記事翻訳

黒人有権者のトランプ支持率が約20%に:世論調査

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.4.10

トランプ大統領はFOXニュースの最新世論調査で、黒人有権者から19パーセントの支持率を獲得した。折しもトランプ再選に向けた選挙陣営は、この集団の4年前の8パーセントの支持率を2倍にしようとしている。

トランプチームは11月の大統領選で黒人票を獲得するために何千万ドルも費やしており、何十年も圧倒的に民主党を支持してきた投票者集団を標的とする大規模なフィールド・データプログラムを展開している。コロナウイルス・パンデミックのせいで全ての選挙陣営がインターネット活動を強いられるまでのことだが、その投資の中には、黒人有権者に応えることを目的として、重要な激戦州の都市近郊に特別選挙運動フィールドオフィスを開設することも含まれていた。

FOXニュースの調査は4月4日から7日までに実施され、登録済み黒人有権者の13パーセントがトランプの業績に対して「やや支持する」と答え、6パーセントは「強く支持する」と答えた。

それでもなお、民主党の指名確実候補者のジョー・バイデンとの直接対決では、黒人有権者に対する成績を2倍にするという目標には達しておらず、66パーセント対10パーセントで元副大統領にリードされている。それ以外の24パーセントは決めかねているか、他の候補者を支持しているか、無回答だった。

2016年大統領選の出口調査では黒人有権者の89パーセントが民主党のヒラリー・クリントンに投票したと答えた。それでも、黒人の牙城であるミシガン州やウィスコンシン州のような州の投票は、クリントンの勝利には十分でなかったので、バイデンはクリントンよりもさらに自身の立候補に対する熱意を生み出す必要があるだろう。

調査の誤差の範囲はプラスマイナス3パーセントである。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

トランプが米国の人種差別主義を減少させたことを示す学術調査結果

<引用元:ブライトバート・ニュース 2019.5.20>By John Nolte トランプの大統領就任中に人種差別主義がある程度減少したことを示す研究結果をスペクテイターが報道 ペンシルベニア大学の …

トランプとコミーどちらを信用?7割近くがトランプと回答:C-SPANアンケート

トランプ大統領に解任されたFBI前長官、ジェームズ・コミー氏が自身の本の発売を前にABCのインタビューに答えたのは15日。C-SPANはその後フェイスブック上でアンケートを行ったが、コミー氏とトランプ …

副大統領討論会の放送で、中国が北京を批判するペンスを検閲

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.10.8> 中国の検閲官は、マイク・ペンス副大統領とカマラ・ハリス上院議員の討論会で、ペンス副大統領の発言の途中で放送を中断した。副大統領が中国共産党のコロナ …

トランプ下の平均失業率は記録された中で史上最低

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.1.10>フィリップ・クレイン編集長による論説 トランプ大統領は2020年の始まりを、歴史上記録にある中でどの大統領の同時期より低い平均失業率を取り仕切っ …

中国はトランプの再選を阻み、軍事的優位に立とうとしている=ガーツ氏

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2019.9.6> ワシントン・フリービーコン編集主任のビル・ガーツは6日、中国は「別の大統領」を望んでいるため2020年大統領選挙を目前に米国の足を引っ張ろうと …

アーカイブ

@JpWelovetrump