記事翻訳

トランプ、民主党について「壊滅的な」文書を機密解除すると威嚇

投稿日:

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2018.11.28

28日、ニューヨーク・ポストとの広範に渡る単独インタビューの中で、トランプ大統領は、下院民主党が自身の政権への捜査―トランプ氏の言葉では「大統領への嫌がらせ」―に着手するなら、重い代償を払うことになるだろうと述べた。

ホワイトハウスでの36分に渡る着席しての話の中で、大統領はこう話した。
「彼らが大統領に対する嫌がらせ路線に進むなら、大統領と政権に嫌がらせしようとしたいなら、私にとっては絶好の機会になると思う。私はカウンターパンチャーだから、彼らがこれまでに経験したことのないほど痛烈な打撃を与えるだろう」

最高司令官は、FISA令状申請とロバート・モラー氏の捜査による他の文書の機密解除を行うことができると述べ、また公表によってFBI、司法省、クリントン陣営が共謀して自身を陥れたことが暴露されることになると予測した。

「それは私の陣営にとって役立つだろうと思う。彼らが強硬姿勢を取るなら私は実行する。そこに書かれた内容がどれほど壊滅的なものかを目の当たりにするだろう」

だがトランプ氏は、必要になるまで文書を取っておきたいのだと述べた。

トランプ氏はこう話した。
「もし実行すればはるかに強力なものとなる。もしすでに実行していたなら、昨日のニュースになっていただろうから」

トランプ氏が自身の戦略を明らかにしたのは、民主党が1月には下院の委員会を引き継ぐことになり、大統領のビジネス上の利益相反疑惑、税務申告、ロシアとの取引などについて捜査する構えだとされる中でのことだ。

共和党の権限が1月に失われると、ロシア疑惑捜査着手時の司法省の不正疑惑に対する議会捜査が立ち消えになることが予想される。

(中略)

トランプ氏は28日、エメット・フラッド弁護士が、待った方が政治的には良いだろうと考えたのだとも述べた。

トランプ氏は「彼はまだ私にそれを実行させたくなかった。取っておくことができるからだ」と話した。

また大統領は、司法省の全文書が最終的には透明性のために公開されるはずだとする見解について反論した。

トランプ氏は、自分ではなく他の人に損害を与えるものだということを明確にしつつ、こう話した。
「非常に悪い内容なので、中には国民の目に触れるべきでないものもある。もしかしたら、この国で何が行われてきたかを国民が知らない方が良いかもしれない」

関連記事:

トランプツイートが示唆する機密解除の威力

トランプ、重要ロシア捜査文書の機密解除を「真剣に」検討

-記事翻訳
-

関連記事

議員がトランプにカーター・ページ監視FISA文書の公開を呼びかけ

<引用元:サラ・カーター 2018.9.6> トランプ陣営で短期間ボランティアスタッフを務めた人物に対するFBIの監視を許可した外国情報監視法による令状は、大幅に黒塗りされているが、共和党議員はこの機 …

FISA乱用メモ全文の日本語訳

米下院情報委員会が2月2日に公開したいわゆるFISA(外国情報監視法)メモ(覚書)は、米マスコミとソーシャルメディアで大きな話題となった。 主要メディアの報道では、メモ公開はトランプ大統領がロシア疑惑 …

トランプ、カーター・ページ FISA 申請の機密解除へ

トランプ政権ホワイトハウスは17日、トランプ陣営元スタッフのカーター・ページ氏に対する FISA (外国人監視法)申請書で非公開となっていた部分を始めとする資料を、機密解除するよう大統領が関係機関に指 …

グラム議員=新たな資料でトランプ陣営に対するFISA令状は「詐欺」と判明

<引用元:FOXニュース 2019.8.8> 「腐敗」「詐欺」。2016年の大統領選挙間際に起きた司法省内の不正な反トランプ活動を示す証拠が浮上。 司法省高官のブルース・オーが、元英国スパイのクリスト …

バー新長官の初仕事?オバマが何を知り、いつ知ったかを解明せよ(オピニオン)

<引用元:デイリー・コーラー 2019.1.10>ジューディシャル・ウォッチ、クリス・ファレル氏による寄稿 2016年9月2日金曜日、1:50PM、連邦捜査局弁護士のリサ・ページは、「秘密結社」の共謀 …

アーカイブ

@JpWelovetrump