記事翻訳

新報道で民主党の1月6日に関する共謀説の誤りが証明

投稿日:2021年8月24日

<引用元:タウンホール 2021.8.20

2021年1月6日に米国議事堂で起きた事件は、20日朝発表されたロイター独占報道が引用した当局者によると、「大統領選挙の結果を覆すための組織的な計画の結果」ではなかった。

さらに具体的にいえば、消息筋はロイターに「FBIは現時点で、暴力が極右団体や、当時大統領だったドナルド・トランプの有名な支持者によって中心的に組織されたものではなかったと考えている」と報告している。

もっと端的にいえば、ロイターは「4人の現職・元法執行機関当局者によると、彼(トランプ大統領)やその直接の関係者が暴力の組織化に直接関与したという証拠は、これまでに見つかっていない」と報じている。

この新事実は、1月6日の事件に関するほとんどのリベラルメディアと民主党の話と食い違うものであるが、これまでに連邦政府当局は捜査の過程で参加者とされる500人以上を逮捕したが、トランプ大統領や同政権が組織した中心的な計画は見つかっていなかった。

ロイターは次のように説明している。

「これらの95パーセントは単発の事件だ」と、捜査について詳しい元法執行機関幹部は述べた。「それでこうした武装グループの5パーセントは、もしかすると、もっと入念に組織されていたかもしれない。だがロジャー・ストーンやアレックス・ジョーンズなどこうした人々全員には、議事堂に乱入して人質を取るという大掛かりな計画はなかった」

それから唯一の調整は、トランプ大統領とトランプ政権と直接関係のない小規模な組織の一団の中でのものだった。「抗議者の小グループは、極右のオース・キーパーズとプラウド・ボーイのグループの支持者が含まれるが、議事堂に侵入することを目指していた。だがそうしたグループが、中に入ったらどうするかについて真剣な計画を持っていたという証拠は見つからなかった、と消息筋は述べた」とロイターは報じている。

FBIは続いて、ある種の計画に従事したとされる40人の人物を共謀容疑で訴追したが、「今のところ、検察は扇動的な共謀や恐喝のような、当初検察が検討していたと消息筋の述べたもっと深刻な、政治色の強い容疑を遠ざけている。」むしろ、「訴追された共謀容疑は、容疑者が襲撃の数週間前に計画について話し合い、当日協力し合ったとしている。だが検察はこの行動がより大掛かりな計画の一部だとはしていない。」

トランプ大統領とトランプ政権、また議会の支持者による大掛かりな共謀を証明しようというナンシー・ペロシ下院議長の試みは、連邦法執行機関の捜査結果によって否定され、FBIの捜査結果は、彼女の非常に党派的な1月6日調査委員会に打撃となっている。

1月6日に法を犯した者は、FBIによる数百人の逮捕や訴追によって証明されているように、自分たちの行動に責任を負うべきだ―そして実際に負っている。だが法を犯した者の行動を、現職の米国大統領の組織した大掛かりな共謀へと転じようという民主党の試みは、今回の最新の報道で事実というより作り話だということが証明されている。

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプがソーシャルメディアの偏向を「サミット」で激しく非難

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.7.11> トランプ大統領は11日、ソーシャルメディアの「検閲」と「偏向」を厳しく批判し、シリコンバレーがやり方を変えない場合法律を整備すると脅した。 「私は …

消えないトランプのシャーロッツビル発言の嘘

<引用元:デイリー・シグナル 2022.5.30>ラリー・エルダー氏による論説 2017年バージニア州シャーロッツビルで、公共広場の南部連合記念像の撤去に対する支持と反対のために、デモ参加者は平和的に …

トランプ、1月6日の責任を前大統領に押し付けたバイデンの演説に反撃

<引用元:JustTheNews 2022.1.6> トランプ前大統領は6日、バイデン大統領がちょうど1年前の1月6日の暴動事件の責任を自身に押し付けたことに反論した。

マンハッタン地区検事長、トランプ自身への起訴なし

<引用元:タウンホール 2021.6.28> メディアと民主党はドナルド・トランプをひどく攻撃し、非常に多くの陰謀論を打ち出し、またトランプと関連団体に対する非常に粗悪な法的調査にてこ入れしてきたため …

トランプ、記録公開の阻止を求め1月6日委員会に対し訴訟

<引用元:FOXニュース 2021.10.18> ドナルド・トランプ前大統領は、1月6日暴動に関する米国下院特別委員会に対し、同委員会がホワイトハウスの記録を入手するのを阻止するために訴訟を起こした。

アーカイブ

@JpWelovetrump