記事翻訳

バチカン・中国協定がキリスト教弾圧を煽っている、と中国のカトリック教徒

投稿日:

<引用元:ブライトバート・ニュース 2019.11.2

(ローマ)中国のカトリック教徒の多くは、バチカンが中国共産党政府と合意したことがキリスト教徒を迫害する当局者を勢いづかせているとして後悔を表した。

中国・バチカンの合意が迫害の直接の原因ではないが、協定は「バチカンは自分たちを支持している」と主張する政府当局者をつけあがらせている、と邯鄲(ハンダン)教区の地元カトリック教徒は教皇庁立外国宣教会(ミラノ外国宣教会)の公式報道機関であるAsiaNewsに語った

AsiaNewsは政府がさらに40の教会の撤去を命じたことも報じた。

河北省邯鄲地区のウーガオチャンの教会では、政府による承認にもかかわらず、建物に正式な許可がないという口実で教会を撤去せよという政府の命令に信徒たちが反発している。

10月31日の午前6時に、信徒と聖職者は中国政府による建物の解体を防ごうと教会内に立てこもった。

前世紀の半ばから、中国のカトリック教徒は国の管理する「中国天主教愛国会」とローマに忠実な地下教会に分裂していた。

2018年9月に結ばれた司教任命に関する中バチカン「暫定」合意の後、政府は全ての信者が党公認の団体に入るよう圧力を高め、報道によると非公式キリスト教コミュニティに対する取り締まりはエスカレートしている。

バチカンが共産党との協定に署名してわずか数週間後、当局は処女マリアに傾倒する2つのカトリック巡礼地を撤去した

当局はDongergouにある「7つの悲しみの聖母」の聖地とAnlong(貴州省)にある「山の聖母」を破壊した。

Dongergouの聖地は「中国化」という名目で取り壊された。政府当局者によると「十字架が多すぎる」「イコンが多すぎる」ために、聖域が共産党が定めた規定に沿わないという理由だった。

翌月、政府当局者は、4人の地下カトリック教会の司祭を天主教愛国会への参加拒否を理由に逮捕した。

警察が、Xiwanzi教区の2人の司祭――Zhang Guilin神父とWang Zhong神父――とXuanhua教区の2人――Su Guipeng神父と Zhao He神父――を「教化」の目的のために拉致した、とAsiaNewsは報じた。

今年7月には、中国共産党当局は天主教愛国会に入会したカトリック司祭のために1週間の研修を主催した。テーマは「カトリック教会を社会主義社会に適合するように導く」というものだった。

セミナーでは、司祭は社会主義を推進し、カトリックを中国化し、信仰よりも国を優先し、そしてローマの権威から離れた「独立・自立した民主的な教会」を発展させるよう教育された。

Mindong教区の様々な小教区から来た33人の司祭と、寧徳市から来た20人の宗教問題担当職員がこの研修コースに参加した。講義は共産党メンバー、統一戦線、大学教授、そして天主教愛国会司教が行った。

-記事翻訳
-,

関連記事

中国の影響力に対抗することを目指し、WHO会議に台湾を出席させる試案検討

<引用元:FOXニュース 2020.5.4> トランプ政権が、台湾をWHOの会議に出席させる試案を検討していることをFOXニュースはつかんだ。中国に対抗し、「中国中心すぎる」ことに対してWHOを罰する …

エスパー長官がハワイの演説で国防総省の対中国計画の概要を説明

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2020.8.27> マーク・エスパー国防長官は26日の演説で、中国をけん制するための国防総省の計画の概要を述べた。 エスパーは、ホノルルのダニエル・K・イノウエ …

トランプが祈祷晩餐会で「宗教の自由を守るための歴史的行動」を称賛

<引用元:デイリー・シグナル 2019.2.7> ドナルド・トランプ大統領は7日、全米祈祷朝食会で命の大切さと宗教の自由を明確に主張した。一般教書演説で同様の内容を訴えた2日後のことだ。 ワシントン・ …

報道:米国が台湾と大規模な620億ドルの武器取引契約へ

<引用元:デイリー・コーラー 2020.8.18> 米国はF-16戦闘機90機の販売で、台湾と10年で620億ドルの武器取引契約を結んだとフランス通信社(AFP)が18日に報じた。 米国は長年、台湾に …

報道:バイデン政権、トランプが米国の主要敵国政権に課した制裁緩和へ

<引用元:デイリー・コーラー 2021.7.5> 報道によるとジョー・バイデン大統領は、前政権の外交政策から離れて新たな進路を取るつもりである。

アーカイブ

@JpWelovetrump