記事翻訳

トランプ政権でヒスパニックが住宅所有と所得増加の先頭に、貧困率最低

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー:ワシントン・シークレット 2019.4.23

新たな2つの総合的な調査によると、ラテンアメリカ系住民は、住宅所有の拡大と収入増、そして記録的な貧困率の低下の先頭に立っており、トランプ政権下で経済的に独り立ちしつつある。

全米ヒスパニック不動産専門家協会(National Association of Hispanic Real Estate Professionals)とヒスパニック・ウェルス・プロジェクト(Hispanic Wealth Project)によると、白人からは収入で大きく後れを取ったままだが、3年連続で収入が増加し職場参加率も向上している。

発表されたばかりの2つの調査結果では、ラテンアメリカ系住民とその米国での成長に関して示唆に富む内容も詳細に提供している。例えば2060年までに、米国では3人に1人がラテンアメリカ系となる。

報告書ではヒスパニックの住宅事情経済動向を詳細に説明しており、トランプ政権でほとんどの兆候が改善していた。

スパニック全体の収入を上げるという同団体の目標は、成功の兆候を示している。同団体は、今後5年以内でヒスパニックの平均収入は3倍になると述べた。

(以下略)

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプ減税法施行から6カ月、製造業の自信が急上昇

<引用元:ビジネス・インサイダー 2018.6.20> 米国の製造業界では、事業に対する自信が記録的な水準にまで達している。最大の製造業者団体が最近行った調査による結果だ。 全米製造業者協会(NAM) …

トランプ大統領、ダボスでアメリカについて語る

<引用元:ホワイトハウス発表資料 2018.1.25> 1971年にクラウス・シュワブ氏が創設した、世界経済フォーラムの当初の使命は、成功を収めた米国の経営手法をヨーロッパの企業に取り入れることだった …

米国労働者に対するトランプの「誓約」についての真実とは

<引用元:ヤフー・ファイナンス 2019.8.8> 2018年7月にトランプ大統領は米国労働者のための「大統領による全国協議会」を開設し、「米国の労働者に対する誓約」を立ち上げた。プログラムは20以上 …

トランプの下でアフリカ系米国人は順調

<引用元:デイリー・シグナル 2019.9.11>スター・パーカー氏による寄稿 労働統計局(BLS)による8月の雇用報告では、米国人全員にとってはるかに素晴らしいニュースが示された。とりわけアフリカ系 …

オピニオン:トランプのオハイオ訪問の焦点は州への雇用回復にある

<引用元:Cincinati.com 2019.3.20>ケニス・ブラックウェル氏による寄稿 トランプ大統領は、米国の最後に残された戦車工場を閉鎖から救った。つぎに大統領が救いたいと考えているのは自動 …

アーカイブ

@JpWelovetrump