記事翻訳

選挙ソフトの不正か?パウエル弁護士がトランプ弁護団の調査結果を説明

投稿日:

<引用元:タウンホール 2020.11.15

弁護士のシドニー・パウエルは、「サンデーモーニング・フューチャーズ」の中で、トランプ弁護団はドミニオン・ボーティング・システムズやスマートマティックのような選挙関連ソフトウェアで起こったとされる「不正選挙」の証拠を集めていると述べた。今のところドミニオンは、30の州の2,000の管轄区域で利用されている。テキサス州は、不正の懸念があったために3回にわたってドミニオン不採用を決めた。

それに加えて、ピーター・ネフェンジャー元大将は、スマートマティックの取締役会長である。彼はまた、ジョー・バイデン元副大統領の政権移行チームの一員でもあることから、公平性に疑問が投げかけられており疑いはぬぐい切れない。

パウエルによると、トランプ陣営は本格的な犯罪捜査に着手するだけの十分な証拠を持っているという。

「我々は複数の州で選挙結果を覆すつもりであり、トランプは数万票どころか数百万票差で勝ったのに、明白にそういう目的のために設計されたこのソフトウェアによって変えられました。ソフトウェアが設計された理由については証人の宣誓証言があります。選挙を不正操作するために設計されたのです」とパウエルは説明した。

パウエルによると、トランプチームの証人は、他の国で選挙が不正操作されたのを見てきた人物である。そうした同じ戦法とソフトウェアが、米国で展開されたのだという。

「彼らは意図的にこれを行っています。計画的でした。前にもやったことがあります。我々はカリフォルニア州での2016年の証拠を持っています。我々は、まるで消防ホースで流れてくるように感じるほど非常に多くの証拠を持っています」と彼女は語った。

司会者のマリア・バーティロモは、選挙はあと数週間で認定されなければならないと述べて反発した。彼女は、パウエルと弁護団に不正疑惑の証拠を提出するだけの十分な時間があるのかを知りたかった。

「まず第一に、私は決して証明できない事は話しません。第二に、証拠は非常に速いスピードで出てきており、全く対応が間に合わないほどです。これまでに何百万人もの米国人が書き送っており、間違いなく何万人もが様々な不定投票の情報提供を申し出ていますが、これは大規模な選挙での不正であり、ドミニオンとそのスマートマティックのソフトウェアが関連しているだけでなく、ソフトウェアが基本的に他の選挙用の機械でも使用されていることを非常に懸念しています」

大変興味深いことに、ソフトウェアのユーザーマニュアルは、どうやって「投票を消去できるか」に関して説明しているとパウエルは述べた。

「どうやってこのシステムを購入して、なぜこのシステムを購入したのか、全く厚かましいことです」と弁護士は語った。

パウエルは、内部告発者が報酬疑惑について情報提供を申し出たと述べた。新しい選挙技術が購入・導入された州で、職員の家族がまとまった大金を支払われた証拠があると彼女は述べた。

ソフトウェアがどのように使用されたかについては、他の懸念もある。弁護士は、ソフトウェアと選挙管理人には、投票を消去したり、機械が有権者の署名やダウンバロットを読めなくしたりする能力があると述べた。パウエルは、機械がバイデンの票のみを集計するようプログラムする能力もあると述べた。

「何であれ、どこであれ、望みどおりに票をアップロードするのも、ドラッグアンドドロップのようにできます」と彼女は説明した。

弁護士は、システムがどのように動作するのかを知り、システムが作成され実装された時にその場にいたとされる人物の、宣誓供述書を陣営は得ていると述べた。

-記事翻訳
-,

関連記事

中国はトランプの再選を阻み、軍事的優位に立とうとしている=ガーツ氏

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2019.9.6> ワシントン・フリービーコン編集主任のビル・ガーツは6日、中国は「別の大統領」を望んでいるため2020年大統領選挙を目前に米国の足を引っ張ろうと …

トランプ、激戦州で訴訟、再集計のために戦うチームを招集

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.11.4> トランプ大統領の側近は、再集計のための刺客を招集している。高位の内部関係者によると、ホワイトハウスのマーク・メドウズ首席補佐官とジャスティン・ …

ミシガン州郵政公社の内部告発者、上司が不正投票に関与と主張

<引用元:タウンホール 2020.11.4> ジェームズ・オキーフによると、米国郵政公社(USPS)の監察官事務所は捜査中であるという。 UPDATE: @Project_Veritas has be …

トランプ、中国から雇用を戻す米企業に税額控除を約束

<引用元:FOXビジネス 2020.8.17> トランプ大統領は17日、中国への国の依存を削減する計画の一環として、米国に製造を戻す企業に政権が新たな報奨を提供すると約束した。 「我々は中国から米国に …

トランプ集会でMAGAマスクを着けた修道女が話題に

<引用元:デイリー・コーラー 2020.10.24> 24日夜、ドナルド・トランプ大統領の集会で「アメリカを再び偉大にしよう」のマスクを着けた信仰の篤い修道女が、ツイッターユーザーの注目を集めた。

アーカイブ

@JpWelovetrump