記事翻訳

トランプは、武漢研究所がコロナ発生源だとする証拠を見たと述べ、WHOをPR会社に例えた

投稿日:

<引用元:FOXニュース 2020.4.30

トランプ大統領は4月30日、コロナウイルスの起源が中国の研究所であることを示す証拠を見たと述べ、世界保健機関をPR会社になぞらえて北京とのつながりに対する批判を続けた。

トランプは、発生の起源が武漢ウイルス研究所であると確信するだけのことを何か知っているか、とFOXニュース他に質問された際、米国の高齢者を守ることに関して報道陣に話していた。

トランプは詳しい説明はしなかったが、「そうだ、ある」と答え、「それに世界保健機関は恥ずべきだ。中国のPR会社のようなものだからだ」と語った。

トランプはこれまで、中国が誤って先導し、ウイルス発生に関する情報を伏せるより早く、ウイルスに関して知っていたかどうかについて推測を述べていた。

「中国は我々に・・・幾分透明性を持とうと考えていると今のところ私は考えているが、我々は解明するつもりだ。起こったことはとんでもないことだ。彼らが過ちを犯したのか、あるいは過ちからスタートしてそれを繰り返したのか、それとも誰かが故意に何か行ったのか」とトランプは語っていた。

情報機関当局は30日、パンデミックが武漢研究所での事故の結果だったのかどうかに対する捜査は継続中だと述べた。事実なら武漢市の海鮮市場が起源だとする幅広いコンセンサスとは矛盾する。

「情報機関は、一貫して米国政策立案者と、中国を起源とするCOVID-19ウイルスの対応に当たる人々に重要な支援を提供している。また情報機関は、COVID-19ウイルスが人間の作り出したものや遺伝子操作されたものではないという広範な科学的コンセンサスに同意している」と、リチャード・グレネル情報長官代行の事務所が出した声明はしている。

「あらゆる危機の際と同様に、情報機関の専門家は、資源を投入し米国にとって極めて重要な問題について重大な情報を生み出すことで答えている。情報機関はウイルス発生が感染動物との接触によって始まったのか、それとも武漢の研究所での事故の結果だったのかを究明するために、新たな情報とインテリジェンスを綿密に分析し続ける」とグレネル長官代行は続けた。

米国当局は、中国がウイルスを生物兵器として使用するために作ったという可能性を排除している。病原体は、中国が米国と同等かそれ以上の能力でウイルスを識別してそれと戦うための取り組みの中で、研究所から流出した恐れがあるという話もある。

中国は挑戦的な態度を示し、検査官が研究所に入ることを求める米国の要求を拒絶している。

30日、トランプは中国の対応について触れながら「世界は大きな痛手を被っている」と述べた。

「これは、発生場所で封じ込めることができたはずであり、比較的容易に封じ込めることができたはずだと思う。彼らはそれができなかったか、そうしないことを選んだかのどちらかだ」とトランプは述べた。

北京は、突然の発生や共産党の支配する国に否定的な光を当てるものをすべて隠蔽してきた歴史を持つ。ところが医療専門家はこれまで、ウイルスが武漢研究所とつながりがあるということについて疑問視してきた。

-記事翻訳
-

関連記事

共産主義の犠牲者記念財団、世界的コロナウイルス死亡者を歴史的な共産主義犠牲者数に加える

<引用元:デイリー・コーラー 2020.4.10> 共産主義の犠牲者記念財団(The Victims of Communism Memorial Foundation:VOC)は、世界的なコロナウイル …

米国家安全保障担当補佐官、中国の新型コロナ対応をチェルノブイリと同一視

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.5.24> ホワイトハウス国家安全保障問題担当補佐官は24日、新型コロナウイルスのパンデミックに対する中国の対応を1986年のチェルノブイリ原発事故後のソビエ …

バークス氏疑念を一掃:各国政府のコロナウイルス対応遅れは中国の隠蔽が「原因」

<引用元:デイリー・コーラー 2020.3.31> ホワイトハウス・コロナウィルス対策タスクフォースメンバーのデボラ・バークス博士は、世界中の政府のコロナウイルス対応の遅れは、ウイルスについての中国の …

ウォールストリート・ジャーナル、中国の「コウモリ女」に関する重大情報を報道で除外

<引用元:デイリー・コーラー 2020.4.21> ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は21日の報道で、武漢の研究所がコロナウイルス発生との関連性はないとしている中国のコウモリ感染ウイルス研究の …

ファクトチェックはいかにして武漢研究所からのウイルス流出について「大衆を欺いた」か

<引用元:デイリー・コーラー 2021.5.28> 世界的なパンデミックの正当な起源として、COVID-19の研究所流出説の話を大部分の米国人がようやく耳にし始めているのは偶然ではない。報道機関のファ …

アーカイブ

@JpWelovetrump