記事翻訳

トランプ政権でヒスパニックが住宅所有と所得増加の先頭に、貧困率最低

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー:ワシントン・シークレット 2019.4.23

新たな2つの総合的な調査によると、ラテンアメリカ系住民は、住宅所有の拡大と収入増、そして記録的な貧困率の低下の先頭に立っており、トランプ政権下で経済的に独り立ちしつつある。

全米ヒスパニック不動産専門家協会(National Association of Hispanic Real Estate Professionals)とヒスパニック・ウェルス・プロジェクト(Hispanic Wealth Project)によると、白人からは収入で大きく後れを取ったままだが、3年連続で収入が増加し職場参加率も向上している。

発表されたばかりの2つの調査結果では、ラテンアメリカ系住民とその米国での成長に関して示唆に富む内容も詳細に提供している。例えば2060年までに、米国では3人に1人がラテンアメリカ系となる。

報告書ではヒスパニックの住宅事情経済動向を詳細に説明しており、トランプ政権でほとんどの兆候が改善していた。

スパニック全体の収入を上げるという同団体の目標は、成功の兆候を示している。同団体は、今後5年以内でヒスパニックの平均収入は3倍になると述べた。

(以下略)

-記事翻訳
-,

関連記事

景気拡大が続く中、アメリカ人はトランプ大統領の功績を認める

<引用元:ホワイトハウス 2019.3.5> トランプ大統領の経済政策に対する国民の好意的な意見は、右肩上がりの経済が引き続きアメリカの労働者を引き上げる中、最高に達した。

バイデン増税で米国の競争力は低下、賃金上昇は減速すると米企業が考えていることが明らかに

<引用元:FOXビジネス 2021.4.12> 178人のCEOの98%は増税が企業の競争力を損なうと考えている 米国の一流CEOの大部分は、約2兆3千億ドルの支出案を賄うために法人税率を上げるという …

独自―「実体経済救済」:トランプ政権が制度初日に何億ドルもの中小企業向け融資

<引用元:ブライトバート・ニュース 2020.4.3> 財務省と中小企業局によるドナルド・トランプ大統領の給与保護制度(Paycheck Protection Program:PPP)により、制度初日 …

トランプ・ペンスとオバマ・バイデンの景気回復を比較する

<引用元:ナショナル・レビュー 2020.10.28>ダグラス・カー著 COVID-19不況からの回復は、歴史的水準からみて著しく迅速 米国はわずか12年のうちに、2つの最も厳しい景気停滞を経験した。 …

失敗したオバマ政策をトランプが覆したことが好景気を生んだ(オピニオン)

<引用元:FOXニュース 2018.10.31>CKE レストラン CEO、アンディ・パズダー(Andy Puzder)氏による論説 本当にトランプ大統領の下で景気が急拡大しているかどうかを、どう説明 …

アーカイブ

@JpWelovetrump