記事翻訳

トランプ、言論の自由守らない大学は支援打ち切ると宣言

投稿日:

<引用元:デイリー・シグナル 2019.3.2

ドナルド・トランプ大統領が2日、大学キャンパスでの言論の自由を保護するための取り組みを発表すると、聴衆の保守活動家たちから「USA、USA」という割れんばかりの声援が巻き起こった。

トランプの発表は、26歳のヘイデン・ウィリアムズを壇上に呼び寄せてからのことだった。ウィリアムズは、カリフォルニア大学バークレー校で2月19日に、自身の信念が原因で暴行を受けたといい、保守政治活動会議(CPAC)の壇上で簡潔に話をした。

「彼は我々全員のために、顔にきついパンチを受けが、そういうことが起こるのを決して許すことはできない」とトランプは話した。

「大学が連邦の支援金を受けたければ、言論の自由を支持することが要求されるという大統領令にもうすぐ署名することを、今日発表できて光栄に思う」とトランプが話すと、聴衆からは「USA」コールが沸き起こった。

「カネが欲しければ、我々は何十億でも与えるけれども、ヘイデンのような人たち、また他の多くの若者や年長の人たちが話をできるようにしなければならない。言論の自由。(言論の自由を許すことを)彼らが実行しなければとても高くつくことになるだろう」

「もうじき署名する」と大統領は大統領令について語った。

トランプはCPACで2時間を少し上回る幅広い演説を行った。CPACは年一回の保守活動家の最大の集会であり、ワシントンから少し離れたメリーランド州ナショナル・ハーバーで2日まで開かれていた。

見解の相違による差別と大学での言論の自由が、全国で重大な課題となっている中、そのイベントは、相当な数の大学生世代の保守派を引き付けている。

トランプはこう話した。「我々は抑圧的な言論規約、検閲、ポリティカルコレクトネスは認めないし、ばかげた危険な思想に異議を訴えることができないようにする、極左による他のあらゆる試みを認めない。こうした考えは危険だ。代わりに我々は、言論の自由の価値を信じている。オンラインでもキャンパスであっても、だ」

トランプは、ウィリアムズを殴った男をいじめっ子と呼び、間をおいてからこう話した。「メディアのために言っておくが、その男は素敵な若者であって、少々癇癪持ちだっただけに違いない」

デイリー・シグナルは2月28日に、CPACでウィリアムズをインタビューしていた。翌日、バークレーのキャンパス警察は、ザッカリー・グリーンバーグという28歳の男を逮捕し、凶器による暴行と重大な過失傷害罪で刑事告発した。

ウィリアムズはバークレーの学生ではないが、学生ジャーナリストのネットワークであるキャンパス・リフォームの関係者だ。それは、ワシントンに拠点を置き、若い活動家を訓練しているリーダーシップ・インスティテュートという保守派の団体に属している。

ウィリアムズは、トランプから壇上に呼ばれるとCPACの聴衆にこう話した。「リーダーシップ・インスティテュートで、我々は大学を再び偉大にするために尽力しています。ここに呼んで話をさせてくださって、本当にありがとうございます。自分のことを認識してもらえるのは素晴らしいことですが、全国には、キャンパス内で声を上げようとしようものなら、差別や嫌がらせ、またもっと悪いことに直面している保守派の学生が、とてもたくさんいます」

ウィリアムズは、引き続きこう話した。

「このことを前面に出すことができてうれしく思います。私が言いたいのは、こうした社会主義の進歩主義者が好き勝手なことをすれば、我々の憲法を一瞬でシュレッダーにかけてしまうだろうということです。ですから、こうしたリベラルの不正を大衆に暴露して、リーダーシップ・インスティテュートとキャンパス・リフォームで働くことが、これまで以上に重要です。

それはこれまで同様に重要です。こういう学生がそれを行う理由は、国と自由を愛しているからです。また率直に言って、大統領閣下、あなたのことを愛しているからです。あなたが我々を守り続けてくれる限り、我々もあなたを守ります」

またトランプは、28日にオットー・ウォームビアの死の責任が、北朝鮮の独裁者である金正恩にあるとは思わないと主張したことで、批判を浴びた後、自身の見方を明らかにしようとした。ウォームビアは、北朝鮮の共産主義政権に拷問され、解放直後に亡くなったアメリカの若者だ。

