記事翻訳

トランプ、サウジアラビアを含めさらに「8、9」のアラブ国家のイスラエル和平合意参加を見込む

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2020.9.15

ドナルド・トランプ大統領は、近い将来にサウジアラビアを含め「7か8、または9」のアラブ国家がさらにイスラエルとの和平合意に署名すると見込んでいる、と15日のホワイトハウスでの署名式で発表した。

トランプがコメントを発表したのは、イスラエル、アラブ首長国連邦(UAE)、そしてバーレーンの間で正式に和平合意の署名が行われた後のことだった。アブラハム合意として知られるものが、「中東の平和の新たな幕開け」の先駆けとなることをトランプと他の署名者は期待している。

「我々は今日の午後、歴史の流れを変えるためにここにいます。イスラエルの歴史でこうした合意は2つしかありませんでしたが、今我々は1カ月で2つを成し遂げました」とトランプはホワイトハウスでの演説の中で述べた。

トランプは、近い将来に他のいくつかのアラブ国家が合意に加わることを政権は見込んでいるとしている。イスラエル、UAE、バーレーンの首脳は、ホワイトハウスでの署名式でトランプと共に合意を称賛した。

「イスラエル人、エミレーツ、バーレーン人はすでにお互いを受け入れています。我々は今後の協力、繁栄、そして平和に投資することに意欲を持っています」とイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は語った。

ネタニヤフはさらに、3カ国がすでに地域でのコロナウイルス・パンデミックとの戦いで協力しつつあると述べた。

サウジアラビアはすでに、イスラエル・UAE間の交通を容易にするためにイスラエルの航空会社に対して領空の通過を許可する措置を取った。

和平合意の中心は、パレスチナの人々が権利を主張する土地の併合をイスラエルが停止することだったが、UAEのアブドラ・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン外相はホワイトハウスでの演説で、ネタニヤフがその動きを休止したことを称賛した。

「この構想は、我々がここまで達するよう熱心に誠意をもって取り組んでくれた、ドナルド・トランプ大統領閣下とそのチームの尽力なしには可能ではなかったでしょう。ネタニヤフ首相閣下、平和を選択し、パレスチナの領土の併合を停止してくれたことに感謝します」と外相は、翻訳によると語った。

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプ:「シリアに深入りするつもりはない」

<引用元:ニューヨークポスト 2017.4.11> トランプ大統領は、彼の側近がシリアについて異なる見解を述べており、彼の方針が混乱しているという不満が出ている中、きっぱりと疑惑を一掃した。

有権者はバイデンのイスラエル政策に不満、トランプの政策により満足していた

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.5.17>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 およそ2対1の差で、有権者はドナルド・トランプ前大統領のイスラエルに対する政策のほうがジョ …

シリアについてゴルカ補佐官:「これは全面的な軍事展開ではない、ピンポイントのミサイル攻撃に過ぎない」

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.4.7> 大統領補佐官であり、ブライトバート・ニュースの国家安全担当編集員を務めたこともあるセバスチャン・ゴルカ博士は、シリウスXMラジオでラヒーム・カッ …

エルサレムについてのトランプの決断がイスラエルと中東にとって意味すること(論説)

<引用元:デイリー・シグナル 2017.12.6>(オピニオン) トランプ大統領は12月6日、エルサレムをイスラエルの首都として認めるという選挙公約を守り、米国大使館をテルアビブから最終的にエルサレム …

トランプのシリア撤退は勝利のない中東紛争から米国人の命を救う

<引用元:サン・センチネル 2019.10.22>トニー・シェーファー中佐による寄稿 米国の軍隊の男性と女性たちに対するトランプ大統領の気遣いを、大統領を中傷する人たちが完全に理解することはない。とい …

アーカイブ

@JpWelovetrump