記事翻訳

バー次期司法長官、ストラックとページの捜査を含めグラム議員に重大な約束

投稿日:

<引用元:Law&Crime 2019.1.15

次期米国司法長官のウィリアム・バー氏は15日、上院司法委員会の承認公聴会の中で、同委員会委員長のリンゼー・グラム(共和、サウスカロライナ)上院議員に対して一連の約束をした。それには政治的動機に基づくとみられる可能性のある捜査が含まれていた。

グラム氏は冒頭で「リサ・ページとピーター・ストラックを知っていますか?」と尋ねた。

バー氏は「名前を聞いたことがあります」とにこやかに答えた。

グラム氏はそれから、「トランプは大統領になりっこないでしょう?そうじゃないの?」という2016年のショートメールの内容を読み上げた。FBI弁護士のリサ・ページが送ったものだ。その後、ヒラリー・クリントンのメール捜査に携わっていたFBI捜査官のピーター・ストラックは、「そうだ、ならない。俺たちが止める」と言って返信していた。

その後グラム氏がバー氏に、「2016年に起きたことを調査」するか尋ねると、バー氏は簡潔に「はい、委員長殿」と答えた。バー氏はこれらのメッセージを初めて見た時に「ショックを受けた」とも述べた。

ストラックとページはもちろん、頻繁にドナルド・トランプ氏の怒りの対象となった。

そこからグラム氏は話題を、「マイケル・スティール」(「スティール文書」の由来となった、クリストファー・スティールのつもりで言い間違えたもの)に移した。グラム氏はバー氏に、フュージョンGPS、カーター・ページのFISA令状、またページの監視のために立証されていないスティール文書を使用したことを調査するよう求めた。文書はページを監視するための主要な情報源として4回に渡って「信頼できる」ものと見なされた、とグラム氏は述べた。

グラム氏はこう質問した。
「そうでなかったなら、それが正確な陳述であったかどうか調査し、説明責任を負わせますか?」

バー氏は再び「はい、委員長殿」と答えた。

バー氏は他方で、ロバート・モラー特別検察官を個人的に知っており、モラー氏は国にとって最善のことをするだろうし、「魔女狩り」を行ってはいないと考えていると認めた。

-記事翻訳
-

関連記事

トランプへのディフェンシブ・ブリーフィングを怠った偏向と意図が、リンチ元司法長官証言で明らかに

<引用元:サラ・カーター 2019.3.13> ドナルド・トランプ大統領の選挙陣営は、2016年の大統領選挙中にロシア人が陣営に浸透しようとしているという懸念が高まっていたにもかかわらず、FBIからデ …

司法省の基準を無視したモラー捜査の狙いとは?

ロシア疑惑捜査を率いるロバート・モラー氏の捜査網が、トランプ大統領へと迫る中、ナショナル・レビューのアンドリュー・C・マッカーシー氏が、3月17日付の「Mueller’s Investigation …

トランプツイートが示唆する機密解除の威力

先週ドナルド・トランプ大統領は、カーター・ページ氏に対するFISA申請およびロシア疑惑調査の重要人物のメール内容を完全に公開するよう命令したが、その数日後ツイッターで機密解除命令を一時保留にすると発表 …

ロシア起訴:なぜ今?(解説)

<引用元:ウォールストリート・ジャーナル 2018.7.16>元司法長官マイケル・ミュケイジー氏による解説 ハッキングの核心は大統領となるクリントンを傷つけることであり、トランプ大統領を当選させること …

モラーのロシア人起訴はフリン前補佐官に対する新展開の前触れか?

前国家安全保障担当補佐官のマイケル・フリン氏が、FBIに対する偽証を認めたのは昨年12月のことだった。しかし、複数の報道によると当時FBIはフリン氏が偽証したとは見なしていなかったのだ。

アーカイブ

@JpWelovetrump