記事翻訳

「拷問、レイプ、強制不妊手術」ウイグルで運営の企業は米国法に違反する恐れあると米国務省

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2021.7.14

米国務省は中国の新疆で事業を展開する企業に、地域での強制労働とジェノサイドの報道が続く中、人権法侵害につながる恐れがあると念を押している。

13日に公開された勧告によると、新疆で運営する企業は、「承知の上で冒険的事業に参加することから利益を得ること・・・制裁違反・・・輸出規制違反、そして全体または一部が強制労働や囚人労働によって生産された製品の輸入禁止違反」を禁止する法律に違反するリスクがある。勧告は法的な効力を持たないが、企業に法的な責任について釘を刺している。

ドナルド・トランプ前大統領とジョー・バイデン大統領の政権はどちらも、中国がウイグルの少数民族グループに対するジェノサイドに従事していることを認めている。勧告によると、中国政府の行為には、「投獄、拷問、レイプ、強制不妊手術・・・信教や信仰の自由、表現の自由、また運動の自由に対する過酷な制限」が含まれる。

中国政府高官と地元企業に対する制裁にもかかわらず、米国企業の一部は新疆での事業を継続している。技術系メディアの「The Information」による5月の報道によると、アップルは中国人奴隷労働者を雇う7つの中国企業と契約している。報道は、アップルは強制労働を使用していないとするアップルのティム・クックCEOの議会証言と食い違っている。

アップル、米国商工会議所、そして他の業界団体は、2020年と2021年のウイグル強制労働法案に反対するロビー活動を行っていた。法案は現在上院で検討中となっている。

-記事翻訳
-,

関連記事

NYSEの中国共産党通信企業の上場廃止計画が再開へ

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2021.1.6> ニューヨーク証券取引所(NYSE)は、中国人民解放軍とつながりを持つ3社の上場を廃止するという当初の計画を進める。中国企業の上場廃止計画の中止 …

中国は盗んだ米国技術を軍用化している、と米国務省

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2020.6.3> 国務省によると、中国政府は近年米国の機関から盗んだ米国の機密の技術と研究を軍用化している。 国務省高官は会見で記者団にこう語った。「中華人民共 …

米国防総省高官=中国は「米国での生き方」に対する脅威

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2019.7.20> 国防総省高官によると、西側の戦略家は、世界的な力として中国が浮上したことで引き起こされた脅威をまだ過小評価しているという。 「米国での生き方 …

米国家安全保障会議、中国が「武漢コロナウイルス」を食い止めていないと声明で非難

<引用元:デイリーワイヤ 2020.3.18> 国家安全保障会議(NSC)は17日、中国共産党がジャーナリストを国外に追放し、中国が起源となったウイルスを止めることに集中するのではなくその起源に関する …

民主党上院議員=トランプが中国と対立するのは正しい

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2019.10.22> ある民主党上院幹部が、ドナルド・トランプ大統領が貿易慣行をめぐって中国と対立していることを支持し、米国企業が「自分たちの価値観」を犠牲にし …

アーカイブ

@JpWelovetrump