記事翻訳

ジョン・ラトクリフ元国家情報長官、バイデンは中国に甘いと非難

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2021.5.23

ジョン・ラトクリフ元国家情報長官は23日、バイデン政権の中国対応を批判した。

ラトクリフは「Sunday Morning Futures」でマリア・バーティロモによるインタビュー中に、ジョー・バイデン大統領がなぜ毛沢東の卒業式での演説で有名になった中国の格言を引き合いに出したのかと質問を受けた。

「非常にお粗末な判断だ。それが中国に甘いということでバイデンが批判され続ける理由だ」とラトクリフは答えた。

バーティロモはラトクリフに、バイデンが国家情報長官局の法務責任者として任命したクリストファー・フォンゾーンが、ファーウェイのための仕事をしていたことについて質問した。「またも本当にお粗末な判断だ。なぜそうするのか、私には理解できない」とラトクリフは答えた。

「中国が我々の最大の国家安全保障の脅威だということに同意するのであれば、なぜ中国の弁護士の1人にインテリジェンス・コミュニティを担当させるというのだろうか?」

ファーフェイは中国の通信企業であり、トランプ前大統領から米国市民をスパイしていると非難されていた。トランプ政権下で商務省は、半導体を入手するために特別なライセンスを取得するよう義務付ける制限を同社に課した。

ラトクリフは、バイデン政権がCOVID-19の起源、ウイグル人ジェノサイド、またその他の差し迫った国際政策問題などについて中国に立ち向かうことを拒むなら、今後も中国に甘いとみなされるだろうと主張した。

-記事翻訳
-

関連記事

「拷問、レイプ、強制不妊手術」ウイグルで運営の企業は米国法に違反する恐れあると米国務省

<引用元:デイリー・コーラー 2021.7.14> 米国務省は中国の新疆で事業を展開する企業に、地域での強制労働とジェノサイドの報道が続く中、人権法侵害につながる恐れがあると念を押している。

2000年以来初、米国民が中国より米国を世界経済リーダーとみなす:世論調査

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.3.2> 中国はまたしても米国の後塵を拝している。国民の目から見た経済力に関しての話だ。 ギャラップによる世論調査で、2000年以来で初めて米国に住む成人 …

バイデンのアジア政策第一人者は「中国共産党の影響の強い」団体を支援していた人物

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2021.1.27> ジョー・バイデンの次期アジア政策第一人者は、中国のプロパガンダフロント団体トップから資金援助を受け、中国の海外公使館と協力していた非営利団体 …

NYSEが中国共産党からの脅し後、中国企業上場廃止を撤回

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2021.1.5> ニューヨーク証券取引所(NYSE)は、中国人民解放軍とつながりを持つ中国テクノロジー企業3社の上場廃止の決断を1月4日夜に覆した。 NYSEは …

ジョージ・ソロス、トランプは経済に関する懸念から中国との間違った合意に走ると主張

<引用元:デイリー・コーラー 2019.9.10> 富豪で投資家のジョージ・ソロスは、ドナルド・トランプ大統領が2020年大統領選挙を前に中国と合意を結ぶため、中国テクノロジー企業のファー …

アーカイブ

@JpWelovetrump