記事翻訳

2024大統領選:トランプが対バイデンで10ポイント差、対ハリスで13ポイント差で上回る

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.9.23

ジョー・バイデン大統領が大統領執務室の鍵を得てからわずか274日で、過半数の人々はバイデンを退場させ、ドナルド・トランプ前大統領に復帰して欲しいと考えているようだ。

驚くべき転換として、有権者と思われる人々は現在、大統領選挙をやり直したとしたらバイデンやカマラ・ハリス副大統領よりもトランプを選ぶと答えた。しかも大差で。

今朝公開が予定されるラスムセン・レポートの最新世論調査によると、トランプ対バイデンの選挙となった場合、トランプは51パーセント対41パーセントで勝利する。無党派有権者は圧倒的に、20パーセントの差で、現職より共和党の前大統領を選ぶと答えた。

ハリスに対しては、トランプは52パーセント対39パーセントで勝利する。

民主党の5人に1人もトランプに投票する。

世論調査は、バイデンが完全に失敗したことを示す十数の調査の中で最新の結果だ。米軍と外交官がアフガニスタンから悲惨な撤退を行い、米・メキシコ国境からの不法移民が急増してから多くの調査で支持率が低下した。

他の調査では、バイデンが再選を目指せるほど長期間職務を続ける能力があるかどうかについて、人々の懸念が増大していることも明らかになった。

同時に、有権者はトランプ復帰になかなか共感を持つにいたっていない。だがそれも終わりのようだ。

ラスムセンの調査では、トランプ再出馬を望む有権者のほうが多いことが分かった。48パーセント対44パーセントの差で、有権者は2024年の出馬は良い考えだと回答した。

トランプは、今週末ジョージアでの集会を開く予定だが、再出馬をほのめかしており、トップの顧問らも2024年出馬は確実だと示唆している。

その世論調査では有権者がトランプに再び共感を寄せた理由が示されていない。だが他の調査では、特にマクラフリン&アソシエイツの物がそうだが、有権者がトランプのリーダーシップ・スタイルの復帰を求めていることが分かっている。

例えば、トランプの「好戦的で、物議を醸す」スタイルについて質問された時、有権者は今52パーセント対44パーセントの差で「それほど悪くなかった」と考えている。

また56パーセント対40パーセントの差で、有権者はマクラフリンに対して、「トランプを高く評価するようになっており、現在トランプのタフさがもう少し必要だと思っている」と答えた。

-記事翻訳
-,

関連記事

内部告発者は2020年米大統領選民主党候補者と「仕事上」のつながりがあった

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.10.10>バイロン・ヨーク氏 インテリジェンス・コミュニティ監察官(ICIG)のマイケル・アトキンソンは、8月26日の書簡で、トランプのウクライナ問題に …

米国人の過半数、トランプが大統領だったらプーチンはウクライナを侵攻しなかったと回答

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2022.2.26> 最新の世論調査結果によると、米国人の過半数は、トランプがまだ大統領だったらロシアのウラジミール・プーチン大統領はウクライナに侵攻しなかっただろうと …

ペンシルベニア州裁判官がトランプ陣営を支持、分離された票は集計されないと判決

<引用元:デイリー・コーラー 2020.11.12> ペンシルベニア州の裁判官は12日、トランプ陣営を支持し、11月9日より前に本人確認の証拠のなかった投票は集計されないと判決を下した。 ペンシルベニ …

共和党への好感度が7年で最高に(世論調査)

<引用元:ギャラップ 2018.9.24> 現在米国人の45パーセントが共和党に対して好意的な感情を持っており、昨年9月の36パーセントから9パーセント上昇となった。同党が2010年の中間選挙で下院の …

米国は「中国のせい」に同意、不支持率は史上最高の73%

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.7.31>ワシントン・シークレット論説(ポール・マナフォート氏) そうだ、中国がやった。 コロナウイルス拡大と世界に対するその警告を怠ったことをトランプ大 …

アーカイブ

@JpWelovetrump