記事翻訳

イラン・ザリーフ外相、自政権によるユーチューブ、インスタグラム禁止を忘れる

投稿日:

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2019.8.28

イランのモハンマド・ジャヴァード・ザリーフ外務大臣は、自身の行ったTEDトークをユーチューブで見るようにインスタグラムでイラン人に勧めたが、どちらのソーシャルメディア・ウェブサイトもイランでは禁止されていることを忘れているようだ。

ペルシア語で行われたザリーフのTEDトークは、コミュニケーション上の間違いに焦点を当てたもので、先週ユーチューブに投稿された。ザリーフは昨日になって、インスタグラムのフォロワーにトークを確認するよう促した。

ザリーフにとって残念なことに、インスタグラムとユーチューブはいずれも圧政的なイラン政権が禁止することを選択した多くのウェブサイトに含まれているため、イラン人は見ることができない。

フォーブスは以下のように報じている

イランのジャヴァード・ザリーフ外務大臣は、8月初めに自国で撮影されたTEDxイベントでTEDトークを行う機会を得たことを明らかに喜んでいた。当然のことだが、外相――イランの国際政治の対外的な顔――はできるだけ多くの人に自身のメッセージを見て欲しいと考えた。そしてザリーフはインスタグラムで自身の支持者に、ユーチューブで見られるトークの動画を示した。

唯一の難点――インスタグラムとユーチューブはどちらも彼の国では禁止されている。

(略)

イランはネット上の自由に関して中国的な見方を取っており、主要ソーシャルメディア・プラットフォームを含む無数のウェブサイトへのアクセスをブロックしている。中国でもそうだが、このために人々は代理サイトが抜け道を提供するVPNに追いやられている。

イランは国のための閉じられたインターネット構築の真っ最中だ。ININ――イラン国営情報ネットワーク――は、5月の国営メディアの報道によると80パーセントの完成度だ。当然のことながら、閉じられたネットワークのインターネットは、「国際的なサイバー空間」からさらに国を孤立させることになる。

現在数万のウェブサイトをイラン政権はブロックしており、ツイッターやフェイスブック、そしてインターネットで最も人気のあるサイトの半分近くが含まれている。

それにもかかわらず、多くのイラン高官は、ハッサン・ロウハニ大統領を含めて、国内で禁止されているソーシャルメディア・サイトに定期的に投稿している。

-記事翻訳
-

関連記事

中国、イラン、北朝鮮による2020年大統領選挙干渉の可能性を政権高官が警告

<引用元:デイリー・シグナル 2019.6.27> トランプ政権高官は、イラン、中国、北朝鮮からの干渉に備えているとしており、ロシアだけが2020年に向けた選挙の安全性に対する脅威ではない。 「ロシア …

中国は西側で「膨大な量」のデータを窃盗、と米高官

<引用元:FOXビジネス 2020.1.22> イランは「約200の大学」をハッキング (パリ)――中国は西側の企業から「膨大な量」のデータを盗んでおり、イランは約200の大学からデータを盗んだと米国 …

オバマはイラン合意のためにヒズボラ麻薬密売を見逃していた

オバマ政権はイラン核合意を推進するためにテロ組織であるヒズボラをかばい、関係する高額の麻薬密売取引に対する捜査を妨害していたことが、ポリティコの報道で明らかになった。

北朝鮮の核開発がもたらすイランの脅威

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2017.9.4>(抄訳) トランプ政権当局者と他の消息筋によると、米国当局は、北朝鮮が核実験を行ってから北朝鮮高官とイラン高官が会談を続けるのを注意深く監視して …

トランプ政権、イラン情報相への制裁を発表:#Internet4Iran

<引用元:サラ・カーター 2019.11.22> 圧制的なイラン政権は、インターネットを遮断することで人々を自由世界から孤立させる運動を継続している。抑圧的態度をやめるように同政権に圧力をかける取り組 …

アーカイブ

@JpWelovetrump