコン 2017.6.27>(抄訳) アメリカ合衆国は、最も悪質な人身売買を犯していると見なす国のリストに中国を入れた。トランプ政権での最初の数カ月は北京との関係を和ら …

中国に対する措置に関するトランプ大統領のコメント

<引用元:ホワイトハウス 2020.5.30> 2020年5月29日午後2時48分(東部夏時間) ローズガーデン 大統領:どうもありがとうございます。こんにちは。ありがとう。本日私は中国との関係と、米 …

アーカイブ

@JpWelovetrump