記事翻訳

トランプ陣営がヒスパニック多数のメガチャーチで「トランプを支持する福音派」始動

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2019.12.27

トランプ選挙陣営は27日、1月3日にヒスパニック系メガチャーチ(巨大教会)で「トランプを支持する福音派(Evangelicals For Trump)」を立ち上げると発表した。

フロリダでのイベントは、ドナルド・トランプ大統領の重要な福音派支持基盤に到達するためのものであり、「エルレイ・ヘスース」(キング・ジーザス)国際ミニストリーで行われる。ワシントン・タイムズによると、エルレイ・ヘスースでは1週間に最大1万5千人の教区民を集めて礼拝を執り行っており、その大部分はヒスパニックだ。

トランプ陣営関係者は、その活動を11月に計画していたが、クリスチャニティ・トゥデイの編集長が12月19日の論説でトランプの大統領辞任を求めるまで、イベントの日程を発表していなかったと述べた。

マーク・ガリ編集長は、トランプは「政敵の1人を攻撃し、その評判を落とそうとして外国首脳に圧力を掛けるために政治的権力を利用」しようと試みたので辞任すべきだと主張した。ガリは、トランプの「道徳的に黒く汚れた経歴」にもかかわらずまだトランプを支持している福音派キリスト教徒は、「自分が何者であり誰に仕えているのかを思い出す」べきだと述べた。

他のキリスト教指導者は、ガリはキリスト教徒全体の見解を代表していないとしてガリの論説を厳しく非難した。こうした指導者の中には、リバティ大学のジェリー・ファルウェル・ジュニア学長、家族調査評議会のトニー・パーキンス会長、信仰と自由連合(Faith and Freedom Coalition)のラルフ・リード会長、そしてトランプの長年の宗教的助言者であるポーラ・ホワイト・ケインなどがいた。

クリスチャニティ・トゥデイの創設者である亡きビリー・グラハムの息子のフランクリン・グラハムもガリを強く非難し、ビリー・グラハム自身はトランプに投票したと述べた。

「確かに(ビリー・グラハムは)クリスチャニティ・トゥデイを創設した。だが、あの記事には同意しないだろう。父は失望したことだろう」とフランクリン・グラハムはツイートした。

-記事翻訳
-,

関連記事

コールター:「レジスタンス」は実弾発射へ

<引用元:ブライトバート・ニュース&アン・コールター 2017.6.14> 全米で急増する保守派に対する暴力は、トランプとその支持者に対して競い合うようにひどい誹謗中傷をしている、民主党、記者、テレビ …

トランプが祈祷晩餐会で「宗教の自由を守るための歴史的行動」を称賛

<引用元:デイリー・シグナル 2019.2.7> ドナルド・トランプ大統領は7日、全米祈祷朝食会で命の大切さと宗教の自由を明確に主張した。一般教書演説で同様の内容を訴えた2日後のことだ。 ワシントン・ …

5,000人以上が州外から投票したためにニューハンプシャーでトランプが負けた可能性

<引用元:ワシントン・タイムズ 2017.9.7> 昨年11月8日にニューハンプシャー州で投票者登録をした人の中で、州外の運転免許証を使用していた人は6,500人以上いたが、その後、大部分が州内の免許 …

トランプの宗教的助言者、「悪魔のような放送局」が手を結んで大統領に反対していると祈祷

<引用元:ザ・ヒル 2019.6.18> トランプ大統領の宗教的助言者であるポーラ・ホワイトは18日、フロリダ州オーランドの選挙運動出発集会での開幕の祈りの中で、「悪魔のような放送局」が手を結んで大統 …

中国、イラン、北朝鮮による2020年大統領選挙干渉の可能性を政権高官が警告

<引用元:デイリー・シグナル 2019.6.27> トランプ政権高官は、イラン、中国、北朝鮮からの干渉に備えているとしており、ロシアだけが2020年に向けた選挙の安全性に対する脅威ではない。 「ロシア …

アーカイブ

@JpWelovetrump