記事翻訳

バー次期司法長官、ストラックとページの捜査を含めグラム議員に重大な約束

投稿日:

<引用元:Law&Crime 2019.1.15

次期米国司法長官のウィリアム・バー氏は15日、上院司法委員会の承認公聴会の中で、同委員会委員長のリンゼー・グラム(共和、サウスカロライナ)上院議員に対して一連の約束をした。それには政治的動機に基づくとみられる可能性のある捜査が含まれていた。

グラム氏は冒頭で「リサ・ページとピーター・ストラックを知っていますか?」と尋ねた。

バー氏は「名前を聞いたことがあります」とにこやかに答えた。

グラム氏はそれから、「トランプは大統領になりっこないでしょう?そうじゃないの?」という2016年のショートメールの内容を読み上げた。FBI弁護士のリサ・ページが送ったものだ。その後、ヒラリー・クリントンのメール捜査に携わっていたFBI捜査官のピーター・ストラックは、「そうだ、ならない。俺たちが止める」と言って返信していた。

その後グラム氏がバー氏に、「2016年に起きたことを調査」するか尋ねると、バー氏は簡潔に「はい、委員長殿」と答えた。バー氏はこれらのメッセージを初めて見た時に「ショックを受けた」とも述べた。

ストラックとページはもちろん、頻繁にドナルド・トランプ氏の怒りの対象となった。

そこからグラム氏は話題を、「マイケル・スティール」(「スティール文書」の由来となった、クリストファー・スティールのつもりで言い間違えたもの)に移した。グラム氏はバー氏に、フュージョンGPS、カーター・ページのFISA令状、またページの監視のために立証されていないスティール文書を使用したことを調査するよう求めた。文書はページを監視するための主要な情報源として4回に渡って「信頼できる」ものと見なされた、とグラム氏は述べた。

グラム氏はこう質問した。
「そうでなかったなら、それが正確な陳述であったかどうか調査し、説明責任を負わせますか?」

バー氏は再び「はい、委員長殿」と答えた。

バー氏は他方で、ロバート・モラー特別検察官を個人的に知っており、モラー氏は国にとって最善のことをするだろうし、「魔女狩り」を行ってはいないと考えていると認めた。

-記事翻訳
-

関連記事

反トランプFBI捜査官のメールデータ消失、大統領選翌日に「秘密結社」メールも

FBIと司法省のFISA悪用に関する報告書が米下院内で公開された件に続いて、FBIの信用をさらに失墜させるような事実が露呈している。FBI捜査官ピーター・ストラック氏と不倫相手の同職員リサ・ページ氏の …

反トランプ文書に関する議会捜査にFBI、司法省から激しい抵抗

<引用元:FOXニュース 2017.10.11> FOXニュースが議会記録を検証した結果、FBIと司法省は3月以来、疑惑のトランプ文書に関する情報を追求する下院情報委員会の要求をことごとく却下するか無 …

ダーショウィッツ=トランプ排除のための修正25条適用協議は「憲法違反のクーデター」となる恐れ

<引用元:ザ・ヒル 2019.2.21> 弁護士のアラン・ダーショウィッツは20日、情報機関高官がトランプ大統領を失脚させるために憲法修正25条の行使について協議したことが確認されれば、「憲法違反のク …

「バー司法長官へ」=内部関係者からの助言

<引用元:ザ・ヒル 2019.2.25>シャリル・アトキッソン氏による寄稿 司法省や情報機関の著名な高官の中には、捜査から政治にいたるあらゆることについて自分たちの見解を広く主張してきた人たちもいる。 …

トランプ陣営は「はめられた」のか?

<引用元:ウォールストリート・ジャーナル 2018.5.17> WSJ紙論説委員 キンバリー・A・ストラッセル(Kimberley A. Strassel)氏による論説 下院情報委員会のデビン・ニュー …

アーカイブ

@JpWelovetrump