記事翻訳

トランプ:「トルコがクルドを攻撃すれば経済的打撃を与える」

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.1.13

トランプ大統領は13日、米軍がシリアから完全撤退した場合にトルコの軍隊がクルドを標的にするなら、トルコ経済に打撃を与えると明言した。

トランプは次のようにツイートした。
「わずかに残存するISISのカリフ領土を激しく多方面から攻撃する中で、延び延びになったシリアからの撤退を開始。ISISが刷新されたら既存の近隣基地から再び攻撃する。トルコがクルドを攻撃したらトルコに経済的打撃を与える。20マイルの安全地帯を作る。

同様に、クルドにもトルコを挑発して欲しくない。ロシア、イラン、そしてシリアは、米国がシリアのISIS――天敵を壊滅するという長期的政策から最大の利益を得てきた。我々も利益を受けているがもう軍隊を引き揚げる時だ。終わりのない戦争は止める!」

トランプのツイートは、12月の大統領による突然の指示に応じて、先週シリアで米国が公式に引き揚げ準備を始めてからのものだ。トランプの要求は連邦議会議員から即座に超党派的な反発を招き、ジム・マティス元国防長官が抗議して辞任する結果を引き起こした。だが、2,200名の兵士は紛争地域からまだ1人も引き上げていないと、国防総省当局者は11日にワシントンエグザミナーに答えた。

トランプは、当初の米国即時撤退の要求を撤回している――その裏付けとして、ジョン・ボルトン国家安全保障担当補佐官は先週末、米軍はIS残党が壊滅するまでシリアに留まり、米国の同盟でその地域で活動するクルドをトルコが傷つけないと保証する条件で撤退が行われると述べた。トルコ当局は、クルド人民防衛隊、つまりYPGを、トルコ国境内での政治的不安定に寄与するテロリストとみなしている。

(以下略)

-記事翻訳
-,

関連記事

カイラ・ミューラーの両親、バグダディを死に追い込んだ急襲を行った兵士とトランプを称賛

<引用元:FOXニュース 2019.10.28> ISISに監禁され殺害された援助活動家のカイラ・ミューラーの家族は27日、トランプ大統領と、ISIS指導者アブバクル・アル・バグダディを死に追い込んだ …

トランプが歴代大統領のエルサレム首都発言の動画をツイート

トランプ大統領はツイッターで、歴代大統領のクリントン、ブッシュ、オバマが、過去にエルサレムはイスラエルの首都だと発言(または大使館を移転するとの約束の)している動画を投稿した。

ドナルド・J・トランプ大統領とロシア連邦のウラジミール・プーチン大統領の電話会談

<引用元:ホワイトハウス発表資料 2017.5.2> アメリカ合衆国のドナルド・J・トランプ大統領とロシア連邦のウラジミール・プーチン大統領は、本日シリアに関して会談した。

米国、国連予算を2億8千5百万ドル削減へ

<引用元:ザ・ヒル 2017.12.25> 21日に事実上米国を非難する国連決議が圧倒的多数で採択されたが、その3日後の24日、米国は今後2年間の国連予算の大幅削減を発表した。

ホワイトハウス前で、イラン反政府デモを支持するイラン系米国人によるデモ

1月6日、ホワイトハウス前で数百名のイラン系米国人によるデモが行われた。2週間前から続くイランの反政府デモに同調し、米国政府のイラン反政府デモに対する支持を歓迎する人々によるものだ。

アーカイブ

@JpWelovetrump