記事翻訳

バイデン政権が新たな入国禁止を発表、あの怒りはどこに?

投稿日:

<引用元:タウンホール 2021.5.3>

バイデン政権は、インドで武漢コロナウイルスの感染者数と死者数が手に負えない状況に陥る中、週末にかけてインドからの入国を禁止すると発表した。


だがトランプ大統領が2020年1月に、最初にその病気が始まった場所からの拡大を軽減するために中国からの入国禁止を実施した際、トランプはメディアと民主党から「外国人嫌い」で人種差別主義者だという激しい非難を浴びた。

「全国的緊急事態と世界的警戒態勢。米国民はそれについて述べる内容が信頼できる大統領を持つ必要があります。大統領がそれについて理性的に振る舞おうとするということです。このような時こそ、我々が何をすべきでありすべきでないかを大統領が説明する中で、その信頼性が最も必要とされます。ドナルド・トランプのように科学以外の方法で先導しようと、ヒステリックな外国人嫌いと恐怖の利用を行う前例を出している場合ではありません」とバイデンは中国の入国禁止について遊説中に語った。

その上バイデンは入国禁止を「反動的」と呼んだ。

「2014年のエボラまん延の際にトランプがどれほど不安と悪いイメージをかき立てようとしたか覚えています。彼はバラク・オバマを『間抜け』で『無能』呼ばわりし、我々の政権が実施した証拠に基づく対応―それが危機を鎮圧して何万人もの命を救いました―を激しく非難し、事態を悪化させることにしかならない反動的な入国禁止に賛成しました」とトランプはUSAトゥデイの論説で書いた。

ナンシー・ペロシ下院議長は入国禁止に憤慨し、サンフランシスコのチャイナタウンを訪れて米国人に通常の生活を続けるよう勧めた。

驚くことではないが、バイデンの入国禁止はほとんど注目されていない。

-記事翻訳
-,

関連記事

中国、称賛表明と引き換えに欧州にコロナウイルス対策支援

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.5.7> 複数の報道によると、中国当局者は欧州の首脳に圧力をかけて、コロナウイルス・パンデミックと戦うための医療用品を出荷してもらうために中国について肯定的な …

「私が大統領でなかったらその素晴らしいワクチンを受けていないだろう」:トランプがワクチン功績を自慢

<引用元:デイリー・コーラー 2021.3.10> ドナルド・トランプ前大統領は10日夜の声明でワクチンが配布できたのは自分の功績だと述べた。 「(中国ウイルスとして言及されることが多い)COVID- …

マンハッタン地区検事長、トランプ自身への起訴なし

<引用元:タウンホール 2021.6.28> メディアと民主党はドナルド・トランプをひどく攻撃し、非常に多くの陰謀論を打ち出し、またトランプと関連団体に対する非常に粗悪な法的調査にてこ入れしてきたため …

トランプはメディアの信頼性を砕くというもう1つの運動で勝利した

<引用元:デイリー・シグナル 2020.12.3>ラリー・エルダー氏による論説 メディアは、ドナルド・トランプ大統領が再選を目指す取り組みに失敗したと確信すると、突然ヒステリーを和らげた。メディアは急 …

「議会に対する偽証」についてのメディアのあからさまなダブルスタンダード

<引用元:Hannity.com 2018.11.29> トランプを潰そうとするメディアは、29日に大統領の元弁護士が議会への偽証について有罪を認めると、本格的なメルトダウン・モードに陥った。だが彼ら …

アーカイブ

@JpWelovetrump