記事翻訳

フェイスブックがララ・トランプによるトランプ前大統領のインタビュー動画を削除

投稿日:

<引用元:FOXニュース 2021.3.31

フェイスブックはトランプ前大統領の義理の娘のララ・トランプが実施した前大統領とのインタビュー動画を削除し、「ドナルド・トランプの発言のある」コンテンツはすべて同社のソーシャルメディア・プラットフォーム上から取り除かれると述べた。

フェイスブックは1月の議事堂暴動後、同社のプラットフォーム上で前大統領を永久に利用禁止にした。

FOXニュース寄稿者のララ・トランプは30日、義理の父と向かい合って座っている写真をインスタグラムに投稿し、「今夜参加してください!」とフォロワーに訴えた。

トランプ関係者のグループはフェイスブック社員からメールを受け取り、フェイスブックとインスタグラムに投稿されるいかなるコンテンツも「トランプ大統領の発言を含むものは(トランプ大統領が話している新しい投稿を含め)現在我々のプラットフォーム上では許可されていない」と警告され、「投稿されたら削除され、投稿したアカウントに追加の制限をもたらすことになる」と警告を受けた。

「このガイドラインは、チーム・トランプ、我々のプラットフォーム上の他の活動メッセージ手段、そして元代理人を含めた全ての運動アカウントとページに適用される」と、トランプの息子のエリック・トランプがインスタグラムに投稿したメールには書かれていた。

インタビューは最終的にララ・トランプのフェイスブックページに投稿されたが、その後削除された。

「こんにちは、みなさん」とフェイスブック社員は「コンテンツ削除」と題した彼女へのメールで書いた。

フェイスブック社員はこう書いた。「我々はトランプ大統領の話を特集したコンテンツを、ララ・トランプのフェイスブックページから削除したことをお知らせするために連絡しています。ドナルド・トランプのフェイスブックとインスタグラムのアカウントに課した制限に沿って、ドナルド・トランプの発言のあるコンテンツは今後も削除され、アカウントには追加の制限が課されることになります」

ララ・トランプはそのメールをインスタグラムに投稿した。

消息筋はFOXニュースにメッセージの信憑性を保証した。

フェイスブックはFOXニュースのコメント要求に即座に回答しなかった。

フェイスブックは1月6日の議事堂での暴動後「無期限に」トランプをブロックする動きに出た。マーク・ザッカーバーグCEOは「この期間に大統領に続けて我々のサービスを利用させることのリスクは余りにも大きすぎると考えている」と述べた。

トランプは暴動後、インスタグラム、ツイッター、スナップチャット、ユーチューブからも永久に利用を禁止された。

だがトランプの上級顧問であるジェイソン・ミラーは今月初め、トランプは復帰すると述べた。

「トランプ大統領はおそらく2,3カ月後には独自プラットフォームでソーシャルメディアに復帰できると思います」とミラーはFOXニュースの#MediaBuzzに今月初め語った。「そしてこれはソーシャルメディアで最も素晴らしいことになると思います。完全にゲームを再定義することになり、トランプ大統領が一体何をするのかを見ようと誰もが目を見張って待ち構えるでしょう」

ミラーは詳細に関しては明かせないと述べたが、冒険的企てについてマーアラゴでは様々なチームと「活動的な会議」を行っており、「多数の企業」がトランプにアプローチしていると述べた。

「この新しいプラットフォームは大きなものになります」とミラーは述べ、トランプは「何千万人もの人々」を魅了するだろうと予測した。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

連邦議員がフェイスブックの反中ニュースサイト広告禁止を調査

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2019.11.15> 下院軍事委員会の連邦議員は、ワシントン・フリービーコンが独占入手したフェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOに対する書簡で、中国の人権 …

ホワイトハウスチャンネルの低評価が高評価を上回り、ユーチューブが低評価を隠すことを検討

<引用元:JustTheNews 2021.3.31> グーグルが所有するユーチューブは、一部アカウントで「低く評価」の合計数を公に表示することを停止する実験を行うとしている―「的を絞った低評価キャン …

ケンブリッジ・アナリティカ問題のダブルスタンダード

不思議なことに反トランプ派の不正が暴かれると、それに対抗するかのように報道が持ち上がる。ケンブリッジ・アナリティカの問題も例外でないように思えてならない。

独メルケル首相、ツイッターのトランプ禁止は「問題ある」と非難

<引用元:ブライトバート・ニュース 2021.1.11> ドイツのアンゲラ・メルケル首相は、ドナルド・J・トランプ米国大統領のツイッターアカウント停止処分を非難し、表現の自由に対する懸念があると述べた …

南部貧困法律センターが差別疑惑で揺れる中、IT大手は沈黙

<引用元:デイリー・シグナル 2019.4.2> 南部貧困法律センター(SPLC)と連携してきたIT・ソーシャルメディアの大手は、議論の的となっている同団体から距離を取るか、最近起こった幹部刷新の観点 …

アーカイブ

@JpWelovetrump