記事翻訳

トランプ政権による中絶医院からの補助金剥奪は合憲:第9控訴裁判決

投稿日:

<引用元:デイリー・シグナル 2020.2.25

第9巡回区控訴裁判所は24日、トランプ政権は人工妊娠中絶を施す診療所から今後も続けて連邦政府の補助金を剥奪できる、と判決を下した。

裁判所は2019年6月のトランプ政権の宣言を支持した。税金で賄われる診療所は女性に中絶を勧めるのを止めなければならず、さもなくばタイトルX(家族計画)補助金を剥奪しなければならないというものだ。

サンドラ・イクタ判事は24日に出した過半数の意見書で、「(非指示的な)中絶カウンセリングに『言論統制』はない」とした。

保健福祉省は6月に、政権の禁止令を執行すると診療所に警告することで決定に従った。プランド・ペアレントフッドは、この決定に従うのではなく2019年8月にタイトルX連邦政府家族計画プログラムから離脱し、それによって年間約6,000万ドルを見送ることになった。

判決によって、中絶を実行するビジネスに補助金を出すのを止めるというドナルド・トランプ大統領の約束は進展し、中絶を実施したり中絶を勧めたりする団体はタイトルX連邦政府補助金を受け取っている団体とは別の建物でそれを行うことが義務付けられる。

「今日の判決はトランプ大統領のプロライフ政策が正しいことの証明であり、米国民にとっての勝利だ」とスーザンB.アンソニーリストのマージョリー・ダンネンフェルザー会長は声明の中で述べ、中絶は家族計画ではなく「米国人の大多数」が中絶を税金で賄うことに反対していると付け加えた。

(以下略)

-記事翻訳
-,

関連記事

国防総省改革はトランプのもう1つの予期せぬ勝利:スティーブ・フォーブス

<引用元:FOXビジネス 2020.2.11-12>スティーブ・フォーブス氏による寄稿 民主党とメディアの仲間が弾劾失敗を嘆く中、トランプ大統領はワシントンにビジネスマインドのある改革をもたらすという …

トランプがプロライフイベント「マーチ・フォー・ライフ」で演説、大統領としては初

ホワイトハウスのサラ・サンダース報道官は17日、トランプ大統領が19日に開催される「マーチ・フォー・ライフ」で現職の大統領としては初めて衛星中継で演説を行うことを発表した。

ペロシ議長=トランプによる後期中絶禁止の要求は「実に全く残念なこと」

<引用元:デイリー・コーラー 2019.2.6> (ワシントン)ナンシー・ペロシ下院議長は6日、ドナルド・トランプ大統領が後期人工妊娠中絶禁止の法制化を求めたことに答えて、「残念なことだ」と述べた。

トランプがバージニア州民主党による人工妊娠中絶についてのコメントを非難

<引用元:デイリー・コーラー 2019.1.30> ドナルド・トランプ大統領は、デイリー・コーラーとのホワイトハウス内独占インタビューの中で、民主党バージニア州知事のラルフ・ノーサムと民主党バージニア …

この中絶サバイバーがトランプ大統領に感謝しなければならなかった理由

<引用元:デイリー・シグナル 2019.2.22> メリッサー・オーデンは14歳の時、生みの母親が食塩水による中絶を余儀なくされたことを知った。そこで彼女は、母胎内で推定31週であったにもかかわらず、 …

アーカイブ

@JpWelovetrump