記事翻訳

世論調査:バイデンが大統領を務めるのに十分に精神的に安定と考える人は米国人の半数未満に

投稿日:

引用元:デイリー・コーラー 2021.9.20

9月20日に公開されたFOXニュース世論調査によると、ジョー・バイデン大統領が大統領として務めるのに十分精神的に安定していると考えているのは米国人の半分に満たない。

バイデンの精神的適合性に対する信頼は7月以来低下し続けており、その時点でバイデンが精神的に適合しないと回答したのは米国人の39パーセントだけだった。20日の世論調査回答者では、バイデンが大統領を務めるのに十分精神的に適合していると確信しているのはわずか49パーセントであり、48パーセントは適合していないと考えている。

FOXは、世論調査は9月12日から15日に実施されたもので誤差の範囲を3パーセントとしている。また民主党で調査に回答した人の割合は、44パーセント対39パーセントで共和党の回答者を上回っていた。

米国のバイデンに対する信頼低下は支持率でも明らかであり、6月以降低下の一途をたどっている。16日のロイター・イプソス世論調査では、大統領の支持率はわずか44パーセントとなり、大統領就任時の54パーセントから急落した。

世論調査によると、大部分の米国人はバイデンのCOVID-19パンデミック対応に幻滅しており、不支持率は50パーセントとなっている。バイデンの現在の支持率は、就任初年度に38パーセントだったトランプ前大統領を除き、就任中の同時期の大統領としては最低のレベル。

バイデンの問題は、移民政策に対する米国人の信頼を失ったことに始まり、就任時はCOVID-19に対する支持率も高かったが、現在そうした政策に対する支持率はわずか48パーセントだ。

またバイデンは、アフガニスタンからの米国撤退の対応のために非難を受けた。米国人の圧倒的多数が20年にわたる戦争終結を支持する一方で、バイデンの撤退のやり方については支持していないことが世論調査で分かっている。

-記事翻訳
-,

関連記事

共和党の82%が外交・制裁失敗時の北朝鮮に対する軍事攻撃を支持(ギャラップ調査)

<引用元:ワシントン・タイムズ 2017.9.19> 北朝鮮に対する米国民の態度は変わりつつあるようだ。その変化は必ずしも従順な方にではない。ならず者国家に対する軍事的な対応を支持する米国民の数は、ギ …

独メルケル、仏マクロン、英メイいずれの支持率もトランプを下回る

ワシントン・エグザミナーの11月19日付の記事によると、トランプ大統領の支持率が、ヨーロッパの主要3カ国首脳の最新の支持率と比較すれば極めて良好だということが分かる。

ドナルド・トランプの支持率が50パーセントに上昇(ラスムセン調査)

<引用元:デイリー・コーラー 2017.4.17> ドナルド・トランプの支持率が上昇しているようだ。 ラスムセン・レポートの最新の調査結果によると、有権者の50パーセントが大統領のこれまでの実績を評価 …

トランプの2020再選は良い状況、中間選挙も共和党が生き残る、と世論調査専門家

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.4.30> ホワイトハウスに近い2人の世論調査専門家によると、トランプ大統領は、2020年の再選に対して「良い状況」にあり、今度の2018年の中間選挙で共 …

共和党のトランプ支持が増大、大多数が反トランプの批判者を排除

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.10.7>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 最新世論調査によると、ドナルド・トランプ前大統領と2024年の出馬の可能性に対する共和党の …

アーカイブ

@JpWelovetrump