記事翻訳

大手製造業の9割がトランプ経済に楽観、成長目標4.4パーセントに

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.3.5

全米の大手製造業者は、景気に対する記録的な楽観を示すとともに、オバマ政権下では見られなかったようなプラス成長を見込んでおり、9四半期連続でトランプ経済にOKサインを出した。

全米製造業者協会(NAM)は、大企業も中小企業も将来の成長について圧倒的に楽観的であると発表した。

事実、これまでの9四半期で記録的な楽観が認められており、製造業者の91.8パーセントが自分たちの事業に楽観的であった。これに対して、オバマ政権最後の2年では、平均68.6パーセントが楽観的だった。

トランプ政権下で、景気は急拡大し、大統領はオバマ時代の規制を大幅に削減するなどして、製造業の強化に向けた動きをしてきた。NAMは、減税も将来に対する楽観を押し上げたとしている。

調査結果では、製造業者の89パーセントが、自分たちの会社について前向きな見通しを持っているとされている。

また業界の成長率として4.4パーセントを見込んでいる。

調査結果が発表されたのは、マイク・ペンス副大統領が、アリゾナ州スコッツデールでのNAMの2019年常任理事会で演説する予定の日のことだった。

調査分析には、「明らかに、製造業者は総合的な経営状況について継続して非常に楽観的である。税制改革や規制の確実性といった、成長志向の連邦政策への期待(とその後の影響)から、2016年の終わり以来の自信の高まりが少なからずこれに一役買っている。税制改革は、特に多くの製造業者で、雇用、賃金、地域社会でのさらなる投資に貢献した」とあった。

また、「製造業界は引き続き経済の最も明るい材料の1つであると共に、9四半期連続の楽観の記録を達成しており、製造業者は今四半期の活動で、確実な成長を継続して報告した」と続いていた。

調査はまた、国の「崩壊しつつあるインフラ」の回復と、業界が良質の労働者を確保できるよう促進することに対する支持も示した。

NAMの会長兼CEOであるジェイ・ティモンズは、「アメリカの製造業は上昇中であり、製造業者は将来に自信を持っている」と話し、こう付け加えた。「税制改革と規制の確実性によって強化され、製造業者は地域社会と人に投資している。だがこの勢いを保つためには、インフラ投資、そして現在と未来の、ハイテク、高賃金の現代の製造業雇用のために、人員を確保し訓練することについて真剣に取り組む必要がある」

-記事翻訳
-

関連記事

米失業率が50年で最低の3.5%に

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.10.4> 米国内の失業率は先月、50年来で最低となり、トランプ大統領の中国に対する貿易戦争の中での景気後退の可能性に関する不安が和らいだ。 ところが、雇用拡 …

米中小企業楽観指数が過去最高に、レーガン政権下の記録上回る

<引用元:CNBC 2018.9.11> 全米独立企業連盟(NFIB)の調査によると、米国中小企業の楽観指数は、ドナルド・トランプ大統領と共和党多数の議会による減税と規制緩和の取り組みが売上、雇用、投 …

独自―「実体経済救済」:トランプ政権が制度初日に何億ドルもの中小企業向け融資

<引用元:ブライトバート・ニュース 2020.4.3> 財務省と中小企業局によるドナルド・トランプ大統領の給与保護制度(Paycheck Protection Program:PPP)により、制度初日 …

トランプ政権でヒスパニックが住宅所有と所得増加の先頭に、貧困率最低

<引用元:ワシントン・エグザミナー:ワシントン・シークレット 2019.4.23> 新たな2つの総合的な調査によると、ラテンアメリカ系住民は、住宅所有の拡大と収入増、そして記録的な貧困率の低下の先頭に …

トランプの下で、米国経済自由度が著しく向上

<引用元:デイリー・シグナル 2019.1.25>ヘリテージ財団、アンソニー・B・キム氏による解説 米国の景気は最近経験したことのないような活況ぶりだ。求人需要は過熱し、失業率は記録的に低下し、中小企 …

アーカイブ

@JpWelovetrump