記事翻訳

2024大統領選:トランプが対バイデンで10ポイント差、対ハリスで13ポイント差で上回る

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.9.23

ジョー・バイデン大統領が大統領執務室の鍵を得てからわずか274日で、過半数の人々はバイデンを退場させ、ドナルド・トランプ前大統領に復帰して欲しいと考えているようだ。

驚くべき転換として、有権者と思われる人々は現在、大統領選挙をやり直したとしたらバイデンやカマラ・ハリス副大統領よりもトランプを選ぶと答えた。しかも大差で。

今朝公開が予定されるラスムセン・レポートの最新世論調査によると、トランプ対バイデンの選挙となった場合、トランプは51パーセント対41パーセントで勝利する。無党派有権者は圧倒的に、20パーセントの差で、現職より共和党の前大統領を選ぶと答えた。

ハリスに対しては、トランプは52パーセント対39パーセントで勝利する。

民主党の5人に1人もトランプに投票する。

世論調査は、バイデンが完全に失敗したことを示す十数の調査の中で最新の結果だ。米軍と外交官がアフガニスタンから悲惨な撤退を行い、米・メキシコ国境からの不法移民が急増してから多くの調査で支持率が低下した。

他の調査では、バイデンが再選を目指せるほど長期間職務を続ける能力があるかどうかについて、人々の懸念が増大していることも明らかになった。

同時に、有権者はトランプ復帰になかなか共感を持つにいたっていない。だがそれも終わりのようだ。

ラスムセンの調査では、トランプ再出馬を望む有権者のほうが多いことが分かった。48パーセント対44パーセントの差で、有権者は2024年の出馬は良い考えだと回答した。

トランプは、今週末ジョージアでの集会を開く予定だが、再出馬をほのめかしており、トップの顧問らも2024年出馬は確実だと示唆している。

その世論調査では有権者がトランプに再び共感を寄せた理由が示されていない。だが他の調査では、特にマクラフリン&アソシエイツの物がそうだが、有権者がトランプのリーダーシップ・スタイルの復帰を求めていることが分かっている。

例えば、トランプの「好戦的で、物議を醸す」スタイルについて質問された時、有権者は今52パーセント対44パーセントの差で「それほど悪くなかった」と考えている。

また56パーセント対40パーセントの差で、有権者はマクラフリンに対して、「トランプを高く評価するようになっており、現在トランプのタフさがもう少し必要だと思っている」と答えた。

-記事翻訳
-,

関連記事

ギャラップ:トランプ指導力評価が向上、課題とイデオロギー面ではオバマを上回る

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.5.28> 新しい調査によると、トランプ大統領が大統領にふさわしい人柄と指導力の資質を持っていると考える米国人が2年前に比べて増加した。また、トランプ大統 …

トランプ、激戦州で訴訟、再集計のために戦うチームを招集

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.11.4> トランプ大統領の側近は、再集計のための刺客を招集している。高位の内部関係者によると、ホワイトハウスのマーク・メドウズ首席補佐官とジャスティン・ …

米国の政治分断がバイデン政権下で最大に

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.4.15>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 かつてないほどに米国の民主党・共和党の対立が増している。 最新のギャラップ世論調査で、ジョ …

弾劾調査発表後、トランプ支持スーパーPACが1日に約100万ドルの資金を集める

<引用元:FOXビジネス 2019.10.31> ナンシー・ペロシ下院議長が弾劾調査を発表してから、トランプ大統領支持の献金額が急上昇しているとある支持者はいう。 トランプ政権の元中小企業庁長官でアメ …

トランプがCPACの2024年大統領選挙模擬投票で圧勝

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2022.2.27> ドナルド・トランプ前大統領は、27日に発表された模擬投票の結果によると、2024年大統領選挙の共和党候補として圧倒的な支持を得ている。

アーカイブ

@JpWelovetrump