記事翻訳

「これをパレードにしたい」ミシガン州保安官―と部下―が暴動鎮圧装備を捨て黒人抗議者と共に行進

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2020.5.31

ミシガン州の白人保安官は―複数の部下と共に―暴動鎮圧用装備を捨ててフリント・タウンシップの黒人抗議者たちと一緒に行進した。

先週月曜日にミネアポリスで警察による拘束中に死亡した非武装の黒人男性、ジョージ・フロイドのために行進しようと抗議者たちが集まる中、ジェネシー郡のクリス・スワンソン保安官は、抗議者に加わる行動に出た。

「私はこれをパレードにしたい。抗議ではなく!」と保安官は、自分と部下が彼らと戦うことに全く関心を持っていないと説明しながら宣言した。

「私はヘルメットを脱いで、警棒を捨てた」とスワンソンは語りながら部下に向けて身振りを示すと、「この警官たちはみなさんを愛している。あそこの警官は人々にハグしている。だからみなさんが我々に何をしてもらう必要があるか言って欲しい」と続けた。

群衆は声援を上げ始め、「一緒に歩こう!一緒に歩こう!」という声は次第に大きくなっていった。

そうした方策を試みた法執行官はスワンソンだけではなかった。カムデン郡のジョー・ワイソッキー警察署長も、防護フェースマスクと制服を着用してニュージャージーの行進に参加した。

フロリダ州マイアミの警察官は、抗議者に敬意を表して警察署の外で片膝をついた。

カリフォルニア州サンタクルーズの警官も同じことを行った。

ミズーリ州ファーガソンの警察官も。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

2020年国際ホロコースト記念日の大統領メッセージ

<引用元:ホワイトハウス 2020.1.27>トランプ大統領メッセージ 国際ホロコースト記念日に、我々はナチス政権が犯した恐ろしい犯罪の結果として命を落とした何百万もの尊い魂を追悼する。また、反ユダヤ …

ミレニアルの黒人保守派、トランプ政策が黒人にとって望ましい理由を説明

<引用元:デイリー・シグナル 2018.3.22> キャンダス・オーウェンス氏 ターニングポイントUSAのキャンダス・オーウェンス氏は、アフリカ系米国人コミュニティにとって保守的な政策が望ましい理由に …

「目覚め」の呼びかけ:暴力的デモに対して沸き上がる反発、トランプに有利になる可能性

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.7.24>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 都市での暴力的な抗議、そして国と建国者に対する執拗な攻撃を受動的に見てきた米国の多くの人々 …

米国はトランプに関する左翼の嘘に飲み込まれている

<引用元:タウンホール 2019.8.6>デニス・プレガー氏による寄稿 合衆国大統領、ドナルド・トランプは、「立派な」ナチやクー・クラックス・クラン団員がいたとは決していわなかった。 これは我々の時代 …

ノースカロライナの第二次世界大戦記念碑に共産主義礼賛の落書き

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.6.22> ノースカロライナ州シャーロットの第二次世界大戦記念碑が破壊者の標的となり、海外で戦死した兵士たちの名前の上にハンマーと鎌がスプレーで落書きされ …

アーカイブ

@JpWelovetrump