記事翻訳

ジョン・ラトクリフ元国家情報長官、バイデンは中国に甘いと非難

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2021.5.23

ジョン・ラトクリフ元国家情報長官は23日、バイデン政権の中国対応を批判した。

ラトクリフは「Sunday Morning Futures」でマリア・バーティロモによるインタビュー中に、ジョー・バイデン大統領がなぜ毛沢東の卒業式での演説で有名になった中国の格言を引き合いに出したのかと質問を受けた。

「非常にお粗末な判断だ。それが中国に甘いということでバイデンが批判され続ける理由だ」とラトクリフは答えた。

バーティロモはラトクリフに、バイデンが国家情報長官局の法務責任者として任命したクリストファー・フォンゾーンが、ファーウェイのための仕事をしていたことについて質問した。「またも本当にお粗末な判断だ。なぜそうするのか、私には理解できない」とラトクリフは答えた。

「中国が我々の最大の国家安全保障の脅威だということに同意するのであれば、なぜ中国の弁護士の1人にインテリジェンス・コミュニティを担当させるというのだろうか?」

ファーフェイは中国の通信企業であり、トランプ前大統領から米国市民をスパイしていると非難されていた。トランプ政権下で商務省は、半導体を入手するために特別なライセンスを取得するよう義務付ける制限を同社に課した。

ラトクリフは、バイデン政権がCOVID-19の起源、ウイグル人ジェノサイド、またその他の差し迫った国際政策問題などについて中国に立ち向かうことを拒むなら、今後も中国に甘いとみなされるだろうと主張した。

-記事翻訳
-

関連記事

「伝染病止められたはず」トランプがコロナ後の中国貿易協定の可能性を否定

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.7.10> トランプ大統領は10日、中国が新型コロナウイルスパンデミックの対応に失敗したことを理由に、中国との貿易協定がまとまるよう取り計らう可能性を否定した …

マイク・ペンス:中国には断固とした態度を継続するつもり

<引用元:ブライトバート・ニュース 2019.9.19> トランプ政権は貿易協議で中国に断固とした態度を継続する、とマイク・ペンス副大統領は19日に述べた。 ペンスはCNBC・インスティテューショナル …

医薬品生産が中国から米国内へ回帰、その一例

<引用元:タウンホール 2020.7.28> 28日夜、ホワイトハウスからの話の中で、元カメラ・フィルム会社のコダックが製薬会社に転向するとトランプ大統領は発表した。注意を要し極めて重要な医療サプライ …

米国会計基準を順守しない中国企業を上場廃止するよう作業部会がトランプに勧告

<引用元:FOXビジネス 2020.8.6> ホワイトハウの作業部会は6日、米国市場で上場し米国の会計ルールに従わない中国企業は上場廃止にすべきだとトランプ大統領に伝えた。 金融市場に関する大統領作業 …

トランプの対中国関税は米国消費者に影響しない=ホワイトハウス通商アドバイザー

<引用元:FOXビジネス 2019.8.4> ホワイトハウス通商アドバイザーのピーター・ナバロは4日、トランプ政権の中国に対する関税は消費者価格に影響していないと述べた。

アーカイブ

@JpWelovetrump