記事翻訳

在カブール米外交官は7月にバイデン政権に差し迫ったタリバンの「最悪の事態」を警告、8/1の避難開始を要求していた

投稿日:

<引用元:DailyMail 2021.8.20

カブール米国大使館の国務省職員は先月、バイデン政権にアフガン首都が陥落するので避難を急ぐよう伝えたことが新たに報道されている。

多数の外交官が7月13日に、タリバンが急速に勢いを増しておりカブールが崩壊する恐れがあると、アンソニー・ブリンケン国務長官に対して反対意見チャンネルで機密のメモを送っていたと、ウォールストリート・ジャーナルが報じた。

7月8日、バイデン大統領はタリバンがアフガニスタンを支配することは「まずあり得ない」と述べ、カブールが大混乱に陥ることを否定した。

ホワイトハウス、国防総省、そして米国情報機関がアフガニスタンの未来、タリバンの脅威、そして権力の移行がどれほど早く行われるかをどう評価していたかについて、疑問が高まっている。

アフガン治安部隊は崩壊しつつあり、拡大する反乱を押さえる方法を提案していたと彼らは述べた。

だが食い止めるには遅すぎたかもしれない。

報道によると、国務省のメモでは、タリバンによる過去の暴力にもっと厳しい言葉を使うようにも政府に要求しており、米軍に協力して特別移民ビザの資格を持つアフガン協力者のために、情報収集を開始するよう強く訴えていた。

同紙は23人の大使館職員が公電に署名し、カブールの状況悪化を考慮して急いで送ったと報じた。

ブリンケンは公電を確認した、と事情に詳しい人物は同紙に語った。

ネッド・プライス国務省報道官は同紙にこう述べた。「彼は反対意見チャンネルの利用を明確に歓迎し推奨しており、その回復を約束している。我々は建設的な内部の反対意見を尊重している」

メモでは政権に8月1日までに国外への空路避難を開始するよう政権に訴えていた。

CIA元テロ対策チーフも、米国の存在感が減少することで数日以内にカブールが崩壊すると大統領陣営に助言していた。

だが18日朝に公開されたインタビューで、バイデン大統領はそうした急激な崩壊の恐れがあると伝えられたことはなかったと主張した。

(以下略)

-記事翻訳
-

関連記事

アフガニスタン訪問はトランプが決して孤立主義者でないことを明らかにした

<引用元:デイリー・シグナル 2019.12.2>ジェームズ・カラファノ氏による解説 ドナルド・トランプ大統領の批判者にとっては楽しい感謝祭ではなかった。大統領がアフガニスタンへのサプライズ訪問によっ …

トランプがバイデンのアフガン出口戦略を「弱さ、無能力」によるものと非難

<引用元:JustTheNews 2021.8.14> ドナルド・トランプ前大統領は14日夜、バイデン大統領のアフガニスタン出口戦略を非難し、「弱さ、無能力、完全に支離滅裂な戦略」によって動かされたも …

トランプ、アラバマ州集会でバイデンのアフガン撤退を非難

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2021.8.22> ドナルド・トランプ前大統領は8月22日、アラバマ州での集会で米国のアフガニスタン撤退を「アメリカ合衆国の歴史上の外交政策で最大の屈辱」と非難した。

アフガン崩壊をトランプのせいにするな、オバマの責任だ

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2021.8.13>ジェームズ・カラファノ氏による論説 アフガニスタンから唐突に撤退するというジョー・バイデン大統領の決断は、目に見える出口戦略なしに同国を残忍で …

バイデン支持率がアフガン撤退とコロナ感染拡大を受けさらに低下:世論調査

<引用元:FOXニュース 2021.9.14> 9月14日に発表された新たな全米世論調査によると、米国人の中でバイデン大統領の評判は下落し続けている。 アフガニスタンからの米国の騒然とした撤退と避難の …

アーカイブ

@JpWelovetrump