記事翻訳

トランプ、批判的人種理論の教育をめぐり「極左教育委員会」と戦う親を監視するという司法省計画を非難

投稿日:

<引用元:JustTheNews 2021.10.5

ドナルド・トランプ前大統領は5日、司法省がFBIに、批判的人種理論を教えるのを止めるように教育委員会に圧力を掛けている親に対する捜査を求めたことについて、親が子供の未来について発言権を持つのを妨げようという左派の大規模なアジェンダの一環だと述べ非難した。

「多くの場合極左の教育委員会によって引き起こされたことに、親がとても傷ついているためとても残念だ。そして、子供たちがどのような教育を受けるか、どのように育成されて教育されるかについて、親には発言権がある―実際そうなのだが―とあたなも間違いなく思うことだろう」とトランプは、ジョン・ソロモン・レポート・ポッドキャストでのJustTheNewsのインタビュー中に述べた。

FBIに対する司法省の指示は「全くの強硬姿勢」を意味すると、前大統領は広範なインタビュー中に述べた。「それについては間違いない。私が聞いたのは昨晩遅くのことだった。そして私はそのことにいささか驚いた。だがどんなことでももう驚かないが」

またトランプは、アフガニスタンでの失敗と他の外交政策問題についてバイデン政権を非難し、中国は台湾の近くで戦闘機を飛行させて米国の弱さに付け込んでいると述べた。

「私が大統領だったら、中国はそれを行わなかったと請け合う。今頃飛行機を送り込んではいないだろう。4年間は何も聞いたことがなかった。台湾の名前は挙がることもなかった」とトランプは述べた。

-記事翻訳
-,

関連記事

ダーショウィッツ=トランプ排除のための修正25条適用協議は「憲法違反のクーデター」となる恐れ

<引用元:ザ・ヒル 2019.2.21> 弁護士のアラン・ダーショウィッツは20日、情報機関高官がトランプ大統領を失脚させるために憲法修正25条の行使について協議したことが確認されれば、「憲法違反のク …

FBI家宅捜索に新展開:トランプには持ち帰った文書を機密解除する「内務規定」があった

<引用元:JustTheNews 2022.8.13> トランプ前大統領事務所が、マーアラゴの機密文書につながったこれまで申告されなかった手続きを説明 ドナルド・トランプ事務所は12日、FBIがマーア …

ブルース・オー が議会に証言したこと(論説)

<引用元:ウォールストリート・ジャーナル 2018.8.30>WSJ紙論説委員 キンバリー・A・ストラッセル(Kimberley A. Strassel)氏による論説 司法省弁護士のブルース・オーにつ …

バー次期司法長官、ストラックとページの捜査を含めグラム議員に重大な約束

<引用元:Law&Crime 2019.1.15> 次期米国司法長官のウィリアム・バー氏は15日、上院司法委員会の承認公聴会の中で、同委員会委員長のリンゼー・グラム(共和、サウスカロライナ)上 …

トランプの元顧問ピーター・ナバロが司法取引を拒否、弁護士は提案を「おざなり」と批判

<引用元:FOXニュース 2022.7.15> ナバロ弁護士は、ナバロが司法省に「不当」な扱いを受けていると主張 トランプ前大統領の元顧問ピーター・ナバロは、米国下院議会による1月6日委員会の召喚に従 …

アーカイブ

@JpWelovetrump