記事翻訳

中国への対応堅持を求めるトランプ大統領への公開書簡

投稿日:2019年7月19日

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2019.7.17

トランプ大統領宛ての1通の公開書簡。それは、中国政府が米国の価値観と戦略的利益に反しているとし、大統領に中国政府に対する対応を堅持することを強く求めていた。

書簡を書いたのは、元海軍大佐、米国太平洋艦隊元諜報・情報作戦部長のジェームズ・E・ファネルだ。書簡はワシントン・ポストが7月3日に「中国は敵ではない(China is not an enemy)」と題して発表した公開書簡に答えた形だ。

「米国の例外的な歴史を通して、後に続く世代は我々の建国の原則を守って促進し、我々と同盟国の自由の存続に対する脅威を打倒するという難問にうまく対処してきました。今日我々の世代は、同じことを行うのに、敵意に満ちてますます危険を増す人類の自由に対する脅威に見舞われています。すなわち中国共産党のことであり、それが中華人民共和国の国中で悪政を行なっています」

ファネルの書簡には130の署名があり、退役軍人と元米軍将校、学者と教授、シンクタンクのメンバー、またその他の中国専門家が含まれていた。書簡には「中国は我々が願う姿ではありません。我々の政治体制では、政治が標準的な状況であり、戦争は例外です。それが中国の世界観では明白に正反対になっています。我々は今後、こうした危険な非対称性を理解し対処したほうが良いに違いありません」とある。

書簡は中国共産党の乱用をリストアップしており、それには言論と宗教の自由の弾圧、腐敗した経済慣行、既存の国際秩序に対する反対、拡張主義、また自由で民主的な国である台湾に対して戦争を仕掛ける脅威が含まれている。

書簡にはこう書かれている。「中国の差し迫った戦略は、あなたの大統領の地位を遅らせ、行き詰まらせ、そうでなければ過ぎ去るのを待つということです。あらゆる取り組みを行って、その結果として中国との経済関係のバランスを取り戻し、志を同じくする民主主義国との同盟を強化し、最終的には自主と自由を抑圧する中国の世界的な野心を打倒することのできる政策と能力を今、制度化しなければなりません」

-記事翻訳
-

関連記事

米国会計基準を順守しない中国企業を上場廃止するよう作業部会がトランプに勧告

<引用元:FOXビジネス 2020.8.6> ホワイトハウの作業部会は6日、米国市場で上場し米国の会計ルールに従わない中国企業は上場廃止にすべきだとトランプ大統領に伝えた。 金融市場に関する大統領作業 …

中国は米国の民主主義をいかに脅かしているか

<引用元:フォーリン・アフェアーズ 2020.10.21>ロバート・オブライエン国家安全保障問題担当大統領補佐官による論説 数十年間米国では、中国が経済から始まってその後政治において、もっと自由になる …

太陽光発電業界の中国強制労働への依存がバイデンのクリーンエネルギー経済を脅かす

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2021.4.7> 共和党、民主党、そして労働組合幹部というのはありそうもない組み合わせが連立して、太陽光発電産業が中国の強制労働収容所とつながりのある製品に依存 …

米国に対する中国の麻薬戦争

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.8.26>ベッツィー・マッコーイ氏による寄稿 トランプ大統領は、23日に突然中国との経済戦争をエスカレートさせたことで各方面から非難を浴びた。だが街角で簡単に …

米国防総省は中国を「非常に注意深く」見ており、「第1の優先事項」とエスパー国防長官

<引用元:FOXニュース 2019.8.21-22> 中国は国防総省の「第1の優先事項」であり、米国は自国を守るために中国政府を「非常に注意深く」見ている、とマーク・エスパー国防長官は21日の独占イン …

アーカイブ

@JpWelovetrump