記事翻訳

ペルー・米国、中国の影響力に対抗する協定の署名が間近に=外交官

投稿日:

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2019.12.5

ペルーとワシントンは、地域での中国の影響力に対抗する米国の構想の一環として、ペルーでの米国の投資を推進しようとする協定についての協議の最終段階にある、とペルーの外交官がロイターに語った。

中国が同地域の国に中国の世界的な「一帯一路」に参加するよう勧誘してから、米国は2018年に「南北アメリカ大陸成長」構想を始動した。

これまで米国は南北アメリカ大陸成長の枠組みの中で、アルゼンチン、チリ、ジャマイカ、そしてパナマと覚書に署名した。チリ、ジャマイカ、パナマ、そしてペルーは一帯一路参加の覚書にも署名している。

「トランプ政権は地域での中国の影響力についてバランスを保つことにいささか関心を持っている」と、ペルー外務省の北米問題責任者のセシリア・ガラレタは5日のイベントの際にロイターに語った。

現在南北アメリカ大陸成長構想の覚書の草案はエネルギー・鉱山省と財務省で審査中だ、とガラレタは語った。

中国は何年も前に米国に替わってペルーとの第1の貿易相手国になっており、中国企業はアンデス山脈の国でのインフラプロジェクトへの投資を増加させている。

「我々は米国代表団との会談を行ったが、彼らはここで、特にインフラに投資する北米企業の存在感が高まることの重要性を強く主張していた」とハイメ・ポマレダ外務副大臣は同イベントの際にロイターに語った。

リマの米国大使館にコメントを求めたが直ちに返事を得られなかった。

-記事翻訳
-,

関連記事

中国での3週間のコロナウイルス対応の遅れが拡散を加速:研究結果

<引用元:FOXビジネス 2020.3.19> コロナウイルス感染は、中国が大発生に3週間早く対応していたら95パーセント削減できた 新型コロナウイルスの感染は、中国が実際行われたよりわずか3週間早く …

クルーズ議員:中国のための「トップガン」検閲は、「ハリウッドが言論の自由のために立ち向かうことを恐れる」証拠

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2019.7.26> 映画製作のパラマウント社が最近、中国共産党のプロパガンダルールに譲歩して名作映画の「トップガン」のリメイク作品で、一部を検閲することに決めた …

連邦議員が、ニューヨーク・タイムズ、ワシント・ポストで公開された中国プロパガンダに対する捜査を要求

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2020.2.6> 「チャイナデイリー」が連邦法を無視していることをワシントン・フリービーコンが発見してから、連邦議員は司法省にプロパガンダメディアに対する「本格 …

中国から出国禁止された米国人姉弟、「帰国を切望」

<引用元:USAトゥデイ 2019.9.14> (ワシントン)2人の米国人の若者、ビクター・リウとシンシア・リウは中国に「捕らわれて」おり、中国当局が1年以上出国を阻止しているために失望と落胆を深めて …

バチカン・中国協定がキリスト教弾圧を煽っている、と中国のカトリック教徒

<引用元:ブライトバート・ニュース 2019.11.2> (ローマ)中国のカトリック教徒の多くは、バチカンが中国共産党政府と合意したことがキリスト教徒を迫害する当局者を勢いづかせているとして後悔を表し …

アーカイブ

@JpWelovetrump