記事翻訳

中国が「第1段階」合意を破れば米国は一方的報復の可能性:ホワイトハウス

投稿日:

<引用元:FOXビジネス 2019.12.15

中国が「第一段階」の貿易協定に違反すれば米国は一方的報復を行う可能性がある、とホワイトハウスのピーター・ナバロ通商製造政策局長は15日、FOXニュースのエド・ヘンリーに語った。

「私が合意で最も気に入っている部分は強制の仕組みだ。それによってもし中国が合意に違反しそれに関して何もできなければ、我々は90日以内に、基本的に一方的に報復できる」とナバロは語った。「だからそのことについては強力な合意だ。中国が約束した2,000億ドル分の農産物、エネルギー・サービス、そして製品を買うか見てみよう。それは最も容易に観察できることだろう――見たままだのことだ」

ナバロは視聴者に、米国がまだ3,700億ドル相当の中国製品に関税をかけていることを思い出させた。

「これは中国に対話を続けさせるための保険であると同時に、我々の技術的重要資産に対する保護でもある」とナバロは語った。

ロバート・ライトハイザー米国通商代表は15日朝のCBS「Face the Nation」で同じことを指摘し、合意には「本当に確かな強制力」があると説明した。

「最終的にこの合意全体が機能するかどうかは、米国ではなく中国で誰が決定を行うかによって決まるだろう」とライトハイザーは語った。「強硬派が決定すれば1つの結果を得ることになる。改革派が決定を行うなら、それが我々の希望だが、別の結果を得ることになる。これがこの合意についての考え方であり、2つのとても異なる制度を両者の利益に統合しようという中での第一歩だ」

どのような反応だとしても「相応」となるとライトハイザーは述べた。

米中は13日に「第1段階」の貿易協定に合意した。これによって一部の中国製品に対する完全は引き下げられ、19カ月にわたる貿易戦争の応酬によって痛手を受けてきた米国の農家にとっては好材料となる可能性がある。

中国政府はワシントンとの暫定貿易合意後、米国製自動車と他の製品に対して予定していた報復関税を延期するとしている。

北京は米国製自動車に対して15日に25パーセントの関税を課す予定だった。実施されれば総額が40パーセント引き上げられていた。最大の打撃はドイツのBMWとダイムラーのメルセデス部門であり、米国製SUVと他の車を中国に出荷している。

ライトハイザーは第2段階合意の交渉がいつ始まるのか答えることはできなかった。

「日程は決まっていない。・・・最終的な転換、手続きに決着をつける必要がある」と彼は語った。「我々はこの合意に署名しようとしている。だがこれを話しておく。第2段階は第1段階がどれだけ実行できたかによっても決定される。第1段階は細部に至るまで完全に実施されるだろう」

-記事翻訳
-, ,

関連記事

ジョージ・ソロス、トランプは経済に関する懸念から中国との間違った合意に走ると主張

<引用元:デイリー・コーラー 2019.9.10> 富豪で投資家のジョージ・ソロスは、ドナルド・トランプ大統領が2020年大統領選挙を前に中国と合意を結ぶため、中国テクノロジー企業のファー …

劉暁波の支持者が彼の死のために中国当局へ新たな制裁を突き付けることをトランプに要求

<引用元:ワシントン・フリー・ビーコン 2017.7.14> クリス・スミス議員は、中国当局が劉氏の癌に対する診断と治療を早期に行えなかったことを「偽装された死刑」と述べる 議員と人権活動家、そして中 …

米国防総省高官=中国は「米国での生き方」に対する脅威

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2019.7.20> 国防総省高官によると、西側の戦略家は、世界的な力として中国が浮上したことで引き起こされた脅威をまだ過小評価しているという。 「米国での生き方 …

トランプ、今週香港をめぐる中国への措置を約束

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.5.26> トランプ大統領は、香港での国家安全法導入の計画をめぐり中国に対して今週措置を講じる準備中であるとしている。 中国政府の動きが引き金となり、19 …

独自:ホワイトハウス高官とトランプ上級顧問が、中国にコロナウイルス影響の賠償を求める取り組みを監視中

<引用元:デイリー・コーラー 2020.3.25> 複数のホワイトハウス高官は、中国共産党にコロナウイルスの責任を金銭的に負わせようという民間主導の取り組みについて報告を受けており、25日の時点では監 …

アーカイブ

@JpWelovetrump