記事翻訳

ペルー・米国、中国の影響力に対抗する協定の署名が間近に=外交官

投稿日:

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2019.12.5

ペルーとワシントンは、地域での中国の影響力に対抗する米国の構想の一環として、ペルーでの米国の投資を推進しようとする協定についての協議の最終段階にある、とペルーの外交官がロイターに語った。

中国が同地域の国に中国の世界的な「一帯一路」に参加するよう勧誘してから、米国は2018年に「南北アメリカ大陸成長」構想を始動した。

これまで米国は南北アメリカ大陸成長の枠組みの中で、アルゼンチン、チリ、ジャマイカ、そしてパナマと覚書に署名した。チリ、ジャマイカ、パナマ、そしてペルーは一帯一路参加の覚書にも署名している。

「トランプ政権は地域での中国の影響力についてバランスを保つことにいささか関心を持っている」と、ペルー外務省の北米問題責任者のセシリア・ガラレタは5日のイベントの際にロイターに語った。

現在南北アメリカ大陸成長構想の覚書の草案はエネルギー・鉱山省と財務省で審査中だ、とガラレタは語った。

中国は何年も前に米国に替わってペルーとの第1の貿易相手国になっており、中国企業はアンデス山脈の国でのインフラプロジェクトへの投資を増加させている。

「我々は米国代表団との会談を行ったが、彼らはここで、特にインフラに投資する北米企業の存在感が高まることの重要性を強く主張していた」とハイメ・ポマレダ外務副大臣は同イベントの際にロイターに語った。

リマの米国大使館にコメントを求めたが直ちに返事を得られなかった。

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプ、貿易で中国を打ち負かせるなら2カ月の景気後退も辞さず

<引用元:デイリー・コーラー 2019.8.20> ドナルド・トランプ大統領は20日、中国との貿易不均衡に対処するためには米国経済が短期間の損失を被り、短期の景気後退になることも辞さないと述べた。 「 …

中国は米国の民主主義をいかに脅かしているか

<引用元:フォーリン・アフェアーズ 2020.10.21>ロバート・オブライエン国家安全保障問題担当大統領補佐官による論説 数十年間米国では、中国が経済から始まってその後政治において、もっと自由になる …

米国防総省は中国を「非常に注意深く」見ており、「第1の優先事項」とエスパー国防長官

<引用元:FOXニュース 2019.8.21-22> 中国は国防総省の「第1の優先事項」であり、米国は自国を守るために中国政府を「非常に注意深く」見ている、とマーク・エスパー国防長官は21日の独占イン …

トランプ政権、中国の防護用具ため込み疑惑に法的措置を検討

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.4.5> 米国の医療用防護具のトップ製造業者は、コロナウイルスのパンデミックが高まる中で中国が自社製品の同国からの輸出を禁止していたとホワイトハウスに伝えた― …

中国によるクリントンのメールハッキングに反論したFBIは「非常に欺瞞的」=共和党議員が発言

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.8.30> 正体不明の中国企業が、ヒラリー・クリントン元国務長官の無許可の私設メールサーバーをハッキングしたという報道に対して、FBIが否定の声明を発表し …

アーカイブ

@JpWelovetrump