記事翻訳

ヒュージ:トランプの下で「暮らし向き向上」がクリントン、ブッシュ、オバマを超える

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.2.12>ワシントン・シークレット論説

またもやギャラップはトランプ大統領にとって肯定的な見出しを付けた。

今日また発表されたトランプにとっての経済面での良いニュースというのは、人々が過去4人の大統領が再選候補者となった時よりも、「暮らし向きが向上」していると感じているというものだ。

過去最大の61パーセントもの人が、トランプが民主党のヒラリー・クリントンを衝撃的な選挙で破った3年前よりも暮らし向きが向上していると答えた。

「10人に1人の成人は3年前より暮らし向きが向上しているとしており、過去の再選時の調査報告を越えている」とギャラップは述べた。

その上人々は景気改善について、バラク・オバマ前大統領よりもトランプをはるかに評価している。オバマ支持者はオバマのおかげだと主張しているわけだが。オバマに「多大」の評価をしているのは約26パーセントで、これに対してトランプは37パーセントとなっている。

調査結果は政権に対するギャラップの一連の肯定的な見出しで最新のものとなった。このわずか3週間での6つの見出しは以下の通り。

  • 2/12:「米国で過去の再選時より多くの人が暮らし向き向上と答える」
  • 2/6:「中小企業経営者の楽観は低下も依然強い」
  • 2/5:「米国の家計楽観が過去最高に」
  • 2/4:「トランプの支持率が自己最高の49パーセントに」
  • 1/24:「米国で満足度が2005年以来初の40パーセント越え」
  • 1/23:「米国の経済信頼感が2000年以来最高値」

「暮らし向き向上」の質問についてトランプの再選時での有権者の反応を、オバマ、そして他の元大統領のジョージ・W・ブッシュ、ビル・クリントン、ジョージ・H・W・ブッシュと比較した数字は僅差ではない。

  • トランプ:61パーセントが3年前より暮らし向き向上と感じる。
  • オバマ:45パーセントが2012年より暮らし向き向上と感じる。
  • ブッシュ(子):50パーセントが2004年より暮らし向き向上と感じる。
  • クリントン:50パーセントが1996年より暮らし向き向上と感じる。
  • ブッシュ:50パーセントが1992年より暮らし向き向上と感じる。

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプの税制改革でGDP5%、賃金7%上昇の可能性(ボストン大学調査)

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2017.10.22> ボストン大学の経済学者が新たにまとめた報告書によると、ドナルド・トランプ大統領の税制改革の枠組みによりGDPと賃金がそれぞれ5パーセントと …

ほとんどがトランプの移民予定者に対する厳しい審査を支持(ラスムッセン・レポート

<引用元:ラスムッセン・レポート 2017.2.24> ほとんどのアメリカ人は、自分たちの価値観や憲法に基づく基本的な自由に対する信念と価値観を共有していない移民を排除することを支持している。

無党派は2024選挙でバイデンよりトランプ支持、67%がバイデンは再出馬すべきでないと回答:世論調査

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.12.16> 15日に発表された世論調査で、無党派は2024年の大統領選挙でジョー・バイデン大統領よりドナルド・トランプ前大統領を支持していることが判明し …

雇用報告は「輝かしい」ニュースに―するとなぜ民主党はトランプを弾劾したいのか?

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.12.6>社説 「輝かしい」。「圧勝」。「大当たり」。左寄りの専門家も6日の驚くべき雇用レポートをそう表現した。 世界景気の減速にもかかわらず、米国経済はトラ …

「嘆かわしい人たち」の向上:トランプが底辺の人たちへの約束を守ったこと示すレポート

<引用元:インベスターズ・ビジネス・デイリー 2018.12.18>社説 「嘆かわしい人たち」の向上:2016年の大統領選挙中、トランプ大統領はブルーカラーや低賃金サービス分野の労働者に、大きな向上を …

アーカイブ

@JpWelovetrump