記事翻訳

トランプ大統領、ハンター・バイデン同僚のトニー・ボブリンスキーを討論会ゲストとして招待の予定

投稿日:2020年10月23日

<引用元:FOXニュース 2020.10.22

トランプ大統領は、ハンター・バイデンの元同僚のトニー・ボブリンスキーを、木曜夜の最後の大統領討論会のゲストとして招く予定であることが分かった。

元米国海軍大尉のボブリンスキーは、「CEFC・葉(簡明)会長を通して活動する中国側とバイデン家の間の共同経営」だと彼が説明するSinohawk HoldingsのCEOである。ボブリンスキーは、ハンター・バイデンとジェームズ・ギリアーによってCEOとして紹介されたと述べ、ジョー・バイデンが息子の外国での商取引に関与していたことを示すメールとショートメッセージを公開した。彼は討論前にメディアに声明を発表する予定であり、そこで自身の電子機器をFBIに引き渡すと述べるようだ。

ボブリンスキーは、FOXニュースに対する声明の中で、息子ハンターのビジネス問題について話したことはないというジョー・バイデンの過去の主張を信じていないとし、ハンターは「見込みのある様々な取引について、ジョーの承認や助言を求めたことに頻繁に言及していた」と主張した。

「私はバイデン元副大統領が、ハンターとビジネスの話をしたことがないと言うのを見ました。私は、それが本当ではないことを直接目にしました。というのも、ハンターのビジネスに限ったことではなく、彼らはバイデン家の名前と遺産を掛けているのだと話していたからです」とボブリンスキーは語った。

「バイデン家は、積極的にバイデン家の名前を利用して、中には共産党が支配する中国からであっても、外国の企業から多額のお金を稼いでいました」と彼は続けた。

またボブリンスキーは、取引に中国が関与したことは彼らにとって「政治的、または影響力の投資」であり、「ハンターは、中国から届いた金をすぐに会社から引き出すことによって、会社を自分個人の貯金箱として利用したかった」と思うと述べた。

バイデン陣営はコメントを拒否した。

またボブリンスキーは、自分が中継して伝えた情報は、いかなる偽情報活動の一部ではないと述べた。

(以下略)

-記事翻訳
-, ,

関連記事

世論調査:バイデンは即座に辞任すべきと考えている有権者が過半数に

<引用元:デイリー・コーラー 2021.9.2> ラスムセン・レポートによると、最新の世論調査で、米国人の大多数がジョー・バイデン大統領は即座に大統領を辞任すべきだと考えていることが分った。

スティーブン・ムーアがトランプは中国との貿易戦争に勝つと予測

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.5.19> FRB理事候補を辞退した保守派のエコノミストであるスティーブン・ムーアは、トランプ大統領が自らの政権の中国との貿易戦争で勝利すると予測した。 「今 …

トランプを推薦した民主党議員が民主党から「嫌がらせ」受け辞任へ

<引用元:デイリー・コーラー 2020.4.22> 民主党ジョージア州下院のバーノン・ジョーンズ議員は、ドナルド・トランプ大統領の再選を推薦したことを受けて党から非難と嫌がらせを受けたことを挙げ、辞任 …

トランプのワクチン偉業について「うそを続ける」バイデン政権にブレット・ギロイル元海軍大将が不満を吐露

<引用元:デイリーワイヤ 2021.2.26> 医師のブレット・ギロイル元海軍大将は25日午後、民主党のジョー・バイデン大統領がトランプ政権は次期バイデン政権のためにワクチン接種計画を何も残さなかった …

アラン・ダーショウィッツ:不正投票の訴えを調査する「相当な理由が確かにある」

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.12.6> 弁護士で法学者のアラン・ダーショウィッツは、2020年大統領選挙中の不正投票の主張を捜査するための「相当な理由が確かにある」と述べた。

アーカイブ

@JpWelovetrump