記事翻訳

ヒュージ:トランプの下で「暮らし向き向上」がクリントン、ブッシュ、オバマを超える

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.2.12>ワシントン・シークレット論説

またもやギャラップはトランプ大統領にとって肯定的な見出しを付けた。

今日また発表されたトランプにとっての経済面での良いニュースというのは、人々が過去4人の大統領が再選候補者となった時よりも、「暮らし向きが向上」していると感じているというものだ。

過去最大の61パーセントもの人が、トランプが民主党のヒラリー・クリントンを衝撃的な選挙で破った3年前よりも暮らし向きが向上していると答えた。

「10人に1人の成人は3年前より暮らし向きが向上しているとしており、過去の再選時の調査報告を越えている」とギャラップは述べた。

その上人々は景気改善について、バラク・オバマ前大統領よりもトランプをはるかに評価している。オバマ支持者はオバマのおかげだと主張しているわけだが。オバマに「多大」の評価をしているのは約26パーセントで、これに対してトランプは37パーセントとなっている。

調査結果は政権に対するギャラップの一連の肯定的な見出しで最新のものとなった。このわずか3週間での6つの見出しは以下の通り。

  • 2/12:「米国で過去の再選時より多くの人が暮らし向き向上と答える」
  • 2/6:「中小企業経営者の楽観は低下も依然強い」
  • 2/5:「米国の家計楽観が過去最高に」
  • 2/4:「トランプの支持率が自己最高の49パーセントに」
  • 1/24:「米国で満足度が2005年以来初の40パーセント越え」
  • 1/23:「米国の経済信頼感が2000年以来最高値」

「暮らし向き向上」の質問についてトランプの再選時での有権者の反応を、オバマ、そして他の元大統領のジョージ・W・ブッシュ、ビル・クリントン、ジョージ・H・W・ブッシュと比較した数字は僅差ではない。

  • トランプ:61パーセントが3年前より暮らし向き向上と感じる。
  • オバマ:45パーセントが2012年より暮らし向き向上と感じる。
  • ブッシュ(子):50パーセントが2004年より暮らし向き向上と感じる。
  • クリントン:50パーセントが1996年より暮らし向き向上と感じる。
  • ブッシュ:50パーセントが1992年より暮らし向き向上と感じる。

-記事翻訳
-,

関連記事

ゾグビー世論調査:バイデン選挙のために嘘、生活は悪化

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2022.1.25>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 最新世論調査によると有権者は、2020年の選挙中にした約束は大げさだったのではなく共和党に …

共和党の75%はトランプが共和党で大きな役割を果たすことを希望:世論調査

<引用元:デイリー・コーラー 2021.2.16> クウイニピアック大学の新たな世論調査で、共和党の75%がトランプ前大統領に共和党で大きな役割を果たして欲しいと願っていることが分かった。 上院で前大 …

ヒスパニック有権者が共和党にシフトし今や2党間で真っ二つに:世論調査

<引用元:FOXニュース 2021.12.8> ヒスパニックは「浮動票になりつつある」と民主党世論調査員が警告 ヒスパニックの有権者は大部分が民主党の地盤となっていたが、最新世論調査によるとバイデン大 …

郊外居住者がトランプに乗換、2024年の仮想対決ではトランプが45%対42%でバイデンをリード

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2022.3.22>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 米国の郊外居住者は、2020年にはジョー・バイデン大統領に当時のドナルド・トランプ大統領に …

マスコミの負け:報道の90%が否定的でも、大統領の支持率向上

<引用元:ワシントン・タイムズ 2018.5.8> 今年初めから4カ月間の、トランプ大統領に対するテレビ報道を広範に調査した結果、90パーセントが否定的なものだったことが判明した。2017年全体と同様 …

アーカイブ

@JpWelovetrump