記事翻訳

ジョン・マケイン側近がスティール文書をバズフィードに提供したことが判明

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2018.12.19

19日に公開され衝撃をもたらした裁判資料によると、バズフィード・ニュースに悪名高いスティール文書のコピーを提供したのは、共和党アリゾナ州の故ジョン・マケイン上院議員の長年の側近だった。

米国連邦地裁のアースラ・ウンガロ判事が19日に提出した資料によると、マケイン・インスティテュートの幹部で、元国務省高官のデイビッド・クラマーは2016年12月29日にバズフィードのケン・ベンシンガー記者と会った。

バズフィードは、イギリスの元スパイ、クリストファー・スティールが執筆した文書を2017年1月10日に公表した。

ウンガロ判事が、名誉棄損の裁判でバズフィードを支持する判決を出す前、最終報告の一部として公開されたものだ。

(中略)

ウンガロ判事は「クラマーは、ベンシンガー(記者)に文書の写真を撮らないよう求めていたのに、ベンシンガーはクラマーが部屋を出た時に写真を撮ったと証言した」としており、さらに、「クラマーはその後の証言で、ベンシンガーにハードコピーを取らせることに異存はなかったし、他のジャーナリストにもハードコピーを提供したと供述した」としている。

クラマーが会ったという他のジャーナリストの身元は明かされていない。

クラマーは、2016年の11月下旬にスティールとの面談後に文書のコピーを入手した。彼とマケインは、同月初めハリファックス国際安全保障フォーラムで、当時大統領候補だったドナルド・トランプに対するスティールの捜査のことを知った。

マケインはクラマーをロンドンに派遣して、スティールと会わせた。その2016年11月28日の接触後、クラマーは文書のコピーをグレン・シンプソンから手に入れた。クリントン陣営とDNCのためにスティールを雇った会社、フュージョンGPSの創業者だ。

クラマーは2016年11月30日、スティールの報告書を確認するために、マケインとマケインの首席補佐官のクリストファー・ブローズと会った。

ウンガロによると、「クラマーはマケインに、報告書をFBIとCIAに提供するよう助言した」という。

数日後、クラマーはマケインの依頼で、当時国務省次官補でヨーロッパおよびユーラシア問題担当だったビクトリア・ヌーランド、国家安全保障会議のロシア問題担当高官のセレステ・ワランダーと面談した。

(以下略)

関連記事:

スパイゲート・タイムライン(暫定版)

-記事翻訳
-

関連記事

司法省幹部は英国元スパイのロシア捜査への復帰を協議していた

<引用元:ザ・ヒル 2018.8.9>ジョン・ソロモン氏寄稿 ブルース・オー氏 英国の元スパイ、クリストファー・スティールは、違反行為によってFBIのロシア捜査から外された数カ月後、ロッド・ローゼンス …

米国捜査当局がスティール文書作者を事情聴取へ(報道)

<引用元:FOXニュース 2019.6.4> トランプ大統領とロシアとのつながりに関してみだらで未検証の主張のあった反トランプ文書の作者で、英国の元スパイであるクリストファー・スティールは、英国での報 …

CNNにスティール文書の情報をリークしたのはクラッパー元国家情報長官だった

<引用元:サラ・カーター 2018.3.12> 政府消息筋によると、ジェームズ・クラッパー元国家情報長官は昨年、ドナルド・トランプ次期大統領とバラク・オバマ大統領が受けた機密報告についての情報をCNN …

トランプ資料の背後の怪しげな会社が捜査を行き詰まらせている

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2017.6.24> ドナルド・トランプについての怪しいインテリジェンス資料の委託先であったワシントンの秘密主義の会社は、彼らの民主党とのつながりについて追求しようとす …

FISA悪用の証拠が下院で公開、政府高官の更迭・モラー捜査終了の可能性も

ジャーナリストのサラ・カーター氏が入手した情報によると、18日、米国のFISA(外国情報監視法)が広範に渡って悪用されたことを示す機密文書についての報告書が、下院議員全員に公開された。消息筋は、新事実 …

アーカイブ

@JpWelovetrump