記事翻訳

トランプの給与税大統領令は労働者1人当たり1,200ドル相当となる可能性:クドロー氏

投稿日:

<引用元:FOXビジネス 2020.8.9

トランプ大統領が9日に大統領令によって成立させた給与税猶予は、平均的な人で9月初めからの4カ月で約1,200ドルの負担軽減になる、とホワイトハウス経済補佐官のラリー・クドローは9日に述べた。

「数週間で行われると思うが、1人当たり約1,200ドルになると思う」とクドローはCNNの「ステート・オブ・ザ・ユニオン」に対して語った。

トランプは、パンデミック中に繰り返し給与税削減を強く要求してきたが、週末に署名した4つの大統領令の中にそれを盛り込んだ。

「給与税に関しては、基本的にパンデミック中に働いた1億4千万人余りの人々に対して与えるものであり、彼らは英雄であり、我々は税引き後約1,200ドル分の賃上げをもたらそうとしている」とクドローは語った。

トランプの大統領令には、連邦政府が強化した失業給付金の延長も含まれており、1人当たり400ドルの増加分の25パーセントを州が協力することが義務付けられる。政権は全50州が受け入れていることを確認していない、とクドローは述べた。

「それで我々の推計に基づくと、州は100ドルを追加で提供できるだろう。おそらく今日か明日には、我々がキャンバスを作る中でそれが判明するだろう。我々には財務省から出た非常にすばらしい実績がある。だが連絡を取ることになる」とクドローは語った。

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプの新大統領令が行政国家から国民を守る

<引用元:デイリー・シグナル 2019.10.15>アンソニー・キャンパウ氏、ポール・J・ラーキン・ジュニア氏による解説 ワシントンは弾劾の話で燃えているかもしれないが、ドナルド・トランプ大統領は無為 …

ヘリテージ財団:トランプの行動計画の64%が達成済、レーガンより速い

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.2.27>コラム「Washington Secrets」より抄訳 かつてないスピードで、トランプ政権はヘリテージ財団が求める334の行動計画案のほぼ3分の …

トランプ景気で勝ち続けるアジア系米国人

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.5.11>スーリャ・グナセカラ氏による寄稿 5月はアジア系米国人と太平洋諸島の住民の伝統月間であり、我が国を豊かにし、その歴史を形成してきたアジア系米国人 …

トランプ、連邦政府機関に「オポチュニティ・ゾーン」への移転を命令へ

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.8.24> (ワシントン)トランプ大統領は24日、米国で最も貧しい地区の一部で投資を促進するため、連邦政府機関がオポチュニティ・ゾーンに事務所を移転させること …

トランプが取り残された地域の復興へ向けた大統領令に署名

トランプ大統領は12日、新たな大統領令に署名し、全米の取り残された地域、「オポチュニティ・ゾーン」の復興へ向けた協議会を発足させ、具体的な政策を始動させた。各省庁との連携や指定地域に対する特別減税など …

アーカイブ

@JpWelovetrump