記事翻訳

アトランティック編集長、トランプ暴露記事の主張が間違いの可能性を認める

投稿日:

<引用元:フェデラリスト 2020.9.7

6日、アトランティックのジェフリー・ゴールドバーグ編集長は、2018年にフランスの第一次世界大戦で戦死した兵士の墓地へのトランプ大統領の訪問が変更されたのは、悪天候のせいだったというホワイトハウスの説明がおそらく正しいと認めた。

「それらのことは全て本当だと確信している。」ゴールドバーグは4日のCNNのインタビューで、公開した記事を証明するよう回答を求められた際にそう答えていた。

アトランティックが3日に公開した記事では、トランプが「負け犬でいっぱい」だからと言う理由で墓地訪問をキャンセルしたいという要望を示したのを、複数のホワイトハウス上級スタッフが聞いたとゴールドバーグは主張した。

「ドナルド・トランプ大統領が2018年に、パリの近くのエーヌ・マルヌ米国人墓地訪問をキャンセルした際、土壇場での決断を雨のせいにし、『ヘリコプターが飛べない』のでシークレットサービスがそこに送れないと述べた。どちらの主張も本当ではなかった。トランプは、髪が雨で乱れることを心配し、米国人戦没者を称えるのは重要ではないと考えたために訪問の意見を取り下げた」と、ゴールドバーグは匿名の消息筋のみを引き合いにして書いた。

天候による中止が本当かもしれないと認めたにもかかわらず、ゴールドバーグは「この情報に触れることへの国民の関心は、匿名の消息筋の曖昧さや難しさを上回る」と主張し、「この記事が直接記録に残るようにするための取り組みを続ける」と述べ、トランプの墓地訪問に関する自身の記事を固持した。

他にもっと多くの匿名情報源から記事を「確認」したという主張がある一方、アトランティックはかつて誤報をしたことがあり、正体不明の人々から得た記事の正当性についてはさらに疑問が提起される。

トランプ大統領はゴールドバーグの主張と彼の匿名情報源を否定し、シークレットサービスやキース・ケロッグ将軍などの同行した他の人々が疑惑に「反論」できると述べた。

「戦死した英雄に関して私が決して口にしていないことについては、誓ってもいい。(私ほど)彼らに敬意を持つ者は他にいない。それで私は全くひどい、ひどいことだと思う」とトランプは、エアフォースワンから降りながら記者に語った。「率直に言って、そうした発言を見て、すばらしい晩がとても残念な晩になった。どんな動物でも、誰であっても―どんな動物であってもそんなことを言うだろうか?」

ホワイトハウスもアトランティックの記事を非難し、「明白な偽り」であり、「侮辱的な作り話」と呼んだ。

「この記事は明白な偽りです。トランプ大統領は軍に最高の敬意を持っています。大統領はいたるところで軍に対する献身を示しており、兵士たちに待望の昇給を与えるという約束を実行し、軍予算を引き上げ、重要な退役軍人改革に署名し、軍人の配偶者を支援しています。こうした匿名の逸話は実際根拠がなく、侮辱的な作り話です」とホワイトハウス戦略コミュニケーション・ディレクターのアリッサ・ファラーは語った。

ジョン・ボルトン元国家安全保障担当補佐官の本は、トランプ批判のために今年初めに発売されたものだが、墓地訪問が中止されたのが悪天候による大統領の安全と、思いがけずフランスを出る必要が生じた場合の応答時間のためだったことを裏付けた

(略)

中止に関する疑惑の会話は、ボルトンが出た後でのものである可能性があるというCNNによる主張とは裏腹に、ボルトンは4日に自著での話をブルームバーグとのインタビューで確認し、トランプ大統領が戦死した兵士を見下したのを聞いたことはないと述べた。

「私は聞いていない。彼が後日、あるいは別の機会に言っていないとは言えないが、その会話に私は同席していた」とボルトンはニューヨーク・タイムズに語った。

-記事翻訳
-,

関連記事

リチャード・バー議員

上院情報委員長=誤ったロシア疑惑報道で「面目を失う」報道機関も出るだろう

<引用元:デイリー・コーラー 2017.10.5> 上院情報委員会の委員長は5日、ロシア疑惑捜査に関する報道をめぐり「面目を失う」ことになる報道機関が出るだろうと述べた。

トランプがコロナウイルス対策ウェブサイトに関する誤報についてフェイクニュース・メディアを非難

<引用元:タウンホール 2020.3.15> トランプ大統領は15日、グーグルが連邦政府と共同で作成中の全国的な武漢コロナウイルス対策ウェブサイトに関する間違った報道をしたフェイクニュース報道機関を非 …

オバマはトランプが非難されていることを行っていた:ラッシュ・リンボー

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.17> 保守派のラジオパーソナリティのラッシュ・リンボーは、全国で配信されている彼の水曜日の番組の中で、ニューヨーク・タイムズの記事でマイケル・フリン …

ホワイトハウスはトランプがパリ協定に対する姿勢を軟化しているという報道を否定

<引用元:ザ・ヒル 2017.9.16> ホワイトハウスは16日土曜日、トランプ政権がパリ協定から離脱しないつもりだという報道を否定した。

最悪のハネムーン:リベラル・メディア対トランプ大統領

<引用元:MRC NewsBusters 2017.4.19> トランプ大統領が就任から最初の100日目を終えようとしているが、テレビ放送された報道のうち89パーセントが否定的な報道の仕打ちを与えるも …

アーカイブ

@JpWelovetrump