記事翻訳

大多数がオバマよりトランプ政権下で「暮らし向き向上」(世論調査)

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.7.9

2週間のうちに2度目となるが、最新の全国調査で大多数の米国人――特にヒスパニック系――が、オバマ元大統領よりもトランプ大統領の政権下で暮らし向きが一層向上したと感じていることが分かった。

最新の調査はエマーソン大学によるもの。7月9日の発表によると暮らし向きが悪くなったと答えたのが26パーセントであるのに対し、42パーセントは暮らし向きが一層向上したと答えた。約30パーセントが2016年と経済状況は同じだと答えた。

中期のエマーソン大学ePollでもトランプ氏の支持率は43パーセントまで向上しており、国民が感じている経済的な自信が認められた。

エマーソンは次のように発表している。「有権者の経済状況が、トランプ氏の支持率が向上した主な原因である可能性がある。2年前と比べて経済的に良くなったか悪くなったかという質問に対して、26パーセントは暮らし向きが悪くなったと答えているのに対して42パーセントは暮らし向きが良くなったと答えている。男性の方が女性よりもトランプ経済でうまくいっているようだ。男性の21パーセントは悪くなったと報告しているが、49パーセントは良くなったと報告している。一方女性の30パーセントは悪くなったと答えているが、36パーセントが良くなったと答えている。政党と人種による経済状況の感じ方の違いは、民主党では悪化が32パーセントで向上が最低の33パーセントである。ヒスパニック系では明らかな多数の62パーセントが経済状況が向上したと考えている」

ゾグビー・アナリティクスによる別の世論調査でも、有権者はトランプ政権の4年間で経済状況が良くなると感じていることが分かった。

先月発表されたその調査結果では少数派が(経済に対して)良い感情を持っており、その自信が秋の中間選挙に掛けて、民主党の持つ利点を払拭する可能性があることが判明した。

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプが取り残された地域の復興へ向けた大統領令に署名

トランプ大統領は12日、新たな大統領令に署名し、全米の取り残された地域、「オポチュニティ・ゾーン」の復興へ向けた協議会を発足させ、具体的な政策を始動させた。各省庁との連携や指定地域に対する特別減税など …

経済成長に火をつけたトランプ―彼はどうやってそれを達成したのか

<引用元:CNBC 2018.9.7> ドナルド・トランプ大統領は19カ月以上の間、政権を非常に多くの論争に巻き込んできたために、素晴らしい偉業に暗い影が投げかけられているのかもしれない。つまりひとえ …

世論調査:トランプはマスコミより信頼されている

<引用元:U.S.ニュース 2017.2.9> <抜粋> 新しい世論調査によれば、トランプ政権はマスコミよりも信頼されている。

研究論文=トランプの貿易戦争の大部分は中国が負担

<引用元:Bloomberg 2018.11.19> ドナルド・トランプ大統領は、自身の貿易戦争の費用の大部分を中国に支払わせることに成功しつつある。 それが、欧州連合の研究者ネットワークであるイーコ …

予想を上回る30万4千の雇用増加の中、トランプ政策により好景気が継続

<引用元:ホワイトハウス 2019.2.1> <大統領経済諮問委員会> 労働統計局(BLS)は2018年最初の雇用情勢レポートを公開した。米国経済で新年も引き続き歴史的な雇用拡大が継続していることを示 …

アーカイブ

@JpWelovetrump