記事翻訳

バイデン政権が新たな入国禁止を発表、あの怒りはどこに?

投稿日:

<引用元:タウンホール 2021.5.3>

バイデン政権は、インドで武漢コロナウイルスの感染者数と死者数が手に負えない状況に陥る中、週末にかけてインドからの入国を禁止すると発表した。


だがトランプ大統領が2020年1月に、最初にその病気が始まった場所からの拡大を軽減するために中国からの入国禁止を実施した際、トランプはメディアと民主党から「外国人嫌い」で人種差別主義者だという激しい非難を浴びた。

「全国的緊急事態と世界的警戒態勢。米国民はそれについて述べる内容が信頼できる大統領を持つ必要があります。大統領がそれについて理性的に振る舞おうとするということです。このような時こそ、我々が何をすべきでありすべきでないかを大統領が説明する中で、その信頼性が最も必要とされます。ドナルド・トランプのように科学以外の方法で先導しようと、ヒステリックな外国人嫌いと恐怖の利用を行う前例を出している場合ではありません」とバイデンは中国の入国禁止について遊説中に語った。

その上バイデンは入国禁止を「反動的」と呼んだ。

「2014年のエボラまん延の際にトランプがどれほど不安と悪いイメージをかき立てようとしたか覚えています。彼はバラク・オバマを『間抜け』で『無能』呼ばわりし、我々の政権が実施した証拠に基づく対応―それが危機を鎮圧して何万人もの命を救いました―を激しく非難し、事態を悪化させることにしかならない反動的な入国禁止に賛成しました」とトランプはUSAトゥデイの論説で書いた。

ナンシー・ペロシ下院議長は入国禁止に憤慨し、サンフランシスコのチャイナタウンを訪れて米国人に通常の生活を続けるよう勧めた。

驚くことではないが、バイデンの入国禁止はほとんど注目されていない。

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプの英国訪問は素晴らしい成功だった

<引用元:デイリー・シグナル 2019.6.6>ヘリテージ財団、テッド・ブロマンド氏による寄稿 ドナルド・トランプ大統領の英国公式訪問は、5日に完了したが、大成功だったと言っても過言ではない。奇妙なこ …

トランプ、米国はもはや自由な社会ではないと述べ「不誠実な」メディアとビッグテックは「タガを外した」と非難

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.3.22> ドナルド・トランプ前大統領は、米国はもはや自由な社会ではないと述べその顕著な理由として報道とビッグテックが「タガを外して」いることを挙げた。 …

MSNBC、ベネズエラの抗議運動がトランプに対するものだとする字幕を放送し、ネットでは撤回

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.4.22> MSNBCのレイチェル・マドー・ショーの番組放送中、べネスエラで広がっている反社会主義抗議運動が実際はドナルド・トランプ大統領に対して反対する …

トランプ、カニエ・ウェストがマーアラゴに連れてきたホロコースト否定論者のことは知らず

<引用元:JustTheNews 2022.11.26> ドナルド・トランプ前大統領は、今週初めにマーアラゴでカニエ・ウェストが悪名高いホロコースト否定論者を連れてくることを知らなかったと公表した。

逆さまになった大統領選後の世界

<引用元:デイリー・シグナル 2020.12.24>ビクター・デービス・ハンソン氏による論説 11月3日の後、いくつかの言葉と概念の意味が突然変わった。みなさんは新しい現実が古い現実に取って代わったこ …

アーカイブ

@JpWelovetrump