記事翻訳

WHOは中国当局に武漢調査への参加科学者に対する拒否権を与えた(報道)

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2021.3.18

ウォールストリート・ジャーナルの報道によると、中国政府は武漢でのコロナウイルスの起源に対する世界保健機関の調査に厳格な管理を維持していた。どの科学者が任務に参加するかについて北京が拒否権を許されていたと同紙は報じた。

同紙によると、WHO調査団に課された制約によって、科学者はウイルスの起源に対する徹底的な調査を実施することができない状態だった。

1人の米国人を含む12名以上から成る調査団は先月武漢を訪問し、コロナウイルスがどのようにして最初に人間に感染したかを解明するために中国の当局と科学者と会談した。

同紙によれば、調査報告は中国当局が検証し編集する機会を持ってから来週発表される見込みだ

WHO調査団のメンバーの中には、任務に就いた唯一の米国人であるピーター・ダスザックを含めて、コロナウイルスを研究する武漢ウイルス研究所での事故がウイルスの起源だとする1つの有名な説を否定している者もいた。

ほとんどの科学者は、中国西部の動物種からおそらく武漢の屋外の食物市場の1つでウイルスが人間に移ったと考えていると述べている。

ダスザックは、彼の団体であるエコヘルス・アライアンスが武漢研究所と緊密に協力していたという理由から利益相反にあたるとして科学コミュニティの一部から批判を浴びている。またダスザックは2020年2月に科学者の一団を組織して、研究所流出説は「陰謀論」であるとする書簡を出していた。

トランプ政権とバイデン政権の当局者はどちらも、WHO調査団に情報を伏せているとして中国政府を批判してきた。

(以下略)

-記事翻訳
-, ,

関連記事

リチャード・バー議員

上院情報委員長=誤ったロシア疑惑報道で「面目を失う」報道機関も出るだろう

<引用元:デイリー・コーラー 2017.10.5> 上院情報委員会の委員長は5日、ロシア疑惑捜査に関する報道をめぐり「面目を失う」ことになる報道機関が出るだろうと述べた。

タッカー・カールソン:主流メディアの偽情報はQアノンより強力で有害

<引用元:FOXニュース 2021.2.23>タッカー・カールソン氏によるオピニオン タッカー・カールソン・トゥナイトでは、誰かがどこかで事実を示したり意見をまとめたりする可能性に対して、メディアの門 …

ワシントン・ポストの失われた夏

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.9.5> ステファニー・グリシャム報道官とホーガン・ギドリー副報道官による寄稿 メモリアル・デー(戦没者追悼記念日)からレイバー・デー(労働者の日)まで、 …

側近が語るトランプの止めようのない勢いと、「誰よりも熱心に働く」モットー

主要マスコミが言うように、トランプ大統領の仕事ぶりは「パートタイム」のようなものなのだろうか。トランプ政権高官の話を元にした、トランプ氏の働きぶりについての記事をワシントン・エグザミナーが伝えている。

マーク・レビン、犯罪者を非難しつつ議事堂の暴力を悪用するメディアを非難

<引用元:タウンホール 2021.1.11> 保守派のラジオ司会者で憲法学者のマーク・レビンは、先週の米連邦議会議事堂での暴力に従事した人々を非難するとともに、その状況を悪用するメディアのことも強く非 …

アーカイブ

@JpWelovetrump