記事翻訳

トランプ政権でヒスパニックが住宅所有と所得増加の先頭に、貧困率最低

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー:ワシントン・シークレット 2019.4.23

新たな2つの総合的な調査によると、ラテンアメリカ系住民は、住宅所有の拡大と収入増、そして記録的な貧困率の低下の先頭に立っており、トランプ政権下で経済的に独り立ちしつつある。

全米ヒスパニック不動産専門家協会(National Association of Hispanic Real Estate Professionals)とヒスパニック・ウェルス・プロジェクト(Hispanic Wealth Project)によると、白人からは収入で大きく後れを取ったままだが、3年連続で収入が増加し職場参加率も向上している。

発表されたばかりの2つの調査結果では、ラテンアメリカ系住民とその米国での成長に関して示唆に富む内容も詳細に提供している。例えば2060年までに、米国では3人に1人がラテンアメリカ系となる。

報告書ではヒスパニックの住宅事情経済動向を詳細に説明しており、トランプ政権でほとんどの兆候が改善していた。

スパニック全体の収入を上げるという同団体の目標は、成功の兆候を示している。同団体は、今後5年以内でヒスパニックの平均収入は3倍になると述べた。

(以下略)

-記事翻訳
-,

関連記事

オーランドの青年がホワイトハウスのイベントで職業訓練制度を称賛

<引用元:オーランド・センチネル 2019.7.25> ジョニー・ブラミットは、オーランドの十代の若者で、祖母に育てられ、少年司法の世話になったこともあったが、25日の午後にホワイトハウスでマイクを取 …

トランプはいかにしてオバマの「ニュー・ノーマル」から経済を救ったか

<引用元:デイリー・シグナル 2018.9.26>マイケル・バスラー博士による論説。 信じ難いことだがわずか2年足らず前、圧倒的好景気が間近に迫っている兆候もなく、景気は停滞していた。 疑う余地もない …

予想を上回る30万4千の雇用増加の中、トランプ政策により好景気が継続

<引用元:ホワイトハウス 2019.2.1> <大統領経済諮問委員会> 労働統計局(BLS)は2018年最初の雇用情勢レポートを公開した。米国経済で新年も引き続き歴史的な雇用拡大が継続していることを示 …

オピニオン:トランプのオハイオ訪問の焦点は州への雇用回復にある

<引用元:Cincinati.com 2019.3.20>ケニス・ブラックウェル氏による寄稿 トランプ大統領は、米国の最後に残された戦車工場を閉鎖から救った。つぎに大統領が救いたいと考えているのは自動 …

CBS調査、米国人は好調な経済に対してトランプを評価、北朝鮮には複雑な見方

<引用元:CBS NEWS 2018.5.20> 米国人の3分の2以上は、国の経済が好調であると考え、そのほとんどがトランプ大統領の政策が少なくとも何らかの貢献をしていると考えている。経済については、 …

アーカイブ

@JpWelovetrump