記事翻訳

中絶支持のカトリック大統領・バイデンに頭を悩ませるカトリック教会

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2021.1.21

ブレーズ・スーピッチ枢機卿は21日、ジョー・バイデン大統領の人工妊娠中絶政策を非難する声明のことで全米カトリック司教協議会会長を非難し、司教の声明は「無分別」であると述べた。

枢機卿のコメントは、新たに就任した大統領に対する評価をめぐるカトリック教会内部の不協和音を示唆している。バイデンは、カトリックの米国大統領として2人目となるが、カトリック教会が明確に反対する政策、特に人工妊娠中絶を支持し擁護していることで批判を浴びてきた。

「今日、全米カトリック司教協議会は、バイデン大統領の就任について無分別な声明を発表した」と、スーピッチ枢機卿は21日夜にホセ・ゴメス大司教の声明についてツイートした。

「そのような行いの前例がないと思われる事実はさておき、バイデン大統領に対して批判する声明が出たことに多くの司教は驚いている。発表のわずか数時間前に受け取ったからだ」

カトリックのウェブサイトPillarは、ゴメス大司教の声明は21日の夜まで司教によって激しく議論されたと報じていたが、スーピッチは、司教の管理委員会は声明の発表前に相談を受けなかったと述べた。

Pillarによると、フランシス教皇が最初に声明を発表できるようにするため、報道によるとゴメスの声明が20日の朝発表される前にローマ教皇庁国務省が介入したという。教皇の声明は人工妊娠中絶に直接触れていなかったが、「発言権を持たない」人を含め「全ての人の権利と尊厳」を尊重するようバイデンに強く求めていた。

(略)

ロサンゼルスの大司教でもあるゴメスは、カトリック教会は党派的な政治に参加することもないし、特定の政党に共感することもないが、バイデンの中絶支持の姿勢に「黙っていることはできない」と長文の声明の中で強調した。

(略)

 

<関連記事>

「深刻な脅威」:カトリック大司教がバイデンの人工妊娠中絶に対する立場を非難

-記事翻訳
-,

関連記事

米国の宗教の自由を守るドナルド・トランプ大統領

<引用元:ホワイトハウス 2018.5.3> 2018年5月3日 「アメリカは信仰を持つ人の国であり、私たちは互いに、祈りの力によって強められる」ドナルド・J・トランプ大統領 ホワイトハウス発表:本日 …

トランプ、中絶生存者保護のための「ボーン・アライブ」大統領令署名へ

<引用元:デイリー・シグナル 2020.9.23> ドナルド・トランプ大統領は23日、生きて生まれた赤ちゃんが適切な医療を受けられるように保証するための大統領令に署名すると発表した。 大統領は大統領令 …

ミシェル・バックマンが熱弁:トランプ大統領は「熱心に祈る人」

<引用元:TheBlaze 2017.7.31> ミシェル・バックマンはミネソタ州出身の元国会議員であり、これまでも自身の信仰するキリスト教について声を大にしてきた。彼女は、週末にかけて放送されたジャ …

トランプがオバマ時代のプランド・ペアレントフッド寄りのルールを排除

<引用元:デイリー・コーラー 2017.4.13> ドナルド・トランプは木曜日に、妊娠中絶を行った病院から州が政府資金を差し引くことを禁止するというオバマ時代の法律を覆す法案に署名した。

トランプの福音派支持基盤は拡大し、「神の御手」はトランプの上にあると福音派指導者

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.1.10>ワシントン・シークレット論説 福音派のキリスト教指導者はトランプ大統領が11月に再選を勝ち取ると予期している――その理由はそれを示す預言や聖書の …

アーカイブ

@JpWelovetrump