記事翻訳

「これをパレードにしたい」ミシガン州保安官―と部下―が暴動鎮圧装備を捨て黒人抗議者と共に行進

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2020.5.31

ミシガン州の白人保安官は―複数の部下と共に―暴動鎮圧用装備を捨ててフリント・タウンシップの黒人抗議者たちと一緒に行進した。

先週月曜日にミネアポリスで警察による拘束中に死亡した非武装の黒人男性、ジョージ・フロイドのために行進しようと抗議者たちが集まる中、ジェネシー郡のクリス・スワンソン保安官は、抗議者に加わる行動に出た。

「私はこれをパレードにしたい。抗議ではなく!」と保安官は、自分と部下が彼らと戦うことに全く関心を持っていないと説明しながら宣言した。

「私はヘルメットを脱いで、警棒を捨てた」とスワンソンは語りながら部下に向けて身振りを示すと、「この警官たちはみなさんを愛している。あそこの警官は人々にハグしている。だからみなさんが我々に何をしてもらう必要があるか言って欲しい」と続けた。

群衆は声援を上げ始め、「一緒に歩こう!一緒に歩こう!」という声は次第に大きくなっていった。

そうした方策を試みた法執行官はスワンソンだけではなかった。カムデン郡のジョー・ワイソッキー警察署長も、防護フェースマスクと制服を着用してニュージャージーの行進に参加した。

フロリダ州マイアミの警察官は、抗議者に敬意を表して警察署の外で片膝をついた。

カリフォルニア州サンタクルーズの警官も同じことを行った。

ミズーリ州ファーガソンの警察官も。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

蘇ったかつての憎しみ―全体主義のルーツを隠しメディアの支持を受ける「アンティファ」(論説)

<引用元:ワシントン・タイムズ 2017.8.21> シャーロッツビルの混乱の中で、二つの亡霊が前世紀の暗黒の時代から蘇った。「右派の団結」大会では、ナチのシンボルがテレビ画面いっぱいに出ていた一方で …

世論調査では米国人の半数近くがシャーロッツビルについてトランプに同意

<引用元:デイリー・コーラー 2017.8.18> 否定的な報道と共和党内からの批判にもかかわらず、18日に発表された世論調査ではアメリカ国民の半数近くがバージニア州シャーロッツビルで起きた暴力の原因 …

トランプが米国の人種差別主義を減少させたことを示す学術調査結果

<引用元:ブライトバート・ニュース 2019.5.20>By John Nolte トランプの大統領就任中に人種差別主義がある程度減少したことを示す研究結果をスペクテイターが報道 ペンシルベニア大学の …

トランプ、暴力的抗議を受けアンティファをテロ組織に指定と発表

<引用元:FOXニュース 2020.5.31> トランプ大統領は31日、米国政府は極左団体のアンティファをテロ組織に指定すると発表した。 トランプが、ジョージ・フロイドの死を受けて全国で起きている暴動 …

シャーロッツビル犠牲者の母、ネオナチと白人至上主義者を非難したトランプに感謝を表明

<引用元:デイリー・コーラー 2017.8.14> バージニア州シャーロッツビルで32歳のパラリーガルが、白人至上主義者とされる人物に車で轢かれて亡くなった。犠牲者の母は、トランプ大統領がネオナチと白 …

アーカイブ

@JpWelovetrump