記事翻訳

中絶支持のカトリック大統領・バイデンに頭を悩ませるカトリック教会

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2021.1.21

ブレーズ・スーピッチ枢機卿は21日、ジョー・バイデン大統領の人工妊娠中絶政策を非難する声明のことで全米カトリック司教協議会会長を非難し、司教の声明は「無分別」であると述べた。

枢機卿のコメントは、新たに就任した大統領に対する評価をめぐるカトリック教会内部の不協和音を示唆している。バイデンは、カトリックの米国大統領として2人目となるが、カトリック教会が明確に反対する政策、特に人工妊娠中絶を支持し擁護していることで批判を浴びてきた。

「今日、全米カトリック司教協議会は、バイデン大統領の就任について無分別な声明を発表した」と、スーピッチ枢機卿は21日夜にホセ・ゴメス大司教の声明についてツイートした。

「そのような行いの前例がないと思われる事実はさておき、バイデン大統領に対して批判する声明が出たことに多くの司教は驚いている。発表のわずか数時間前に受け取ったからだ」

カトリックのウェブサイトPillarは、ゴメス大司教の声明は21日の夜まで司教によって激しく議論されたと報じていたが、スーピッチは、司教の管理委員会は声明の発表前に相談を受けなかったと述べた。

Pillarによると、フランシス教皇が最初に声明を発表できるようにするため、報道によるとゴメスの声明が20日の朝発表される前にローマ教皇庁国務省が介入したという。教皇の声明は人工妊娠中絶に直接触れていなかったが、「発言権を持たない」人を含め「全ての人の権利と尊厳」を尊重するようバイデンに強く求めていた。

(略)

ロサンゼルスの大司教でもあるゴメスは、カトリック教会は党派的な政治に参加することもないし、特定の政党に共感することもないが、バイデンの中絶支持の姿勢に「黙っていることはできない」と長文の声明の中で強調した。

(略)

 

<関連記事>

「深刻な脅威」:カトリック大司教がバイデンの人工妊娠中絶に対する立場を非難

-記事翻訳
-,

関連記事

クリスチャンを黙らせようという左翼の脅し(オピニオン)

<引用元:デイリー・シグナル 2019.1.23>カトリーナ・トリンコ氏による論説 クリスチャンは黙っていろ。 それが、我々の現在の文化がこの数週間で表した紛れもないメッセージだ。 カレン・ペンスは、 …

トランプがバージニア州民主党による人工妊娠中絶についてのコメントを非難

<引用元:デイリー・コーラー 2019.1.30> ドナルド・トランプ大統領は、デイリー・コーラーとのホワイトハウス内独占インタビューの中で、民主党バージニア州知事のラルフ・ノーサムと民主党バージニア …

トランプ政権、胎児組織研究に代わる「プロ・ライフ、プロ・サイエンス」代替策へ前進

<引用元:デイリー・シグナル 2018.12.10> トランプ政権は、今後2年間に2000万ドル(約22億7千万円)を投じて、人工妊娠中絶された胎児の組織を研究目的で利用することに対する効果的な代替策 …

トランプ政権下で躍進する宗教右派

<引用元:ザ・ヒル 2017.10.10>(抜粋) トランプ政権が社会的保守派への約束を実行する中、保守派の人々は中核的な問題である人工妊娠中絶や信教の自由において進展がみられることに歓喜している。

ペロシ議長=トランプによる後期中絶禁止の要求は「実に全く残念なこと」

<引用元:デイリー・コーラー 2019.2.6> (ワシントン)ナンシー・ペロシ下院議長は6日、ドナルド・トランプ大統領が後期人工妊娠中絶禁止の法制化を求めたことに答えて、「残念なことだ」と述べた。

アーカイブ

@JpWelovetrump