記事翻訳

トランプ政権でヒスパニックが住宅所有と所得増加の先頭に、貧困率最低

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー:ワシントン・シークレット 2019.4.23

新たな2つの総合的な調査によると、ラテンアメリカ系住民は、住宅所有の拡大と収入増、そして記録的な貧困率の低下の先頭に立っており、トランプ政権下で経済的に独り立ちしつつある。

全米ヒスパニック不動産専門家協会(National Association of Hispanic Real Estate Professionals)とヒスパニック・ウェルス・プロジェクト(Hispanic Wealth Project)によると、白人からは収入で大きく後れを取ったままだが、3年連続で収入が増加し職場参加率も向上している。

発表されたばかりの2つの調査結果では、ラテンアメリカ系住民とその米国での成長に関して示唆に富む内容も詳細に提供している。例えば2060年までに、米国では3人に1人がラテンアメリカ系となる。

報告書ではヒスパニックの住宅事情経済動向を詳細に説明しており、トランプ政権でほとんどの兆候が改善していた。

スパニック全体の収入を上げるという同団体の目標は、成功の兆候を示している。同団体は、今後5年以内でヒスパニックの平均収入は3倍になると述べた。

(以下略)

-記事翻訳
-,

関連記事

公認:トランプは女性、マイノリティーが最も利益を得る中間層の発展をもたらした

<引用元:Issue&Insights 2020.9.15>Issue & Insights社説 報道管制から知る由もないことだが、世帯の実質平均所得は少なくとも過去52年で最大の増加 …

UBS:「景況感が急騰」、79%が税制法案を歓迎、68%が「すでに受益」

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.1.30> 世界的な金融グループであるUBSによると、最近承認されたトランプ政権の税制改革一括法案によって企業の楽観指数が急上昇している。

トランプはいかにしてオバマの「ニュー・ノーマル」から経済を救ったか

<引用元:デイリー・シグナル 2018.9.26>マイケル・バスラー博士による論説。 信じ難いことだがわずか2年足らず前、圧倒的好景気が間近に迫っている兆候もなく、景気は停滞していた。 疑う余地もない …

「嘆かわしい人たち」の向上:トランプが底辺の人たちへの約束を守ったこと示すレポート

<引用元:インベスターズ・ビジネス・デイリー 2018.12.18>社説 「嘆かわしい人たち」の向上:2016年の大統領選挙中、トランプ大統領はブルーカラーや低賃金サービス分野の労働者に、大きな向上を …

大多数がオバマよりトランプ政権下で「暮らし向き向上」(世論調査)

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.7.9> 2週間のうちに2度目となるが、最新の全国調査で大多数の米国人――特にヒスパニック系――が、オバマ元大統領よりもトランプ大統領の政権下で暮らし向き …

アーカイブ

@JpWelovetrump