記事翻訳

中絶支持のカトリック大統領・バイデンに頭を悩ませるカトリック教会

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2021.1.21

ブレーズ・スーピッチ枢機卿は21日、ジョー・バイデン大統領の人工妊娠中絶政策を非難する声明のことで全米カトリック司教協議会会長を非難し、司教の声明は「無分別」であると述べた。

枢機卿のコメントは、新たに就任した大統領に対する評価をめぐるカトリック教会内部の不協和音を示唆している。バイデンは、カトリックの米国大統領として2人目となるが、カトリック教会が明確に反対する政策、特に人工妊娠中絶を支持し擁護していることで批判を浴びてきた。

「今日、全米カトリック司教協議会は、バイデン大統領の就任について無分別な声明を発表した」と、スーピッチ枢機卿は21日夜にホセ・ゴメス大司教の声明についてツイートした。

「そのような行いの前例がないと思われる事実はさておき、バイデン大統領に対して批判する声明が出たことに多くの司教は驚いている。発表のわずか数時間前に受け取ったからだ」

カトリックのウェブサイトPillarは、ゴメス大司教の声明は21日の夜まで司教によって激しく議論されたと報じていたが、スーピッチは、司教の管理委員会は声明の発表前に相談を受けなかったと述べた。

Pillarによると、フランシス教皇が最初に声明を発表できるようにするため、報道によるとゴメスの声明が20日の朝発表される前にローマ教皇庁国務省が介入したという。教皇の声明は人工妊娠中絶に直接触れていなかったが、「発言権を持たない」人を含め「全ての人の権利と尊厳」を尊重するようバイデンに強く求めていた。

(略)

ロサンゼルスの大司教でもあるゴメスは、カトリック教会は党派的な政治に参加することもないし、特定の政党に共感することもないが、バイデンの中絶支持の姿勢に「黙っていることはできない」と長文の声明の中で強調した。

(略)

 

<関連記事>

「深刻な脅威」:カトリック大司教がバイデンの人工妊娠中絶に対する立場を非難

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプがプロライフイベント「マーチ・フォー・ライフ」で演説、大統領としては初

ホワイトハウスのサラ・サンダース報道官は17日、トランプ大統領が19日に開催される「マーチ・フォー・ライフ」で現職の大統領としては初めて衛星中継で演説を行うことを発表した。

ドナルド・トランプ大統領 初めての卒業式演説:「アメリカでは政府ではなく神を崇拝する」

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.13> ドナルド・トランプ大統領は土曜日にリバティー大学で、初めての卒業式の演説を行い、批判を無視し、リスクを負い、諦めず、『アメリカでは政府ではなく …

米国の宗教の自由を守るドナルド・トランプ大統領

<引用元:ホワイトハウス 2018.5.3> 2018年5月3日 「アメリカは信仰を持つ人の国であり、私たちは互いに、祈りの力によって強められる」ドナルド・J・トランプ大統領 ホワイトハウス発表:本日 …

トランプは巨大教会建設を望んでいた

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.11.1> 不動産王ドナルド・トランプが建設を望んだ全てのプロジェクトの中で、誰も目にすることのなかったものが1つある。 トランプの長年の個人的牧師である …

トランプ、シリアのキリスト教徒他少数派のために5千万ドルの支援を発表

<引用元:デイリー・シグナル 2019.10.13> シリアから米軍を撤退するという決定に対するキリスト教指導者からの批判を受けた後、ドナルド・トランプ大統領は13日、福音派が多数を占める聴衆の前でそ …

アーカイブ

@JpWelovetrump