記事翻訳

トランプ、ウクライナ大統領との電話でバイデンの話をしたことを認める

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.9.22

トランプ大統領は22日、ウクライナのゼレンスキー大統領との7月の電話会談で、ジョー・バイデン元副大統領の話をしたと述べた。

民主党はトランプの電話首脳会談に対する捜査を求める声を強めている。会談中、バイデンの息子とウクライナ新興財閥の所有するエネルギー企業とのつながりを捜査するために、ゼレンスキーに自身の顧問弁護士のルディ・ジュリアーニに協力するよう強く求めたと報道されたためだ。

トランプは22日、テキサス州とオハイオ州に向けてホワイトハウスを出発する際に記者団にこう話した。「素晴らしい会談だった。私が話した事はおもに、祝辞であり、腐敗のこと――起こっていた全ての腐敗のことであり、バイデン副大統領とその息子のような人たちがすでにウクライナで引き起こしていたという、我々の望まない事実のことだった」

トランプの電話は、インテリジェンス・コミュニティ内務告発者の告発対象でもあったと報道されている。ところが内部告発者は会話についての「直接的な情報」を持っていなかった。これまで国家情報長官代行は、告発内容の詳細を議会に引き渡すことを拒んでおり、今週下院・上院情報委員会で証言することになっている。

トランプ大統領はこれまでに、電話に関する懸念に「ウクライナの魔女狩り」というレッテルを貼った。22日夜、大統領は一連のツイートでゼレンスキーに圧力をかけたことを否定した。

バイデンは副大統領であった際に、自身の息子が役員を務めていたエネルギー企業を所有する新興財閥を捜査していた検察長官をウクライナが解任しなければ、10億ドルの融資保証を保留すると脅していた。2020年大統領選挙で民主党の先頭に立つバイデンも、自身の側の不正を全て否定しており、トランプの電話のやり取りの公開と捜査を求めている。

-記事翻訳
-

関連記事

民主党が弾劾調査に関して隠しているのは何か?

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.10.14>社説 トランプ嫌いの米国2大新聞であるニューヨーク・タイムズとワシントン・ポストの両紙は今、ナンシー・ペロシ下院議長に、「弾劾調査」を本当に正式な …

ジョー・バイデンは家族の不正取引によって信頼を損なっている(社説)

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.9.28>社説 上院国土安全・財政委員会による共同報告書が公開されたことで、バイデン家の家族による明らかに道義に反する不当利益行為に関して、重大な疑問が提 …

米国人の過半数、トランプが大統領だったらプーチンはウクライナを侵攻しなかったと回答

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2022.2.26> 最新の世論調査結果によると、米国人の過半数は、トランプがまだ大統領だったらロシアのウラジミール・プーチン大統領はウクライナに侵攻しなかっただろうと …

ロシア共謀疑惑が薄れる中、ウクライナによるクリントン支援の企てが浮上

<引用元:ザ・ヒル 2019.3.20>ジョン・ソロモン氏による寄稿 約3年と何百万ドルもの税金を費やした結果、トランプ=ロシア共謀捜査に決着が付こうとしている。その場から浮上しているのは、2016年 …

トランプがバイデンのアフガン撤退を非難、自分なら中国の核テスト監視のためにバグラム空軍基地は保持していたと発言

<引用元:FOXニュース 2022.4.22> ドナルド・トランプ前大統領は21日の演説で、バイデン大統領は米軍がアフガニスタンのバグラム空軍基地から撤退したことなどによって、米国を敵に対してより脆弱 …

アーカイブ

@JpWelovetrump