記事翻訳

偉大な米国の回復:第3四半期のGDP、これまでの予想をはるかに超える

投稿日:

<引用元:ホワイトハウス 2020.10.29>大統領経済諮問委員会

4月に米国を安全に再開する計画を発表した後、トランプ大統領は、米国はコロナウイルス・パンデミック前に「世界で最も偉大な経済を築き、再びそれを築こうとしている」と述べた。

当時、経済予測家の中での一致した意見は、パンデミックに誘発されたロックダウンは第2四半期に著しい景気後退の結果をもたらし、第3四半期の経済は、パンデミックの損失を徐々に取り戻しながら中途半端な成長となるというものだった。だが、パンデミック以前の強い基盤を整える、大統領の成長志向政策―そして米国の家庭と企業に対する政権の類まれなスピードと規模の支援―のために、我が国の回復は予想を上回り続けている。

今朝経済分析局(BEA)が発表した、米国の2020年第3四半期のGDPは、「我々は復活しつつあるし、強力に復活しつつある」というトランプ大統領の言葉を肯定している。

BEAは、実質GDPが第3四半期に7.4パーセント(年率換算で33.1パーセント)上昇したと見積もっている。1つの四半期では最高記録であり、1950年の第1四半期に出た3.9パーセント(年率で16.7パーセント)という過去の記録の約2倍である。こうした成長は、2020年第2四半期の、パンデミックに誘発された最も厳しい縮小後のことだ。政府が不必要なサービスのほとんどを強制的に閉鎖し、米国人がパンデミック減速化のために犠牲を払った中で起きた厳しい状況だった。

歴史的な第3四半期の成長によって、米国は今、1つの四半期で、今年前半のパンデミックによって失われた経済生産の3分の2を回復した(図1)。2008年から2009年の景気後退からの回復では、経済生産のうち同じ割合を取り戻すのに4倍の期間がかかった。

5月から回復が軌道に乗っていたことが、データで確認された後、超党派の連邦議会予算事務局(CBO)は7月に、実際の減少とほぼ一致する第2四半期の縮小幅を予測したが、第3四半期の増加率をわずか4.0パーセント(年率17.0パーセント)と見積もっていた。パンデミック前の米国経済の強固な地盤は、我が国の現在経験している、予想を上回るほど強力な回復に貢献した。

米国は、2017年から2019年までにG7の中で最高のGDP成長率を達成しており、成長率はG7平均の2倍以上だった。世界中のあらゆる主要な経済がパンデミックの打撃を受ける中、米国は2020年前半で主要な西側の経済の中で、景気後退の度合いが最も低く、ユーロ圏の景気後退は、米国の景気後退の1.5倍厳しかった。

GDPの3分の2を占める個人消費の復活が、第3四半期のGDP成長を支えた。それは、米国のビジネスの再開と、もう一度商品やサービスに費やそうという消費者の信頼の両方を反映している。サービス分野のみの個人消費が、第3四半期のGDP成長の約半分を占めていた。レクリエーション、食品、小売業サービス―ロックダウンの実質的な影響を受けた分野―での第3四半期の支出増加だけでも、第3四半期のGDP成長全体の5分の1を占めていた。

第3四半期の伸び、そして米国消費者に固有の強さは、米国の家庭、労働者、中小企業に直接提供された支援の迅速さと規模も反映している。CARES法と他のパンデミック関連法が供給した2.7兆ドルの景気刺激策は、GDPのおよそ13パーセントを占める。それはGDP比としては、2009年アメリカ復興・再投資法(ARRA)の2倍以上の規模だ。

この直接の支援が、パンデミックの中での米国人の収入を支えた。個人収入の合計は、パンデミック前のレベルを超え、今もそれを維持している。ところが、CARES法で提供された政府移転収支を除いた個人所得は、パンデミック前のレベルから減少した(図2)。こうした所得補助がなければ、個人消費の復活は恐らくそれほど強力になっていなかっただろう。4月以降1140万人の雇用が復活し、パンデミックで失われた雇用の10のうち5が回復して、第3四半期の賃金・給与の合計は5パーセント増加し、現在パンデミック前のレベルをわずか1.4パーセント下回っている。

パンデミック前の経済の強い基盤と、家庭と中小企業に対する直接の経済支援をもたらすトランプ政権の取り組みが、今年初めにほとんど誰も予測しなかったような記録的な成長をもたらすことに寄与した。我が国の経済は、4月も継続して拡大しようとしており、これまでの回復の強さは米国の労働者と家庭の不屈の精神と回復力の証しだ。

-記事翻訳
-,

関連記事

ウィルバー・ロス長官:民主党は経済を破綻させようと必死

<引用元:FOXビジネス 2019.9.29> トランプ大統領への弾劾調査のさなか、民主党の反対運動に対する株式市場の反応については不確実性が残っている。 過去の同様の状況は市場予測という点であまり参 …

減税に関して、トランプは現代のJFK(オピニオン)

<引用元:CNN 2017.12.14 >経済政策アナリスト、スティーブン・ムーア氏の論説から抄訳 ジョン・F・ケネディによる減税、そして経済成長と賃金の上昇をもたらした政党が、今や繁栄よりも再分配を …

トランプ・ミラクル(論説)

<引用元:タウンホール 2018.6.5>ウェイン・アリン・ルート氏による論説 ウィニングランの時だ。偉大なモハメド・アリが言ったように、「裏付けできるなら鼻に掛けているということにはならない」。 ド …

トランプ景気で勝ち続けるアジア系米国人

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.5.11>スーリャ・グナセカラ氏による寄稿 5月はアジア系米国人と太平洋諸島の住民の伝統月間であり、我が国を豊かにし、その歴史を形成してきたアジア系米国人 …

大多数がオバマよりトランプ政権下で「暮らし向き向上」(世論調査)

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.7.9> 2週間のうちに2度目となるが、最新の全国調査で大多数の米国人――特にヒスパニック系――が、オバマ元大統領よりもトランプ大統領の政権下で暮らし向き …

アーカイブ

@JpWelovetrump