記事翻訳

「拷問、レイプ、強制不妊手術」ウイグルで運営の企業は米国法に違反する恐れあると米国務省

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2021.7.14

米国務省は中国の新疆で事業を展開する企業に、地域での強制労働とジェノサイドの報道が続く中、人権法侵害につながる恐れがあると念を押している。

13日に公開された勧告によると、新疆で運営する企業は、「承知の上で冒険的事業に参加することから利益を得ること・・・制裁違反・・・輸出規制違反、そして全体または一部が強制労働や囚人労働によって生産された製品の輸入禁止違反」を禁止する法律に違反するリスクがある。勧告は法的な効力を持たないが、企業に法的な責任について釘を刺している。

ドナルド・トランプ前大統領とジョー・バイデン大統領の政権はどちらも、中国がウイグルの少数民族グループに対するジェノサイドに従事していることを認めている。勧告によると、中国政府の行為には、「投獄、拷問、レイプ、強制不妊手術・・・信教や信仰の自由、表現の自由、また運動の自由に対する過酷な制限」が含まれる。

中国政府高官と地元企業に対する制裁にもかかわらず、米国企業の一部は新疆での事業を継続している。技術系メディアの「The Information」による5月の報道によると、アップルは中国人奴隷労働者を雇う7つの中国企業と契約している。報道は、アップルは強制労働を使用していないとするアップルのティム・クックCEOの議会証言と食い違っている。

アップル、米国商工会議所、そして他の業界団体は、2020年と2021年のウイグル強制労働法案に反対するロビー活動を行っていた。法案は現在上院で検討中となっている。

-記事翻訳
-,

関連記事

中国関与に関する虚偽によるハーバード大教授逮捕は、米大学内での中国政府影響力に対する継続する取り締まりの一環

<引用元:デイリー・コーラー 2020.2.3> 米国を含む25の国で感染者を出しているコロナウィルスの大流行によって米中間の緊張が高まる中、米大学内での中国共産党の影響力も姿を現し続けており、米国最 …

ナバロ:中国は戦略的利益の拡大のために新型コロナパンデミックを利用している

<引用元:FOXニュース 2020.6.6-7>ピーター・ナバロ氏寄稿 中国共産党は長年にわたり戦略的覇権の拡大のために危機を利用してきた。例えば1962年のキューバミサイル危機の際、米国とソ連が気を …

報道:米国が台湾と大規模な620億ドルの武器取引契約へ

<引用元:デイリー・コーラー 2020.8.18> 米国はF-16戦闘機90機の販売で、台湾と10年で620億ドルの武器取引契約を結んだとフランス通信社(AFP)が18日に報じた。 米国は長年、台湾に …

トランプ、貿易で中国を打ち負かせるなら2カ月の景気後退も辞さず

<引用元:デイリー・コーラー 2019.8.20> ドナルド・トランプ大統領は20日、中国との貿易不均衡に対処するためには米国経済が短期間の損失を被り、短期の景気後退になることも辞さないと述べた。 「 …

パラオが中国に対抗して、米軍の太平洋新基地建設を誘致

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2020.9.8> パラオ共和国は、太平洋の島国に米軍の新基地を誘致することで中国に対抗しようとしている、とウォールストリート・ジャーナルが8日に報じた。 グアム …

アーカイブ

@JpWelovetrump