記事翻訳

大多数がオバマよりトランプ政権下で「暮らし向き向上」(世論調査)

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.7.9

2週間のうちに2度目となるが、最新の全国調査で大多数の米国人――特にヒスパニック系――が、オバマ元大統領よりもトランプ大統領の政権下で暮らし向きが一層向上したと感じていることが分かった。

最新の調査はエマーソン大学によるもの。7月9日の発表によると暮らし向きが悪くなったと答えたのが26パーセントであるのに対し、42パーセントは暮らし向きが一層向上したと答えた。約30パーセントが2016年と経済状況は同じだと答えた。

中期のエマーソン大学ePollでもトランプ氏の支持率は43パーセントまで向上しており、国民が感じている経済的な自信が認められた。

エマーソンは次のように発表している。「有権者の経済状況が、トランプ氏の支持率が向上した主な原因である可能性がある。2年前と比べて経済的に良くなったか悪くなったかという質問に対して、26パーセントは暮らし向きが悪くなったと答えているのに対して42パーセントは暮らし向きが良くなったと答えている。男性の方が女性よりもトランプ経済でうまくいっているようだ。男性の21パーセントは悪くなったと報告しているが、49パーセントは良くなったと報告している。一方女性の30パーセントは悪くなったと答えているが、36パーセントが良くなったと答えている。政党と人種による経済状況の感じ方の違いは、民主党では悪化が32パーセントで向上が最低の33パーセントである。ヒスパニック系では明らかな多数の62パーセントが経済状況が向上したと考えている」

ゾグビー・アナリティクスによる別の世論調査でも、有権者はトランプ政権の4年間で経済状況が良くなると感じていることが分かった。

先月発表されたその調査結果では少数派が(経済に対して)良い感情を持っており、その自信が秋の中間選挙に掛けて、民主党の持つ利点を払拭する可能性があることが判明した。

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプ、480万人の雇用増加を受け2カ月連続の回復を称賛

<引用元:デイリー・シグナル 2002.7.2> ドナルド・トランプ大統領は、COVID-19パンデミックの衝撃から経済が回復を続ける中、6月の480万人という「目覚ましい」雇用増加と失業率が11パー …

3分の1がバイデンが勝ったのは「不正投票のおかげ」と回答、80%は有権者IDを希望

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.6.21>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 2020年大統領選挙の不正の主張つまり「大きな嘘」を嘲るメディアの最善の努力にもかかわらず …

トランプの下で、米国経済自由度が著しく向上

<引用元:デイリー・シグナル 2019.1.25>ヘリテージ財団、アンソニー・B・キム氏による解説 米国の景気は最近経験したことのないような活況ぶりだ。求人需要は過熱し、失業率は記録的に低下し、中小企 …

激怒からトランプ政権下での黒人の発展を見て見ぬふりしたメディア

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2022.1.10>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 ドナルド・トランプ前大統領は、メディアの批判者から人種差別主義者で白人至上主義者というレッ …

就任490日目:バイデン支持率が現代の全大統領を下回る

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2022.5.25>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 ジョー・バイデン大統領がついにやった。精彩を欠く指導者の支持率は、現代のどの大統領の政権の …

アーカイブ

@JpWelovetrump