記事翻訳

トランプの元顧問ピーター・ナバロが司法取引を拒否、弁護士は提案を「おざなり」と批判

投稿日:

<引用元:FOXニュース 2022.7.15

ナバロ弁護士は、ナバロが司法省に「不当」な扱いを受けていると主張

トランプ前大統領の元顧問ピーター・ナバロは、米国下院議会による1月6日委員会の召喚に従うことを拒否した後に受けた2件の議会侮辱罪の訴追に関連して、政府が提案した司法取引を拒否した。

ナバロの弁護士、ジョン・ローリーは政府が出した提案は「おざなり」だと述べた。

「政府は、ナバロ氏が司法取引をして、彼が仕えた大統領の指示に従ったことで服役するというおざなりな提案を行いました。50年以上の間、米国司法省は大統領の上級顧問には証言供述に関する刑事免責があり、公務の遂行に関して議会から証言を強制されることはできないと認識していました。政府はこうした状況で大統領顧問に対して刑事告訴を突き付けたことはありませんでした―そして我々はなぜその確立した前例が今無視されることになったのだろうかと不思議に思います。これは前大統領と議会の間の争いであり、ナバロ氏は不当に集中攻撃を受けてきました。政府の提案は受け入れ難く、ナバロ氏は裁判で自身の権利を積極的に守ると固く決意しています」とローリーは述べた。

ナバロは召喚に応じることを拒否する行政特権を主張してきた。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

トランプがナバロ逮捕に反応、「アンティファ&BLMのならず者」の訴追がないことを指摘

<引用元:JustTheNews 2022.6.6> ドナルド・トランプ前大統領は6日、自身の元顧問であるピーター・ナバロの逮捕に反応し、元ホワイトハウス貿易顧問は自由に歩き回ることができないのに、ブ …

トランプへのディフェンシブ・ブリーフィングを怠った偏向と意図が、リンチ元司法長官証言で明らかに

<引用元:サラ・カーター 2019.3.13> ドナルド・トランプ大統領の選挙陣営は、2016年の大統領選挙中にロシア人が陣営に浸透しようとしているという懸念が高まっていたにもかかわらず、FBIからデ …

トランプ:ポートランド、ミネアポリスの暴動も調査されないなら1月6日委員会は「民主党の罠」だ

<引用元:デイリー・コーラー 2021.5.18> ドナルド・トランプ前大統領は18日に声明を発表し、1月6日の議事堂暴動に対する9/11形式の超党派委員会について「民主党の罠」だと述べ、他の「殺人、 …

ピーター・ストラック の悪名高い「トランプを止める 」メールが隠された理由

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.6.20> たった1行の返信メールが不自然に隠された理由は依然不透明のまま・・・ FBIの ピーター・ストラック とリサ・ページの間で交わされた有害なメー …

「彼らは私にやましい点がないと知っていた」1月6日委員会がトランプ召喚を撤回

<引用元:デイリー・シグナル 2022.12.29> 1月6日委員会は28日、ドナルド・トランプ前大統領に対する召喚を取り下げた。

アーカイブ

@JpWelovetrump