記事翻訳

ジョン・ボルトン、グーグルの中国との協力をトランプ政権が禁止する可能性を示唆

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.7.16

トランプ大統領は、グーグルとその他の米国企業が機密性の高いプロジェクトで中国に協力することを禁止する可能性がある、とホワイトハウス高官がほのめかした。

ホワイトハウス国家安全保障担当補佐官のジョン・ボルトンは16日、「アップルでも、グーグルでも、あるいはどんな先端技術企業でも、ソーシャルメディア企業でも、マーケットシェアを切望するあまりここでの安全性を損なうようなことでもやろうとする。我々が見張っている中では、神にかけてそれはない」と話した。

ボルトンのスピーチは、もう一人の有名人がワシントンの全国保守主義会議(National Conservatism Conference)で、米国政府がシリコンバレーによる中国政府への投資を妨げるよう求めた内容を裏打ちした。

ペイパル共同創設者のピーター・ティールは14日、会議の場でグーグルに対する防諜捜査を要求した。

「彼らが米軍ではなく中国軍と協力しようという一見反逆と取れる決断に携わったのは、自分たちがそれほど完全に浸透されているとみなしているからだろうか・・・技術が正面玄関から流出しなくても、どのみち裏口から盗まれるという悪い、短期的で合理主義的な(判断)をしているからだろうか?」とティールは疑問を呈した。

ティールの示唆はトランプ大統領の注意を引き付けた。「この問題を誰よりも良く知る偉大で優秀な男だ!トランプ政権は調査する!」とトランプは16日にツイートした。

ボルトンはその日早く、同じことを示唆していた。

「どのような先端技術企業の場合でも、中国に利益を与え潜在的に米国を損なう活動に従事する場合、我々にはそれを非常に真剣に調査する権限があると考える」と彼は会議で語った。

ボルトンは、シリコンバレーに掛けられたあらゆる鎖を大企業がイランで投資するのを防ぐための制裁の利用に例えた。「我々は国として、米国のチャンスを利用したいと願っている企業が・・・国を損なうような活動に従事することができないようにすることで、国益に気を配る権利がある」と彼は話した。

グーグルは、国防総省との人工知能プロジェクトを廃止すると同時に、上海で大きなAI研究センターを立ち上げるという決定により、過去2年にわたって批判を招いてきた。米国高官と議員の中には、そのような技術が共産党当局によって、政権の監視国家を高め、中国軍を最新化するために利用されることに抗議する者もいた

「我々が競争力に直面し・・・またそれが社会の機能の仕方について異なる見方を持っている場合、我々には、自分自身の社会にそうした見方を押し付けることから自分の身を守る権利がある」とボルトンは述べた。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

ドナルド・トランプ、北朝鮮問題を解決すると断言

<引用元:ザ・サン 2017.4.2> アメリカ大統領は執務室でのフィナンシャル・タイムズとのインタビューに答える中で中国に最後通牒を与えた。「もし中国が北朝鮮の問題を解決しないつもりなら私たちが解決 …

トランプの北朝鮮に対する圧力は戦争を避ける最善の方法(オピニオン)

<引用元:ザ・ヒル 2018.4.4>(ハドソン研究所、レベッカ・ハインリックス氏による論説) トランプ政権の北朝鮮に対する最大限の圧力は効いている。「効いている」ということを、金正恩が核ミサイル開発 …

米国防総省高官=中国は「米国での生き方」に対する脅威

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2019.7.20> 国防総省高官によると、西側の戦略家は、世界的な力として中国が浮上したことで引き起こされた脅威をまだ過小評価しているという。 「米国での生き方 …

調査結果:CNN検索エンジン?グーグル検索結果は圧倒的に主流メディア優位

<引用元:ブライトバート・ニュース 2019.5.12>By Allum Bokhari ノースウェスタン大学のまとめたデータによると、グーグルの検索結果は、他の報道機関に比べて圧倒的にCNNが優位で …

中国、イラン、北朝鮮による2020年大統領選挙干渉の可能性を政権高官が警告

<引用元:デイリー・シグナル 2019.6.27> トランプ政権高官は、イラン、中国、北朝鮮からの干渉に備えているとしており、ロシアだけが2020年に向けた選挙の安全性に対する脅威ではない。 「ロシア …

アーカイブ

@JpWelovetrump