記事翻訳

移民団と共に米国に不法入国した小児性犯罪者を逮捕

投稿日:

<引用元:デイリー・シグナル 2019.1.17

米国税関国境警備局(CBP)は、過去に国外退去させられた小児性犯罪者が、他の外国人グループと共に再入国を試みていたところを逮捕した。

CBPのカメラ監視官は1月11日、アリゾナ州サンルイスの通関手続地近辺で、24人が不法に国境を越えて米国に入ろうとしているのを発見した。大部分が中米の家族で構成された移民集団は、当局が対応すると即座に投降した

グループの中には、Marcos Velasquez-Taperioという37歳のグアテマラ人がおり、2009年にカンザス州フォード郡で未成年者に対する悪質な淫行(indecent liberties:身体的接触の有無を問わないみだらな行為)のために有罪判決を受けていた。32カ月の懲役刑の後、Velasquez-Taperioは本国に送還された。16日に逮捕を発表した税関国境警備局は、Velasquez-Taperioが今回、送還後の再入国で起訴されると述べた。

この逮捕のニュースは、グアテマラのもう1人の性犯罪者であるWilfredo Perez-Aguilarの逮捕直後のことだった。14日に南カリフォルニアの米国・メキシコ国境を越えようとして捕まったPerez-Aguilarは、2005年にケンタッキー州で12歳以下の未成年者に対する性的虐待とレイプで有罪判決を受けていた。

(略)

逮捕のニュースは米国連邦政府が、移民法の執行をめぐって一部閉鎖されている中で起きたものだ。

ドナルド・トランプ大統領は、米国の南部国境の壁のための財源を含む予算を要求している。ところが民主党議員のほとんどは、不道徳で税金の無駄遣いだとして、巨大な壁という考えに断固として反対の姿勢を崩していない。膠着状態は史上最長の政府閉鎖を引き起こし、歩み寄りの兆しは見えない。

トランプは15日の電話会議中に、「民主党が自分でやるべきだと分かっていることをするまで、我々は引き下がらない。行動を共にしよう――我々が勝つ」と話した。

-記事翻訳
-

関連記事

トランプには非常事態を宣言できるだけの強固な法的根拠がある

<引用元:デイリー・シグナル 2019.2.13>ジョン・G・マルコム氏による解説 (前略) 大統領が国家非常事態宣言で従わなければならない手順 国家非常事態宣言法は、大統領が国家非常事態を宣言した際 …

トランプが壁建設のために非常事態を宣言したら起こること

<引用元:デイリー・コーラー 2019.1.7> ドナルド・トランプ大統領が、南部国境の壁建設のために国家非常事態を宣言したらどうなるだろうか? 大統領は現在、議会の承認なしに壁を建設できるよう、国家 …

「国境開放過激主義者」が移民税関執行局に反対している=トランプ

<引用元:デイリー・シグナル 2018.8.20> トランプ大統領は20日、政府の移民局職員の活動を称賛し、大統領によれば「犯罪を気にしない」とされる「国境開放(Open-Borders)過激主義者」 …

トランプは国境の壁半分以上分の予算を確保

<引用元:デイリー・コーラー 2019.3.7> 政権高官からデイリー・コーラーが得た情報によると、トランプの大統領就任から2年で、111マイルの南部国境の壁の新設または交換が、実行済みまたは進行中で …

長引く政府閉鎖の中で、トランプを堅く支持する草の根共和党員

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.1.24> (ニューメキシコ州サンタ・アナ・プエブロ)移民をめぐる党派的な小競り合いの中で、歴史的な政府機関一部閉鎖が際限なく続いているが、草の根共和党は …

アーカイブ

@JpWelovetrump