記事翻訳

トランプの元顧問ピーター・ナバロが司法取引を拒否、弁護士は提案を「おざなり」と批判

投稿日:

<引用元:FOXニュース 2022.7.15

ナバロ弁護士は、ナバロが司法省に「不当」な扱いを受けていると主張

トランプ前大統領の元顧問ピーター・ナバロは、米国下院議会による1月6日委員会の召喚に従うことを拒否した後に受けた2件の議会侮辱罪の訴追に関連して、政府が提案した司法取引を拒否した。

ナバロの弁護士、ジョン・ローリーは政府が出した提案は「おざなり」だと述べた。

「政府は、ナバロ氏が司法取引をして、彼が仕えた大統領の指示に従ったことで服役するというおざなりな提案を行いました。50年以上の間、米国司法省は大統領の上級顧問には証言供述に関する刑事免責があり、公務の遂行に関して議会から証言を強制されることはできないと認識していました。政府はこうした状況で大統領顧問に対して刑事告訴を突き付けたことはありませんでした―そして我々はなぜその確立した前例が今無視されることになったのだろうかと不思議に思います。これは前大統領と議会の間の争いであり、ナバロ氏は不当に集中攻撃を受けてきました。政府の提案は受け入れ難く、ナバロ氏は裁判で自身の権利を積極的に守ると固く決意しています」とローリーは述べた。

ナバロは召喚に応じることを拒否する行政特権を主張してきた。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

「バー司法長官へ」=内部関係者からの助言

<引用元:ザ・ヒル 2019.2.25>シャリル・アトキッソン氏による寄稿 司法省や情報機関の著名な高官の中には、捜査から政治にいたるあらゆることについて自分たちの見解を広く主張してきた人たちもいる。 …

FISA悪用の証拠が下院で公開、政府高官の更迭・モラー捜査終了の可能性も

ジャーナリストのサラ・カーター氏が入手した情報によると、18日、米国のFISA(外国情報監視法)が広範に渡って悪用されたことを示す機密文書についての報告書が、下院議員全員に公開された。消息筋は、新事実 …

トランプの大統領令が中国の武器への米国の出資を食い止める

<引用元:The Hill 2020.11.18>ピーター・ナバロ大統領補佐官による論説 米国の資本は、文字通り米国人を殺害し米軍をアジアから追い出すことを目的とした、中国軍の武器の開発と建造に対する …

セッションズ長官、FISA乱用・ウラニウム・ワン疑惑の担当検察官を明らかに

ジェフ・セッションズ司法長官は29日、FISA乱用とウラニウム・ワン疑惑などを含むFBIと司法省の不正疑惑の捜査に当たらせている検察官の名前を明らかにした。今のところ第2の特別カウンセルの任命はないと …

FBI は白状するか?(論説)

<引用元:ウォールストリート・ジャーナル 2018.7.5>WSJ紙論説委員 キンバリー・A・ストラッセル(Kimberley A. Strassel)氏による論説 共和党議員と連邦捜査局との間で塹壕 …

アーカイブ

@JpWelovetrump