記事翻訳

世論調査:米移民税関捜査局は民主党新人議員「スクワッド」メンバーより人気が高い

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2019.7.17

新しい世論調査によると、移民税関捜査局(ICE)は、民主党新人女性議員のいわゆる「スクワッド」のどのメンバーよりも好意的に見られている。

エコノミスト・YouGovによる米国人1500人に対する調査で、42パーセントがICEに対してある程度好意的、または非常に好意的な見方をしており、民主党下院のアレクサンドリア・オカシオコルテス議員、イルハン・オマル議員、ラシダ・タリーブ議員、そしてアヤンナ・プレスリー議員に総じて好意的な人の割合よりも高いことが分かった。

オカシオコルテスに対して好意的な人の割合は、米国人のわずか33パーセントであり、「スクワッド」の他メンバーはさらに低い数字だ。

オマルに好意的な人全体の割合は25パーセント、タリーブは24パーセント、プレスリーは最も知名度も低いが、22パーセントの割合となっている。

これらの議員はICEの廃止を繰り返し訴えてきた。

「ICEが――あの一連の法律制定に含まれるものですが、公民権と人権の乱用を許す構造を持っていることに、我々は気づき始めていると私は今思っています。また、過激な立場のように思われるかもしれませんが、私は本当にそれが非常に常識的なことだと思います。我々は子供たちを家族から引き離すべきではありません」と、オカシオコルテスは昨年6月にCNNのジョン・バーマンに話した

「スクワッド」は先週、ナンシー・ペロシ下院議長が民主党での彼女たちの影響力を弱めようとした際にさらに注目を集めた。メンバーたちは、ペロシは人種差別主義者であり意図的に有色人種女性を攻撃しており、民主党支配者層と党急進派との間で多くの内紛を引き起こしている、とほのめかしてこれに応えた。

ドナルド・トランプ大統領は一連のツイートで論争に割って入ったが、多くの人、特に非批判者はそれを人種差別と呼んだ。

-記事翻訳
-,

関連記事

ゴルカ補佐官:北朝鮮の「状況は根本的に変わった」、なぜなら「アメリカが帰ってきた」から

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.4.19> 元ブライトバート・ニュース国家安全保障編集委員で、現在はホワイトハウス国家安全保障補佐官であるゴルカ博士は、水曜日のブライトバート・ニュース・ …

トランプ対ロバーツ長官、勝者は大統領

<引用元:American Greatness 2018.11.23>ステファン・B・プレッサー氏による論説 正しいのはドナルド・トランプ大統領か、それともジョン・ロバーツ連邦最高裁判所長官か?大統領 …

2014年に不法移民の子供について報道するよう「マスコミに懇願」も無視された=グレン・ベック

<引用元:ワシントン・タイムズ 2018.6.20> グレン・ベック氏 「誰も真実を話そうとしない」 ラジオパーソナリティのグレン・ベック氏は20日、2014年に拘置されている不法移民の子供たちの状況 …

子供の人身取引保護法の抜け穴が被害者と米国市民を危険に晒している

<引用元:ホワイトハウス 2018.4.5> ドナルド・J・トランプ大統領が1月に初の一般教書演説を行った際、多くの重要なゲストを米国民に紹介した。これらのゲストのほとんどが公職者や高官ではなかった。 …

確かに国境の危機は存在する

<引用元:ポリティコ・マガジン 2019.3.6>National Review編集、リッチ・ローリー(Rich Lowry)氏による寄稿 国境の危機についての身の毛もよだつこの報道によって、大統領が …

アーカイブ

@JpWelovetrump