「私は本当に恐ろしい立場にある。というのも、一方では(金と)交渉しなければならないからだ」とトランプは話した。大統領は、経済制裁解除の問題をめぐる、金との2度目の首脳会談から早めに帰国していた。

大統領はこう話した。「他方で私はウォームビア夫妻のことを愛している。そしてそれはとても、とても微妙なバランスだ。彼は特別な若者であったし、非常に悪いことが起きた」

トランプはCPAC演説中の他のコメントで、民主党がいわゆるグリーン・ニューディールにさらに力を入れることを期待していると冗談を言い、その話を早くしすぎたかもしれないと心配した。

「グリーン・ニューディールは彼らが促進すべきことだ。熱心に取り組むべきだ。その主張に固執すべきであり、決して変えるべきではない」とトランプが話すと笑いが起きた。「飛行機もなし。エネルギーもなし。風が吹くのが止まったら、それが電気の止まる時だ。『ねえあなた、今日は風が吹いてる?テレビが見たいんだけど』」

トランプは、アメリカを安全に保つために国境の安全性を高める必要があると主張した。先月大統領は、南部国境で壁または他の障壁を新規に建設するため、60億ドル以上を費やすために国家非常事態を宣言した。

「私は壁を作っているところだ。我々は壁を完成させつつある。お金はたくさんある」とトランプは話した。

しかし、失業率が非常に低く、多くの企業がアメリカに戻りつつある中、大統領は、アメリカの雇用を補うための合法的で功績ベースの移民制度も支持していると述べた。

「功績によって入国しなければならない。その人たちは我々を助けることができる人たちである必要がある。我々の国を憎むのではなく、愛する人たちでなければならない」とトランプは語り、それから彼らしく話を脱線させた。「今議会にいる人たちで、我々の国を憎んでいる人たちが議会にいる。分かっているだろうが。やろうとすれば全員の名前を挙げることができる。彼らは我々の国を嫌っている。残念だ。非常に残念だ」

トランプは、2016年の選挙でのロシアの干渉に対する、ロバート・モラー特別検察官による継続中の捜査も非難した。捜査には、トランプが大統領選挙に勝利するのに貢献したとされる、トランプ陣営とモスクワの間の共謀疑惑が含まれる。

トランプは、民主党大統領候補のヒラリー・クリントンを破った時、「選挙で選ばれていない」検察官が、選挙結果に憤ったので、自身を追求しているのだと述べた。

「残念ながら、間違った人たちをいくつかの位置に置いてしまい、そこにいるべきでない人を長い間留まらせている。それで突然彼らは、ばかげた話で追い出そうとしているんだ」とトランプは話した。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

トランプ大統領がウィークリー演説で「国旗に敬意を表して立とう」と呼びかけ

<引用元:タウン・ホール 2017.10.15> 2017年10月13日金曜日、ドナルド・J・トランプ大統領は、ウィークリー演説の中で国旗に敬意を表して立つことの重要性を説明した。

トランプが一般教書演説でゲストの脱北者の話を紹介

<引用元:デイリーコーラー 2018.1.30> トランプ大統領は1月30日の一般教書演説で、北朝鮮からの亡命者の話を紹介したが、それがハイライトだったと言っても良いだろう。

トランプのNRAでの演説の4つのポイント

<引用元:デイリー・シグナル 2018.5.4> ドナルド・トランプ大統領は5月4日、銃に対する権利を支持する全米最大の団体で演説を行ったが、憲法修正第2条と学校の安全とは離れた多くの問題点についても …

トランプはもちろん経済の話をしているが、違うと言っているのは誰?

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.11.5>バイロン・ヨーク氏による論説 中間選挙キャンペーンの土壇場であることが話題となった。経済は好調なのに、トランプ大統領は自身の大規模集会ではその話 …

ギャング犠牲者の家族を励ましたトランプ、移民法案で政府閉鎖も

トランプ大統領は1月30日の一般教書演説に、ギャング組織MS-13に殺害された十代の少女、ケイラ・クエバスとニーザ・ミケンズの両親を招待し、移民法改革と国境警備の重要性を訴えた。また2月6日、移民法案 …

アーカイブ

@JpWelovetrump